Tag Archives: Google

ツイッターをやめてブログを書こう

ツイッターをやめてブログを書こう。

ブログというと一応整ったエッセイを書かなければならないようなイメージがあるが、そんな決まりはない。

確かに、欧米ではそういう傾向はあるらしい。素人が日記を書いても相手にされないので、ブログを書く以上、学問的内容があるか政治的な主張のあるエッセイが普通らしい。

しかし日本は出発点からして違う。ブログが流行り始めた2004年前後、雨後の筍のように生まれたブログの殆どは素人の日記ブログだった。ニフティあたりが文章の書ける芸能人を使って素人を煽っていた。当時、日本では、プロのインテリがインターネットに何かを書くということは殆どなかった。

そういうわけなので、日本ではそもそもブログもツイッターも匿名掲示板も本質的な違いはない。単に字数や制約が違うだけである。

ただ、ツイッターのような大衆SNSは運営者によって恣意的に閉鎖されることが多く、数年間の自分の軌跡が白紙にされるようなことが多い。長く使っているとその場所に依存しがちである。自分のツイッターをメモの代わりにして検索して使ったりするが、全部ゼロにされてしまうことも実際にある。

それにサイトというものは、なんであれとにかく情報量が多いのが、少ないのよりは強いと思う。ツイッターに垂れ流していたものを、ブログにぶち込んでいたら、それだけでブログの価値が上がっていた可能性がある。ブログのテーマが決まっている人や実名のリア充で公報に使っているような人は別だが、思いつきを書いてるような日記ブログならツイッターと変わらない。

ブログも閉鎖されることはあるが、会社を選べばSNSよりは恒久性がある。(Google Bloggerだけはやめたほうがよい。他のサービスのトラブルで、あるいはクラウドに非公開で上げたコンテンツが原因で、アカウントがbanされた場合、一瞬に全部終わりになる。Googleは個人の非公開コンテンツも検閲している。他の会社はGoogleほど居丈高ではないので、ブログ全体を閉鎖するような時は事前に警告があると思う。Googleでは、自分の幼い子供のチンコに出来た腫れ物をアンドロイドスマホで撮影しただけで、直ちにクラウドコンテンツの検閲に引っかかり、アカウントごとbanされて全て使えなくなったという実例もある。GooglePhotoかPicasaかに自動アプロードされ、「児童ポルノ」認定されたらしい。この被害者は後の交渉で回復できたようだが)

インターネットはすべて提供会社の思い通りになる。 February 21, 2017 at 03:49PM

インターネットのサービスは提供会社の思い通りになる。これは有料サービスでも変わらない。多くの人に嫌われているユーザーは、簡単に排除される。「報告」が積み重なれば、提供会社としては内容の当否を吟味するまでもなく、とりあえず凍結やロックの処分をするのが効率的である。
総合的なサービスアカウントでも同じこと。さらに最近は、問題ユーザーを特定し、その人物の再登場を阻止する技術も研究されている。ツイッターは、問題ユーザーのツイッターからの永久排除を目指していることを公言している。同じことは他のサービス会社も考えているだろう。Googleから人物特定で永久排除されてしまえば、アンドロイドもChromeも永久に使えなくなる。主要なサービスにブラックリストされてしまえば、インターネットから排除されることになる。
東海アマのように何万人ものフォロワーをひきつけ、大量のアクセスを稼ぐ人気者ならともかく、弱小のユーザーは簡単に潰されてしまう。しかも、対面のサービスとは違い、インターネットの商売は利用者が提供者に苦情を言いにくい。かつては直接のコンタクトを受け付けているサービスが多かったが、今ではメールや電話による問い合わせを事実上排除しているところが多いと思う。
ブラックリストは、おそらく共有されているだろう。私はGoogleから罵詈雑言のような通知をもらったことが何度かあるので(Googleは、必ず一方的にサービスを停止しておきながら、追い撃ちをかけるように説教を垂れてくる)、Googleのブラックリストには当然載っている。あとはそれが私かどうかを特定するだけだが、転々としていて回線は変わっても、デバイスから簡単にわかるだろう。危険人物を特定するコードなどもあるかもしれない。Googleのブラックリストをツイッターが共有していてもおかしくない。
危険人物とは、例えばイスラム過激派のような人である。イスラム過激派とはどんな人か。日本人から見ると、遥か西の方の人に感じられるが、世界標準ではそうではない。それは東の方の人であり、何よりも西洋文明、西側のキリスト教文明、白人世界に楯突く不服者である。

Googleにアカウント復旧を再度リクエストしてみたが。Re: kuantan2007@gmail.com

最初のうちははっきりしたことは何も答えず、「復旧の可能もあります」とまで言って、いずれe.mail.ruの方に連絡するようなことを言い、待たせていたが、今回あらためて問い合わせたらこういうことだった。

