Tag Archives: Blogger

ツイッターをやめてブログを書こう

ツイッターをやめてブログを書こう。

ブログというと一応整ったエッセイを書かなければならないようなイメージがあるが、そんな決まりはない。

確かに、欧米ではそういう傾向はあるらしい。素人が日記を書いても相手にされないので、ブログを書く以上、学問的内容があるか政治的な主張のあるエッセイが普通らしい。

しかし日本は出発点からして違う。ブログが流行り始めた2004年前後、雨後の筍のように生まれたブログの殆どは素人の日記ブログだった。ニフティあたりが文章の書ける芸能人を使って素人を煽っていた。当時、日本では、プロのインテリがインターネットに何かを書くということは殆どなかった。

そういうわけなので、日本ではそもそもブログもツイッターも匿名掲示板も本質的な違いはない。単に字数や制約が違うだけである。

ただ、ツイッターのような大衆SNSは運営者によって恣意的に閉鎖されることが多く、数年間の自分の軌跡が白紙にされるようなことが多い。長く使っているとその場所に依存しがちである。自分のツイッターをメモの代わりにして検索して使ったりするが、全部ゼロにされてしまうことも実際にある。

それにサイトというものは、なんであれとにかく情報量が多いのが、少ないのよりは強いと思う。ツイッターに垂れ流していたものを、ブログにぶち込んでいたら、それだけでブログの価値が上がっていた可能性がある。ブログのテーマが決まっている人や実名のリア充で公報に使っているような人は別だが、思いつきを書いてるような日記ブログならツイッターと変わらない。

ブログも閉鎖されることはあるが、会社を選べばSNSよりは恒久性がある。(Google Bloggerだけはやめたほうがよい。他のサービスのトラブルで、あるいはクラウドに非公開で上げたコンテンツが原因で、アカウントがbanされた場合、一瞬に全部終わりになる。Googleは個人の非公開コンテンツも検閲している。他の会社はGoogleほど居丈高ではないので、ブログ全体を閉鎖するような時は事前に警告があると思う。Googleでは、自分の幼い子供のチンコに出来た腫れ物をアンドロイドスマホで撮影しただけで、直ちにクラウドコンテンツの検閲に引っかかり、アカウントごとbanされて全て使えなくなったという実例もある。GooglePhotoかPicasaかに自動アプロードされ、「児童ポルノ」認定されたらしい。この被害者は後の交渉で回復できたようだが)

先月のアフィリエイト収入は3円でした。

先月、一人の方がこのブログのリンクから入って100円の商品(古書)を一冊買ってくれたようで、3円のアフィリエイト収入を得ることが出来ました。

Bloggerで「航海日誌と批判」をやっていた時は、月収300円から400円程度だったのですが、このブログに移ってからアクセスも減り、アフィリエイト原則禁止(Javascript無効)ということでテキストリンクしか貼れなくなったこともあり、月によりますが、30円前後、少ない月は0から3円、つまり、10分の一から100分の一に減ったことになります。

私の場合はもとが少なかったので影響はほとんどありませんが(楽天銀行の口座管理費用がでなくなった程度)、たくさん稼ぐブログをやっている人は「突然閉鎖」には気をつけたほうが良いです。特にGoogleは、よくわからない理由でアカウント全部を突然無効にすることが珍しくないようなので、Bloggerブログをやっている人はいつ閉鎖されても良いような覚悟をしておく必要があります。

Affiliate Marketing is a real business (English Edition)

副業で100万円稼ぐ! カンタン最強アフィリエイト サイトアフィリエイト編

Picasaの非公開領域に保存していた2ch.ruで拾った数枚の素敵な洋ロリ画像が、原因に違いない

できるポケット Google スマートに使いこなす基本&活用ワザ 180 [グーグルの便利ワザ160 改訂新版]

俺がGoogleアカウントkuantan2007@gmail.comを「規約違反」で抹消された理由は、明らかにされていないが、これが「目にとまった」からに違いないと思う。Picasaウェブアルバムを、Nexus7でGoogle+に統合し、自動アプロード設定をした翌朝に、当該Googleアカウントが削除されていた。Picasaだけと、Google+とでは、検閲体制がまったく違うと思ったほうが良い。おそらく、Picasaでは非公開領域は検閲していないが、Google+は公開非公開を問わず、その人間のすべての情報を人力で監視している。

以前にもYouTubeに上げていたヤギの屠殺動画(ネパール山村の毎日の風景)について、閲覧制限をかけた上で、英文での説教のメール(極めて居丈高なものだった)が来たことがある。英文のメールが来たのは私のアカウントがgoogle.co.myだったからだろう。つまり、国籍マレーシアとしてアカウントを作っていた。

その他にも、別のアカウントYahoo,co.jp(今はできなくなったが、以前はGmail以外のメールでYoutubeなども使えた。Googleアカウントがとれた)で作っていたAdsenseから、「白人のいる風景」の内容を修正せよ、という説教の英文メールが来たこともある。この時もすでに貼ってあるAdsenseは無効にしたと言っていた。つまり、先に一方的に無効にしておいて、そのうえで説教まで垂れる、というのが、Googleの風土、文化である。

