Tag Archives: Pengkalan Kubor

パンタイ・スリ・トゥージューからパンタイ・チャハヤ・ブランへ。

パンタイ・スリ・トゥージューPantai Sri Tujuhからパンタイ・チャハヤ・ブランPantai Cahaya Bulanへ直接向かう交通手段は、タクシーの他はない。

8月29日。

昨日、スリ・トゥージュー・リゾート管理事務所の親切で感じの良い女子職員に、本日11時半にタクシーに来てもらうように頼んでおき、タクシー会社に予約の電話も入れておいてもらった。このマレー人女性は親切で物分りもよかった。日本に帰る飛行機のボーディングパスも、この人に頼んで、メールに添付して送りプリントアウトしてもらった。(エアアジアは出発2週間前からウェブチェックインができる)。午前中はこの人はいない。それどころか、事務所のカウンターに誰もいないことが多いようである。だから、前日の内に頼んでおいたのである。料金も聞いておく。

もちろん、これだけではタクシーは来ない可能性が高い。当日は案の定、事務所には誰もいなかったが、奥のソファで昼寝している男が事務員のようだったので、その男を起こして、11時半近くにもう一度タクシー会社に電話してもらう。タクシーは11時40分頃に来た。その場で、事務員もいる所で、もう一度料金の確認をする。

パンタイ・スリ・トゥージューの最寄りのローカルバス停は、プンカラン・クボールになる。プンカラン・クボールまでタクシーで10分ほど。10リンギ。

プンカラン・クボールに着くと、コタバル市内に向かう27番のバスがエンジンをかけて待機していた。すぐに乗り込む。エアコンのよく効いたキレイで新しい快適なバス。

運転手に予め「Tescoまで」、と言っておく。Tescoの奥にある長距離バスターミナルで、クアラルンプール行きのバスチケットを予約購入しておくためである。プンカラン・クボールからのバス代は、市内バス停までは3.50リンギだが、10セン減額してくれた。

午後1時頃、コタバル市内に入る橋を渡った直後にTescoが見えたので、直ぐにブザーを押してバスに止まってもらい、車道の真ん中で下ろしてもらう。そこから15分か20分歩いて、長距離バスターミナル(所謂「Tescoバスターミナル」)に着く。

いろいろなバス会社のチケットカウンターが並んでいるが、いちばん物分りがよく、感じがよく、仕事の速かったCepat Expressという所で、9月3日のKL行き夜行バスチケットを買う。座席ももちろん指定。料金はどこの会社も同じのようである。44リンギ。

Transnasionalはダメだ。窓口でちょっと何か聞くだけで、いろいろな人が擦り寄って来るが、もったいつけてダラダラしていて、ベタベタくっついてくるだけで、こちらの聞いていることには答えない。公営企業なので、無能で無駄なマレー人職員をたくさん抱え込んでいるのだろう。車体もポンコツである可能性が高い。先日クアンタン行きに乗ったバスもきいきい軋んでいた。やはり、民間で出来ることは民間で、というのは正しい。

Tescoバスターミナルからが大変だった。

パンタイ・チャハヤ・ブラン(P.C.B)へ行く10番のバスも、(Azamホテル近くの)市内近郊バスステーション(「バステイ」「コタバルバスステーション」)で発着するものと思い込んでいたので、まずこのバス停を目指して歩いた。バス停にはTescoから30分ぐらいで着いた。ところが、10番の表示はどこにもない。バスステーションの事務所らしい窓口で聞くと、10番のバス停は別の場所、あっちに5分歩いた「チェトラパティ」にある、という。何度聞いても「チェトラパティ」としか聞こえなかったが、その後誰に聞いてもまったく通じなかった。

P.C.B(パンタイ・チャハヤ・ブラン)に行くバス、ということで30分ぐらい聞き歩き、迷い歩き、ようやく10番バス専用の停車場を探し当てた。10番のバスはちょうど発車寸前だった。