いつも Google をご利用いただきありがとうございます。

Google アカウントにアクセスできない問題をご報告いただきありがとうございました。

削除された Google アカウントに再びアクセスできるようにするには、限られた所定の期間内にリクエストをいただく必要があります。残念ながら、お客様のリクエストはこの期間を経過していたと思われ、お客様のアカウントは既に完全に削除されていたことを確認いたしました。ご不便をおかけして申し訳ございませんが、ご了承いただきますようお願いいたします。

なお、新しい Google アカウントを作成していただくことは可能でございます。

どうぞよろしくお願いいたします。

Google アカウント チーム

新しい「Googleフォト」を入れてみた。

写真が多少縮小されたりするらしいが、容量無制限だそうで、高級なカメラを使っているわけでもない。Nexus7のカメラは5メガピクセル。SamsungのNote3でも13メガだとか。私はNexus7のカメラで十分満足しているので、画質などには問題がない。

問題なのはGoogleの「政治と司法」。アカウント維持が保障されるかどうかという問題。

私は「Google政治」、「Google警察」、「Google司法」の公正性をまったく信用していないし、「Google行政」には予測可能性がまったくないと思うので、新しい「Googleフォト」のために専用のGoogleアカウントを用意した上で始めました。

アンドロイドの「Googleフォト」アプリを更新すれば自動的に新しいGoogleフォトになりますが、自動アプロードの設定をするときは、どのアカウントに上げるようにするか、注意して決める必要があります。

つまり、いつ突然削除されてもかまわないようなアカウントを用意して選ぶ必要があります。

Googleは、個人のクラウドにある非公開の写真も全部チェックしています。おそらく基本的にはロボットでしょうが、人間も見ています。自分の幼い息子のチンポにデキモノができたのでスマホで撮影したら、Googleのバックアップをonにしていたために直ちにアプロードされて、アカウント停止にされたという事例もあります。その人は電話か何かでGoogleに直接談判したところ、「その写真だけ削除されて」何の通知もないうちにアカウントが復活していたそうです。そういう細かい処理をするのはおそらく人間の目で見てやっていることで、男の子のチンポくらいでそんな過剰反応をするのは、おそらく外人の仕業でしょう。

Facebookに買収されたWhatsappという便利な通話アプリがあり、テキストも録音も画像も送れるので最近よく使っています。ところが、他人がWhatsappで写真を送ってくれると、スマホ等で受信すると同時にGoogleフォトにアプロードされてしまいます。(自動バックアップをonにしている場合)。悪い友達が(その辺に転がっている)児童ポルノでも送ってきたら、即刻アカウント全体が終わりになってしまいます。

新しいGoogleフォトは、モバイル端末からの自動アプロードが無制限にでき、そのうえ勝手に整理整頓してくれることに意味があるのですが、それは他人の非公開領域をさらによく検査するという意味でもあり、プライバシーの大部分をGoogleにお預けするのはいまさら気にしないとしても、Googleイデオロギーによる「制裁」のリスクがいっそう高まることを覚悟しなければなりません。

私は、メールも写真も文書図画も、バックアップの本命はmail.ruにしています。cloud.mail.ruは100GBまで無料なので、十分使えます。e.mail.ruも便利です。他の複数のe.mail.ruアカウントやyandexメールはもちろん、yahoo.comやoutlook.comも直接収集できます。Gmailは抵抗しますが転送設定すれば読むことはできます。ロシア政府転覆の陰謀でもすればともかく、非公開領域にアップした画像にケチをつけてアカウントを停止するようなピューリタン的な狂気は、ロシア人にはないだろうと思っています。

Nexus7の故障

ほぼ唯一の通信機器であるNexus7がここ数日のうちに充電できなくなってしまった。電源に繋いで充電中とあるのに電池が減っていく。Nexus7を買ってからまだ1年半しかたっていない。

Nexus7を買ってから、良いことがない。Googleにアカウントを削除されたのもたぶんNexus7の自動バックアップが原因。

クアラルンプールでパソコンなどを買うと必ず失敗するので、これが動かなくなったら、インターネットなしにするか日本に買いに帰るかしかない。

iskandardinata@gmail.comは削除しました。

かつてGoogleアカウントを匿名でいくらでも作れた時代がありましたが、そのころ作ったアカウントiskandardinata@gmail.comのGmailを完全に削除しました。

以前から不審な動きがあり、何度パスワードを変えても相変わらず続いていましたが、この間ネットにアクセスできなかった間にまた非常に不審な設定変更がされていたので削除しました。

