Tag Archives: telegram

マレーシア入管通過後、タイ入管前で引き返す。マレーシアに戻る。パダンブサール

パダンブサール(padang besar)の国境でマレーシアの出国スタンプを押した後、タイイミグレまで行ったが、汽車で来たときとは随分様子が違っていた。鉄道駅での手続きはスムーズだったが。

普通のイミグレ窓口はほとんど誰も通していない。ただ座っているだけ。マレーシア国民しか通さないのかもしれない。

その代わり一人ずつ別室に呼び、長々とチェックをしている。俺の前にい待っていたた若い女のグループはラオス人だと言っていた。役人の態度はタイならではのネッチョリとした感じ。

待っているうちに薄汚い中年白人カップルが来てすぐ後ろにべったり迫ってきた。お前そこどいて俺たちを先にしろ、と言わんばかり。

イヤーな感じがした。役人どもの態度もネットリしているし、白人がいるタイ入管に良い印象がない。

10年前、ラノン(タイ南部のミャンマー国境)の入管では、白人ツーリストの長い列を待ってたどり着くと、アライバルカードのMale(性別)の欄にチェックがしてないとタイイミグレ役人に難癖をつけられてカードを突き返され、再び白人の長い列の最後尾に並ばされた。信じられないようなことだが、これがタイ役人、タイで権力を持つ者がよくやる鬱憤ばらしである。本当は白人にウンザリしているのかもしれないが、白人には頭が上がらないので、「有色人種のくせに」白人のように旅行する日本人など、自分たちよりは格上国民だが白人様よりは格下の有色人種外国人に対してことさら嫌がらせをして鬱憤を晴らすのだ。

それと同じようなことが起きそうな予感がした。人生は短いので、嫌なことは努めて避けるべきである。金を払って嫌な思いをする必要はない。

マレーシアに戻ることにした。パダンブサールの陸路国境は、タイのイミグレとマレーシアのイミグレとの間が徒歩5分ぐらい離れている。入管窓口の若いマレー人女性役人に「事情」を話す。なんと話すべきか迷ったが、とにかくタイ人が嫌なのでマレーシアに戻りたいというと、ちょっと笑ってキャンセルできると言い、オフィスに行くように言ってくれた。別室でも事情を聞かれた。タイに入国拒否されたのか、と聞かれたが、とんでもない。オレが嫌なんだとハッキリ言い、タイの悪口を並べ立てると、すぐに納得して出国をキャンセルしてくれた。パソコンに打ち込んで出国スタンプの上にボールペンで線を引くだけ。すぐ終わった。

アロースターからカンガー、パダンブサールへ

先日滞在したハジャイがわりと良いところだったので、もう一度行ってみたいと思い、今日アロースターのホテルを出た。マレーシア最北端のカンガーにも行ってみたいと思っていたので、まずカンガーに向かうことにした。カンガーは地図で見る限りタイ国境のすぐ近く。

ホテルの若奥さんがバタワースへ行くそうで、アロースターのセントラルバスターミナル(サハブ)まで自分が乗るタクシーに乗せてくれた。昨日からバスターミナルまで送ってやると言っていた。タクシー代は奥さんが払ってくれた。(10リンギ。俺一人なら20リンギだったかも)。奥さんは普段はトゥドゥンもしないが、今日はトゥドゥンとバティクのマレー服でバッチリ決めていて、一見して別人に見えた。しばらく彼女であることに気づかなかった。

アロースター発のバスは2時間ぐらいでカンガーKangarに着いたが、カンガーはやはり何もないところ。アロースター以上に何もない感じだった。

タイ国境が近いので、カンガーに泊まらず、すぐにタイに入ってみることにした。カンガーからタイ国境(パダンブサールPadang Besar)までは、市内バスで1時間ぐらい。

このブログを有料版にアプグレードして独自ドメインを取得しました

kuantan2007.wordpress.com ブログを有料版にアプグレードして独自ドメインを取得しました。
新アドレスは

https://kuantan.me/

です。月額360円ということで高くないです。
転送がうまくいくのかどうかがちょっと心配ですが。
これで突然凍結閉鎖の虞も少しは少なくなったかな、と思います。無一文にならない限り、ここで安心して書いていけるかなという感じですが、Tumblrに写しは取っておきます。 kuantan.tumblr.com

March 20, 2017 at 08:44PM

俺が通った地方国立大教育学部付属小中学校は立派な左翼学校で、中学校を卒業するまで君が代を歌ったことがなかったし学校で日の丸を見たこともなかった。

しかし知能検査は時々やっていて、なぜか知能が高い子だけ先生に呼ばれて結果を教えてもらっていたらしい。しかも自分の成績だけでなく他の生徒の指数まで見せてもらっていたようだった。なんか見下されているような感じがした記憶がある。