バスがあったから良かったが、その停車場には何の標識もない。迷い歩いている時には、商店を出している華人が一番適切な指図をしてくれた。

10番のバスはP.C.Bまで1.70リンギ。20分ほどで着く。

P.C.Bに着き、前回と同じゲストハウスに入る。一泊30リンギで5泊分前払いする。一泊だけでは30リンギは無理だろう。

独立記念日の休暇と重なり、近くのカレッジに通っている下宿女子学生たちは、帰省したり、旅行に行ったりして、いなくなってしまった。ちょっと残念である。

前回泊まった時に車に乗せてくれた女子学生は、車でナラティワトへ観光に行ったという。携帯メッセージで教えてくれた。タイ領に入るのは初めてだそうだ。ナラティワトに友達も親戚もいないという。彼女はマラッカ出身。当然、タンヨンホテルに泊まったものだと思ったが、そんな高い所には泊まらないという。昔あった「ナラティワトホテル」は今はもうない。他に安宿などはないはずである。「ある家に」という以外、どこに泊まったのか教えてくれない。プンカラン・クボールでも泊まるとか言っていた。プンカラン・クボールに宿などないはずだ。

マレー人のネットワークか、モスクを介したムスリムのネットワークで、泊めてくれる所はすぐに見つかるのだろうか。

ナラティワトでのコミュニケーションは、クランタン方言のマレー語でなんとかなったという。

タイの官憲による嫌がらせは受けなかったか、と聞いてみたが、そういうことはなかったらしい。

彼女は、タイの「深南部問題」などについては、知識も関心もまったくないようである。9月でカレッジを修了しマラッカに帰る。そうするともう行く機会がなくなるから、今のうちにタイを観光したかったということである。

コタバルのバスターミナル

コタバルのバスターミナルは3つある。

一つは、ターミナル・バスという長距離バスターミナル。町はずれにTescoのすぐ近くにあるので「Tescoバスターミナル」とも呼ばれている。クアラルンプールやクアンタンなど遠くの町に行き来するバスはここで発着する。

プンカラン・クボールPengkalan Kuborと市内バス停を行き来する27番のローカルバスも、この近くを通る。

だから、ローカルバス(市内近郊バス)でここに行く場合には、27番のバスに乗り、運転手から切符を買うときに、Tescoに行く、と言っておく。Tescoが見えたら直ちにブザーを押さなければならない。付近にバスを着けられる場所はないが、交差点前で渋滞すれば、車道の真ん中で降ろしてくれるだろう。

もう一つは、ローカルバス(市内近郊バス)ステーションで、コタバル市街のほぼ中央にある。「バステイ」と呼ばれている。近くには、スリヤ・ホテル、Azamホテル、ホテルPolitanの他、バックパッカーロッジなどの安宿、百盛デパートなどがある。以前はここに長距離バスも入っていたはずだが、今は近郊のみ。

長距離バスターミナル(Tesco)とこのローカルバス停とを結ぶ公式の交通手段は、タクシー(メーターなし)しかない。

コタバルには、ミニバス、アンコタ、リクシャ、バイタクの類はない。

但し、暑いが、道に迷わずに歩けば、30分ぐらいの距離である。私は、Azamホテルでもらった地図で迷わず歩けた。

最後に、第三のバスターミナルは、「10番のローカルバス」専用のバス停である。

10番のバスは、P.C.B(パンタイ・チャハヤ・ブラン)を行き来するバス。10番はローカルバス(City Line)だが、市内バス停には発着しないので注意が必要である。

この「10番専用バス停」は、コタバル市街の北東部のTengku Anis Bazaarの近くにあるが、標識も何もない。バスが止まっていればバス停だとわかる、というバス停。

コタバル市内バス停(バステイ)から歩いて15分位だが、「P.C.Bへ行くバス、10番(ノンブル・スプル)のバス」とか言って、聞きまくって行くしかない。知らない住人のほうが多い。