Googleに有料アカウントがあるだろうか。Google規約違反と判断すればin its sole discretionで即刻削除できる権利を留保するというサービスしかないだろう。有料にする代わりに、規約違反の疑いがあっても、削除する前に猶予を与えたり、交渉したりする権利を顧客に与えるプランが存在するだろうか。おそらく存在しないだろう。Googleは自己の判断でいつでもアカウントを停止、削除する裁量権だけは手放そうとしない。

そんなGoogleのサービスを、安心して使えるだろうか。Nexus7などにどっぷり浸かっていたら、ある朝目覚めたら、それまで出来ていたことがまったくできなくなり、新しいアカウントをパソコンで作りなおさなければ、サインインもできなくなるのだ。しかも、今は新アカウント作成の時に個人情報を提出させるから、削除されたアカウント所有者とわかれば、新アカウント作成も許可されないかも知れない(私はまだ10個ぐらい匿名Googleアカウントを持っているから利用できなくなることはないと思うが、環境によりログインできないことはある)。

このようなGoogleのサービスを使っていくリスクは、非常に大きいと思うが、まったく語られていないものである。アンドロイドやクロームブックはある朝まったく使えなくなる可能性があるのだ。
HP ヒューレット・パッカード Chromebook 11 クロームブック (Samsung Exynos 5250 1.7GHz/2GB/SSD16GB/11.6inch/Chrome OS/White-Blue) 並行輸入品

 ASUS Nexus7 ( 2013 ) TABLET / ブラック ( Android / 7inch / APQ8064 / 2G / 16G / BT4 ) ME571-16G

 

「自分の意見を人様に押し付けるな鬱々しい…」とひとのブログにコメントする人

こういうのは「日本的」というべきなんでしょうかね。発言する=「意見を人様に押し付ける」という発想らしい。公共の電波ならともかく、自分が勝手に見に来ているブログに気に入らない意見が書いてあったから「意見を押し付けられた」というのは、かなり頭の悪い考え方だと思いますが、珍しい発言だともいえません。ブログのコメント欄なのに「スレ主は・・・」と書く人も見かける。

久しぶりに見た自分の古いブログにこんなコメントがついていた。

6. ゆう 2010年03月03日 21:32
どうも気に食わん
自分の意見を人様に押し付けるな鬱々しい…
人種云々言ってる自分かっこいいってか?
お前みたいなのがいるから争いは無くならないってことがまだ分からんのか?
人を卑下するようなヤツが偉そうなこと抜かすなよ
統計取って白人はこうだ、黒人はこうだとか結果出したのか?
もしこれらが事実でお前が見出したことならノーベル賞取れるわアホ
すべてお前の主観もしくは妄想によるものだろ
誰もお前の意見なんか尊重しないし興味ない
こういうことは自分の胸にしまっておけ
まぁどうせ違うの一点張りで通す気なんだろうがなw
実際にタイに行ってこいよ
そして色々な国のヤツと関わってみろよ
まだ同じようなこと言えるかな?w
ホントこういう輩って減るどころか増える一方だな…

インターネットだからといって、見ず知らずの他人を「お前」呼ばわりするのはどうかと思うね。私はタイにも行ったことがあり、その上で書いているんだが。とにかく「争い」がないのが良いという考え方らしい。

「お前みたいなやつ」というコメントは以前よくあった。「お前みたいなやつがいるから、日本の評判が悪くなるんだ」とか。

ライブドアブログは悪くないと思う。インポートもまあ良く出来た。

最悪なのはやはりGoogle Blogger。何の事前予告もなくアカウントを突然一括削除。ブログもPicasaの写真もGoogle Driveの文書もGmailもYouTube動画もすべて失ってしまう。予告期間もないのでダウンロードもできず、回復不可能。そのアカウントでログインしていた他社のサービスにも入れなくなる。突然の削除の理由は告げられない。「規約違反」としか説明しない。Google+とPicasaを統合させた直後にアカウント削除されたので、Picasaの非公開画像の中の写真が問題になったのかもしれないが、公開したわけではない。ネットで拾った猥褻画像(昔の2ch.ruで拾ったやつとか)を放り込んでいた非公開フォルダがPicasaの中にあったが、Google+がそれを見つけたのだろう。機械で判別しているとしたらPicasaに入っていた時点で問題になっていたはずだが、何年も放置されていた。Google+では、Googleの社員が他人のアカウント内部の非公開領域を人力目視で検査しているとしか思えない。


人気弁護士が教える ネットトラブル相談室

Bloggerブログ「航海日誌と批判」の”文章”の大部分をWordPressにインポートすることが出来ました。

8月15日、ブログを含め私が日常利用していたGoogleアカウントが突然削除され、当該アカウントのすべてのサービスにアクセスできなくなってしまい、Gmailのメールはもちろん、Bloggerブログ過去記事、Picasaの写真、Googleドライブのドキュメント、Googleカレンダー、YouTubeなどに溜め込んでいた自分の情報にアクセスできなくなり、すべて失ってしまいました。Googleに問い合わせても「規約違反により無効になった」と答えるのみで、「規約違反」の具体的な内容は何も告げられません。