このメールに付随するマイクロソフトoutlook.comのアドレスが、私がネットにアクセスできなかった間にiskandardinata@outlook.comからiskandardinata0911@outlook.comに変更されていました。従ってこのアドレスも不正使用されます。このマイクロソフトアカウントは、現在携帯電話のsmsが使用できないため削除できません。

0911という数字が加えられており、テロリストに乗っ取られている可能性もあります。

iskandardinata@gmail.comについては、アカウント全体の削除を試みましたが、(現在の環境からは)なぜか削除できないので、Gmailのみ削除しました。

iskandardinata@gmail.comおよびiskandardinata0911@outlook.comの不正使用による犯罪等については、私は責任を持てません。何度パスワードを変更しても(パスワードは変更されず)侵入されていたからです。Googleの責任です。

どこにも安心して公開投稿できない時代

私はツイッターに投稿できなくなっていますが、ツイッターはいつでも事実上その自由裁量でユーザーの権利の全部または一部を制限することができるので、アカウント削除に至らなくても、投稿だけできなくする措置を一方的に取ることもできます。https://twitter.com/tos?lang=ja それをやられた可能性もあります。GoogleやTwitterのような独占的な巨大企業と争っても仕方がないので、他に移るしかありません。シナウェイボー(新浪微博)にアカウントをもっていたはずなので、そっちに移ろうかと思っています。

ツイッターの規約(規約の一部を構成する「ツイッタールール」)には次のような一節があります。

You may not post intimate photos or videos that were taken or distributed without the subject’s consent.
https://support.twitter.com/articles/18311-the-twitter-rules

私のツイッターを見てもらえればわかりますが、旅行で撮った人の写真がたくさん載っています。盗み撮りはしていませんが(ツイッターに載せているものに限っては)、ツイッターに投稿していいかどうかまでは確認していないものがほとんどです。distributedとあるのでネットで頒布して良いという同意があれば良いのでしょうが、それもまれです。旅先でまとわりついてくる子供、山村で「写真撮って!」と寄ってくる子供には、写真をネットに載せられるということの意味が理解できないので、そもそも同意能力がありません。旅先で撮ったような子供の写真は一切投稿してはいけないということになります。旅先に限らず、同意能力のない未成年者の顔写真は一切投稿できないとも言えるでしょう。この事由一つをとっても、私のツイッターアカウントは削除されても文句は言えない、ということになります。もちろん、削除しない裁量権はツイッターの側にあり、削除されるかもしれないしされないかもしれないという状態です。

そのようなもののために、時間と精力を費やす意味はありません。(インターネットというものは不思議な魔力があり、一銭にもならなくてもついつい「頑張ってしまう」ところがあります)。

実際、誰のどのアカウントがいつ凍結されてもやむを得ない状態です。アカウント停止や削除の理由を見つけ出すことはいくらでもできるような規約になっています。「投稿が少なすぎる」だけでも、故意に無駄なアカウントを作成し当社の業務の円滑な遂行を妨害している、とか理由をつけて潰すことは可能でしょう。

こういうことは、有料サービスでも同じことです。アカウントを作成した時点で、会社側が予め用意した規約に同意したとみなされます。その規約には、会社側が事実上無制限に自由な処分をすることができ、しかも会社側は一切の責任を負わない旨の規定があるはずです。これは所謂「附合契約」の一種でその法的な有効性については昔から議論があり、裁判に訴えれば無効とされる場合もあると思いますが、GoogleやTwitterのような巨大企業を相手に裁判できる個人はいません。

このブログもいつ凍結や削除になってもおかしくありません。理由はいくらでも見つけられるでしょう。あなたが利用しているサービスも同じです。

このような不確かなものに自分の時間と労力を費やすのはバカげています。しかも、前述のとおり、関与すればするほど頑張ってしまう性質があるものです。

メール(Gmail)は必要ですが、これもいつどんな理由で削除されるかわからないので、ロシアのメールに転送するようにしています。

特に理由はありませんが、アメリカのサービスよりはロシアのサービスの方がリベラルではないかという気がします。

e.mail.ru
cloud.mail.ru

いずれにしても、個人の自由な公開のインターネット利用の時代はそろそろ終わりに近づいており、インターネットはマスコミ化し、個人の利用は閉鎖的でより「リアル」なものに限られる方向に行くのだろうと思います。

自由な言論・情報は、秘密集会的に確保し、非公開のネットワークで共有していくしかないのかも知れません。ただ、日本人にそういうことができるかどうかの問題はあります。全体としてマスコミ化したインターネットに埋没しつつ、ムラ的なタコツボグループで(本心はしたくもない)無駄話を続けるということで終わりそうです。

ご意見は、
kuantan2007@mail.ru
へ。