パンタイ・チャハヤ・ブラン(P.C.B)まで、このバスで行けば1.70リンギ(50円ほど)、タクシーなら30リンギ(900円)だとしたら、頑張る価値はあるのではないか。

長距離バスでコタバルに来てP.C.Bに直行する場合、Tescoバスターミナル(ターミナル・バス)からこのバス停まで歩くのには、迷い時間も含めて1時間ぐらいかかるだろう。しかし、タクシーに乗ったらいくら取られるかわからない。また、タクシー運転手がこの場所を知らないかもしれない。

このP.C.B行き10番バス発着場所は、Royal Museumや王宮の近くなので、取り敢えず市街まで入って、茶店などで休み休み、聞き歩きながら北を目指していけば、いつかたどり着くと思う。

特に近い所まで来たら、何度でも聞き歩くことが肝要である。店を開いている人が近所の地理に詳しい。このバス停近くに、宝石商など、華人の店が並んでいる通りがある。そういう店の人が物分りがよく、正確に指図してくれた。

コインの両替

マレーシアの携帯で投稿。Digiでネットに8リンギ以上使うと、その日はネット使い放題になるというサービスがある(と理解している)が、この投稿だけで8リンギを超えるかどうか。

8月30日。

普通、一般の両替商ではコインは両替してくれないと思う。ある国から他の国に入国するときも、コインの両替をしてくれる所は少ない。(ユーロ硬貨は成田空港で両替できたが、ユーロセントはダメだった)。

しかし、タイのタクバイTak Baiの両替台では、1バーツコインまで、マレーシアリンギ(セン)に換えてくれた。勿論レートは適当。

マレーシアリンギ(セン硬貨)とタイバーツ硬貨が入り混じった財布をかき混ぜながら、タイバーツを見つけて一つずつ出すごとに両替してくれる。1リンギ8バーツぐらいだから、1バーツ硬貨を10セン(0.10リンギ)で買えば儲けにはなる。

それでもタイバーツ硬貨をいくつか残してしまった。1バーツ硬貨は、大きさも色合いも10セン硬貨に似ている。

昨日も一つ見つけてしまった。不浄なものを持っているのに気づいて気分が悪くなった。コタバルの食堂でテータリクとローティチャナイを食したあと、テーブルに捨ててきた。

ドブに捨てても良かった。マレーシアに戻ってから、5バーツ一つを含めて8バーツくらい捨てた。

タイバーツは、硬貨の肖像にふさわしい場所に返すのが良い。

パンタイ・スリ・トゥージュー Pantai Sri Tujuh

パンタイ・スリ・トゥージューはプンカラン・クボールの近くだが、プンカラン・クボールからのバスはないようで、もし行くならタクシーになる。

コタバルの市内バスステーションからトゥンパTumpatへ行くバスに乗り、運転手に頼んでパンタイ・スリ・トゥージュー・リゾートの前で降ろしてもらうのが一番安上がりな方法だと思う。

パンタイ・スリ・トゥージューは公営(クランタン州政府?)のビーチリゾートで、一番安いシャレーが現在は税込み106リンギ。

午前11時半頃、コタバルのAzamホテルをチェックアウト。Tunpatに行く43番のバスは待機していた。ただなかなか出発しない。12時10分過ぎにようやく出発。43番のバスはオンボロで小さい。

あちこちを回り、客を乗せたりおろしたりしながら一時間ぐらいかけてTumpatの町まで来る。その辺りでパンタイ・スリ・トゥージューへ行きたいと運転手に言って、運転手のすぐ後ろの席に座っていたが、止まってくれない。

結局、プンカラン・クボールPengkalan Kuborまで来てしまう。運転手は降りろと言い、エンジンをかけたまま何処かへ行ってしまった。

これでは話が違う。プンカラン・クボールへ行くのなら、27番のバスが快適で早い。ぜひともパンタイ・スリ・トゥージューまで行ってもらわなければならない。バスはエンジンをかけたままだから、しばらくすればコタバルへ戻るのだろう。とにかく、運転手を捜しに行く。

