Tag Archives: saigon

ベトナムの役人はアジア系旅行者に優しいようである。タンソンニャット空港で。

http://kuantan.tumblr.com/post/133050219973/タンソンニャット空港のセキュリティチェックでは

「ビジネスホテルサイゴン」をチェックアウト。タンソンニャット空港へ。

午前8時にビジネスホテルサイゴンをチェックアウト。一泊55万ドン、二泊で110万ドン。

空港行きのタクシーを捕まえてもらう。レセプションの女性によれば、空港までは30分で18万ドンということだった。これはどういう意味かわからないが、ホテルに前払いする場合ということだろうか。メーターで行ってもらうことにし、ボーイにタクシーだけ捕まえてもらった。Vinasanタクシーがすぐ来る。一人で道に出て捕まえるよりは、ホテルのボーイを通したほうが安心だろう。

空港への道は渋滞していた。とても30分では着きそうにない雰囲気だったが、空港が近かった。35分位で国際線出発入り口のところに着く。メーターは11万ドン。空港入場料らしき料金が1万ドン加算された。何を言っているのかわからなかったのでたかられるのかと思った。10万ドン要求されているのかと思って、ホテルを通じて支払えば18万ドンで済んだのにと思いながら、諦めてしぶしぶ10万ドン札を出すとお釣りが来た。10000とか100000という単位なので書かれても混乱することがある。

空港は警備も特に厳重ではない。検問や空港に入る時の航空券提示とか身体検査のような途上国でありがちな無意味で不快なものはなかった。(ネパールとか本当に頭が悪いと思う)。

空港内のカフェのベトナムコーヒーはまあまあだった。ドンコイ通りのナウでシティボーイな喫茶店よりかなりマシ。

空港はフリーWi-Fiもある。

ベトナム笠の優雅さに気づいた。

最初は実用的ではあるが野暮ったいと思っていた。ベトナムのように日差しが強く時に俄雨があるような気候の地には適している。しかし洋装には合わないのではないかと思っていたが、この若い女性の笠姿を見て考えが変わった。
http://kuantan.tumblr.com/tagged/%E7%AC%A0

日常的な場面でごく自然にこの傘を利用している様子は、とても優雅である。他の東南アジアの女性はなぜこれを使わないのだろう。否、日本人も使ったほうがいいのではないか。

ドンコイ通りのチャオカフェciao cafeの5万5千ドンのコーヒーが、ハーティエンの露店の7千ドンのコーヒーに遠く及ばないという事実。

http://kuantan.tumblr.com/post/132983597363/ドンコイ通りのチャオカフェciaocafeの一杯5万5千ドンのコーヒーが

ホーチミン着。

朝9時にカントーCan Thoを出たバスは途中短い休憩を挟んで、12時35分頃ホーチミンのミエンタイバスターミナルに着いた。タクシーの客引きがワッと寄ってくるが別にどうということはない。ミエンタイは怖いところという「スケッチトラベル」の日本語女の話は大袈裟である。インドやネパールに行ったことのある人なら何とも思わないだろう。

何かの係員らしい帳簿を開いて座っている人に、ベンタインバスターミナルへ行くローカルバスについて聞く。2番のバスだと教えてくれた。バスはすぐに見つかった。運転手以外誰も乗っていないバスに乗り込む。やがて数人の客が入り、午後1時頃発車する。バス代は5000ドンと安い。

1時半ごろバスはベンタインに着く。ベンタインからドンコイ通りに近いホテルまでは歩ける距離だと思ったので、ガイドブックの地図を見ながら、Le Loi通りに沿って歩く。工事をやっていて回り道をしなければならず、少しわかりにくかった。

ドンコイ通りの辺りに来ると何人もの人に日本語で話しかけられる。「日本人の知り合い」の名刺などを見せて結局マッサージなどを勧めてくるバイクのおじさんは良いが、日本語で話しかけてくる愛くるしい扇子売りの少女を振り切るのはちょっと辛かったりするが、こっちも今日の仕事(ホテルに入ること)が終わっていない。

午後2時頃、来た時と同じ「ビジネスホテルサイゴン」にチェックイン。2番泊まりKL へ戻る予定。

ホーチミンをバスで出る。カントー行きのバスに乗る。

11月1日、午前9時半頃「サイゴンビジネスホテル」をチェックアウト。

昨日頼んでおいた通り、ホテルの日本語を少し話す女の子に、Le Hong Phong(レ・ホン・フォン)通りにあるバス停までタクシーで同行してもらう。白いVinasanタクシー。このバス停はカントーへ行くバスが出るバスターミナルではなく、バスの切符売り場だった。バスターミナルへ行くミニバスは出ている。その女の子がチケットも買ってくれる。10時10分頃ミニバスが出る。ミニバスは無料。

Le Hong Phongから15分位でWest Bus Terminalという看板のある大きなバスターミナルに着く。特に混雑してもおらず、汚くもない。物騒な感じは全くない。

ここが「ミエンタイ」バスターミナルなのだろうか。だとしたら、「スケッチトラベル」の感じの悪い日本語女の大袈裟な話は、高いツアーを売りつけるためのホラということになるだろう。

とりあえずバスターミナルの待合室に入って座り、隣の英語ができそうな人に聞くと、親切に教えてくれた。バスは定時の15分前に外に出て聞き歩いて探したほうが良いと教えてくれた。他にも親切な人が多い。

その人の言った通り、カントー行きのバスは定時の15分前には来て、乗客を載せていた。すぐに乗り込む。エアコン、もちろん座席指定で、座席の前のスペースも広い。ミネラルウォーターを配ってくれる。

wi-fiバスというものには初めて乗った。今はネパールにすらあるようだ。日本は遅れている。規制だらけだから遅れるのだ。そのカントー行きwi-fiバスの中でこれを書いている。

道路を作ったのは日本のゼネコンのはずだが、凸凹でよく揺れる。

今日の目的地は、ハーティエンという所。カントーでバスを乗り換えなければならない。