Gmailは、他のメールに転送するように設定していたので問題はありませんでした。(そもそも実生活で使うメールは他の複数のメールで、削除されたアカウントも転送先にすぎなかったのですが)。

ブログ、写真、ドキュメント、カレンダー、YouTubeの過去情報はどうにもなりませんが、去年の12月23日に、ちょっとした思いつきでブログ「航海日誌と批判」の過去記事だけGoogleのツールを使ってパソコンにエクスポートしていたのです。これが幸いしました。ほとんど忘れていたのですが、パソコンを検索したら出てきました。

Googleアカウントのデータをエクスポートするには、Google Takeoutがありますが、これにはBloggerは含まれていません。Bloggerの記事をエクスポートするには別の方法があり、Bloggerの設定から行えます。https://support.google.com/blogger/answer/97416?hl=ja

エクスポートしたファイルのWordPressへのインポートは驚くほどスムーズで高速でした。写真は失われますが、それ以外はほとんど過去の姿で再現されるようです。カテゴリーやアーカイブなどもそのまま再現されます。日本のブログにも「引っ越し」機能をつけているものは多くありますが、満足のいく「引っ越し」ができることは少ないのではないかと思います。

ブログにアプロードした写真は、ブログのエクスポートではダウンロード出来ないようです。「引っ越し」前のブログが生きていれば再現されるかも知れませんが、前のブログが削除されれば写真も消えてしまいます。GoogleのBloggerブログにアプロードする写真は、Googleアカウントにアプロードすることになり、自動的にGoogleのフォトアルバムに統合されます。だから、インポートした過去記事の写真の部分は、Googleアカウントにアプロードしたものは消えており、穴だらけの記事になっています。

日本のブログサービスでは、記事は突然消されることがあるようですが(Yahoo!ブログでよく聞きます)、アカウント停止のような場合には、事前に警告があったり、ダウンロードの猶予をくれることもあるのではないでしょうか。

アメリカのサービスでも、TumblrはCommunity Guidelinesで、基本的にガイドライン違反者には事前警告をして説明または是正を求める、としています。

https://www.tumblr.com/policy/en/community

If we conclude that you are violating these guidelines, you may receive a notice via email. If you don’t explain or correct your behavior, we may take action against your account. We do our best to ensure fair outcomes, but in all cases we reserve the right to….

Googleのやり方はかなり過酷なものといえるでしょう。Googleは同一アカウントに多数のサービスを集中させることを利用者に推奨しており、YouTubeへの書き込みなどはGoogle+に自分のプロフィールを作っていないと出来ないようにしています。Google+では実名登録が要求されます(事実上拒否する方法はありますが)。Googleアカウント自体、かつては匿名でいくつでも作れたのですが、現在は携帯電話番号などを登録しなければならなくなっています。本人が特定されるので、Bloggerブログ等での自由な言論も萎縮させられることになります。特に、Googleやアメリカを批判するような言論はしにくくなっていると思います。私がブログに使っていたアカウントは「匿名時代」に作ったものなので、Googleには、私の身元は、基本的に普通の手段では特定できません。(もちろん、犯罪に当たる行為があり警察が本気で調べればipアドレスなどから簡単に特定できます)。匿名アカウントで「アメリカ」や「白人」をたたいているようなブログを野放しにしておくことを、Googleは好まないのかもしれません。匿名アカウント潰しの動きがGoogleにあるのかもしれません。Googleはインターネットの実名化と、「実名顔出し」個人の全活動のインターネットによる把握と統合と蓄積を、熱心に追求しているように見えます。

Googleは、インターネットを介する個人の全活動を一つの実名アカウントに統合することを推奨しているといえますが、アカウントを停止したり無効にしたりするときには、事前予告もなく突然一方的に行うのです。このような例は一時的なものを含めると大変多いようです。有名人では池田信夫氏のGmailが(おそらく誰かに不正使用されて)一時的に無効になったことがありました(本人がツイッターにそう書いていました)。Googleに依存した生活をしている場合、一時的であっても大変なダメージを受ける可能性があります。Googleアカウントで認証してログインできるサイトもたくさんありますが、Googleでの認証のみでサインアップしている場合、当該Googleアカウントにログインできなければそのサイトにも入れなくなります。もっといえば、YouTubeの広告で月何万円とか相当の金額を稼いでいる人も少なくないのですが、そのような人が、何かわけの分からない理由で当該Googleアカウントを突然一方的に停止されてしまったら、生活設計も狂ってしまい大きな実害を受けることになります。そういうこともGoogleではあり得るのです。Googleの怖さをよく認識すべきだと思います。私はネットで使う重要な記録にはEvernoteを利用していたので助かりましたが、もしもEvernoteがGoogleアカウントによる認証になっていたら大変なことになっていたところでした。