運転手がスタスタと歩いて行った方向に行ってみると、Transnationalの小さな事務所があった。入ってみると、礼拝所があり、運転手は礼拝の最中だった。そこにいた人に、自分はパンタイ・スリ・トゥージューへ行きたいのだというと、わかっている、バスの中で5分待て、というので、待つことにした。

30分ぐらいは待たされたが、思ったとおり、同じ道を戻っていき、今度はビーチリゾートの正門(?)前で止まってくれた。

ビーチまではまだしばらく歩かなければならない。シャレーがたくさん立ち並んでいる。数年前の面影はない。午後2時10分ぐらいになって、ようやく管理事務所を見つける。

一番安い部屋が106リンギだったので躊躇した。前に来た時は70リンギくらいだった。リンギも下がっているが円も安くなったのでレートはほとんど変わっていない。二晩だけ泊まることにしてチェックインした。安い部屋は週末は予約で埋まっている。これは数年前と同じ。

政府の施設であるせいか、「警察官立ち寄り所」になっていて、レセプション前のWi-Fiのあるロビーには警官たちが屯していることもある。極めて健全なリゾートだといえる。

浜の近くにあったフードコートはなくなっていた。砂浜は広い方である。ゴミが落ちていてあまりキレイではない。

私が泊まる部屋。

コタバル着。

タイ時間午前11時40分、ナラティワトのタンヨンTanyongホテルをチェックアウト。レセプションにいたのは、カタコトの英語を話す感じの悪い色黒のタイ族女だった。

肌色でどうこう言いたくないが、事実、経験則として、色黒のタイ人女は、人に「イヤーな」感じを与えるのが非常に上手いことが多い。英語をしゃべるのは尚更。タイに旅行するとしても「色黒のタイ女」はできるだけ避けるのが精神衛生上良い。旅行の楽しみにも影響する。

その女に呼んでもらったモーターサイクル(バイタク)で、ミニバスの発着場まで行く。10分ぐらい。40バーツ。

ナラティワトに普通のバス停はない。ミニバスの発着場にはミニバンを改造した大きめの車もあったが、タクバイへ行く車はピックアップトラックを改造した天井の低い乗り心地の悪い「ミニバス」だった。こういうのに乗るのは何年ぶりだろう。インドネシアのアンコタよりはるかに粗末な乗合自動車である。ネパールでも今はこんなのはないのではないか?

幸い乗客が少なかった。ヒジャブをつけた若い女の子が二人、向かいに座ってマレー語の方言らしい言葉で話していた。精一杯おしゃれをしているようだが、全体に薄汚く、とてもみすぼらしい。貧しいだけでなく、社会の辺縁に追いやられていじけてしまっているような印象を受ける。対岸のマレーシアのマレー人とはまったく境遇が違う。

このソンテウ(と呼ばれる乗り物だと思う)はタクバイまで40バーツ。50分ぐらいでタクバイに着く。

タクバイでまず両替をする。9バーツ1リンギでぼり取られた。

タイのイミグレーションオフィスへ行き、スタンプを押してもらった後、再びタクバイの町に戻り、コピを飲み、国境の川スンガイ・ゴロクを渡るボートに乗る。ボートは1リンギ。フェリーもあるが、わざわざ乗る意味はない。ボートは頻繁に出ているし安い。

マレーシア時間、午後2時半ごろ、対岸のプンカラン・クボールに着く。マレーシアの入管窓口でスタンプを押してもらい入国。

窓口はワークパーミットをもったタイ国民もパスポートを持っている者も同じだったが、ワークパーミットを持って入る連中が、ここはワークの窓口だ、とか言って割り込んできたので混乱した。そうなのかと思って、窓口のマレー人女役人に確認すると、頷いたので、いったん列を離れて2階の事務所に行った。スタディか、とか聞かれツーリストだと言うと下へ行けと言われる。

この辺りで気持ちの悪いタイ人男につきまとわれた。気持ちの悪い大きな声で英語をしゃべり、あれこれ話しかけてくる。

プンカラン・クボールで27番のバスに乗り、コタバルに向かう。気持ちの悪いタイ人男も同じバスに乗っていた。離れて座ったが、ネットリ気持ちの悪い大きな声で話しかけてくる。明らかにタイ族である。ところが、母親と妹も一緒にいて、彼女たちはちゃんとヒジャブをしている。ムラユなのかと聞くと、タイだと言う。マレー語は話せるかと聞くと、少しだけという。タイ族ムスリムだった。

午後4時頃、コタバルの市内バス停に着く。

コタバルで一泊することにした。数年前に時々泊まったAzamホテルに入ってみた。以前、バス停近くではこのホテルくらいしか泊まるところがなかったように記憶しているが、周囲に安宿がいくつもできていた。そのせいか、昔より宿代が安くなっていた。老朽化もしているようである。ロビーにだけWi-Fiがある。窓無しの一番安い部屋が74.20リンギ。窓無しだが、ダブルベッドで、かなり広く、エアコンはもちろん、湯沸かし器と無料のインスタントコーヒーなどが付いている。まあまあ快適そうである。Azamホテルは、数年前は一番安い部屋でも80リンギ以上だった。しかも週末は一週間以上前に予約しておかないと泊まれなかった。

パンタイ・チャハヤ・ブランからプンカラン・クボールPengkalan Kuborへ

8月24日。

午前7時までに毎朝の行とすべての準備を済ませ、7時にゲストハウスの向かいのローカル食堂で最後のテータリクを飲む。今日のテータリクは格別オレンジ色で甘かった。KLでは普通のミルクティーの色だが、コタバルではオレンジ色になる。どうしてなのかはわからない。この店の娘が超絶美人である。オヤジは怖い感じで、いつもムスッとしていて、色黒のアラブかインド系の容姿だが、母親はやさしい感じで、色白のマレー人の容姿。おそらく17、8のその娘も、勿論自分の美しさを意識しているだろうが、オヤジに似たツンとした態度である。しかし支払いの時には、1リンギでも必ず「テリマカシ」という。親も言わないし、この辺の他の店でも聞かない。色白で鼻はオヤジのような鷲鼻ではなく鼻先がちょっと付き出している。顔は小さくすらっとしている。トゥドゥンをしているのは金曜日だけのようで、他の日は髪をアップにしている。お祈りの時に着けやすいからか、それがよく似合う。アップの髪がよく似合うタイプといえばわかりやすいだろう。マレー人にも美人は少なくない。タイより色白の人が多く、昔からアラブ人などが来ているので、西ユーラシア系の顔立ちも想像以上に多い。

7時半頃、荷物を持って通りに出る。コタバルの市内バス停へ行く10番のバスが8時頃に来るはずである。通りがかりにどこででも止めれば良い。

ところが、ここで今回非常に愚かなことをしてしまった。白タクに捕まってしまったのである。その辺にいた人が、迎えに来た友人の車に乗り込むときに、お前も乗って行けと強く勧める。このところマレー人の好意を受けることが多かったので、一瞬油断してしまった。車は綺麗で内装も個人用。荷物を押し込んでから白タクだと気づいた。普通の人が、カモを見つけると白タクにもなるのかもしれない。すぐ後に10番のバスが来たが、時すでに遅しだった。コタバルの市内バス停はそれほど遠くない。バス停近くに着いて、外に出て荷物を出すとき、運転手にいくらかと聞くと、連れの友人には聞こえない所で、ドスの効いた声で「スプル」(10)という。そんな無茶苦茶なことはない。断固として「リマ」(5)に負けさせたが、それでも高すぎる。

プンカラン・クボールへ行く27番のバスは、9時頃には来た。9時15分頃に出発し、30分ぐらいで終点のプンカラン・クボールに着く。

プンカラン・クボールのTerminalのWi-Fiで投稿を試みる。

追記

投稿できず、ナラティワトのタンヨンホテルで投稿。