Tag Archives: 関西空港

ジェットスターと関西空港は避けるべし

ジェットスターと関西空港は避けるべし。

関西空港は昔から土地柄の悪いところで、乗客でもない地元民がたむろして利用客に因縁をつけたりしていた。私は筋の悪い感じのおばさんに絡まれたことがある。「大阪のおばさん」の冗談で済まされない粘着攻撃だった。

関西空港は、働いている人間も無礼な関西弁話者が多い。お笑いタレントならどうか知らないが、給料をもらって仕事中に、関西弁を喋っていいと思うのだろうか?それとも彼らにとっては、仕事もお笑い程度か?しかも関西弁のこの職員たちの利用客を見下した態度が鼻につく。関西空港はいまやLCCターミナルで金持ちは利用しない。だから馬鹿にして良い、という関西人の思想だ。

ジェットスターは、他の航空会社は現に不問に付している500グラム程度の手荷物重量オーバーにもイチャモンをつけ、荷物を預けさせ、最低4000円課金する。

関西空港は使わざるを得ないことがあるが(エアアジアは九州や沖縄には飛ばない)、ジェットスターは避けるのが良い。

LCCならエアアジアXが安全で良心的。

エアアジアAirAsiaの素晴らしさ。利用者本位の合理的な思考

ジェットスターはキャビンラゲッジの重量にうるさい。関空だけかもしれないが。

エアアジアなら、手荷物と機内持ち込み荷物を分け、機内持ち込み荷物の方(大きい方)を計ることがあるが、8キロぐらいでもなんとか追加料金無しにしてくれる。

「ラップトップと手荷物」の方はそれなりの重みがあるのが当然で、エアアジアでは計量しない。日本の気違い航空会社はどうか知らないが、ラップトップを機内で使うのは当然のこと。巡航中はスマホも使って良い。

「キャビンラゲッジ」すなわち頭上の棚に入れるカバンは「寸法」が一番重要だ。みんなの荷物が棚に入らなければならない。エアアジアも寸法にはうるさい。クルーが持ち上げられなければならないので、女性クルーの保護のために、重量が計られる。

「規制の目的」から実質的な違法性を判断するという、さすがは英連邦の一流企業らしい紳士的な判断をする。日本人とくに関西の豚頭には決してできない思考である。

エアアジアでは、「キャビンラゲッジ」(頭上物入れ荷物)が8キロくらいなら、チェックインカウンターのマレーシア人が、「今だけ出して7キロ台にしてください。後でまた入れればいいから」と言ってくれる。エアアジアがどうしてこんなに人気なのかわかるだろう。

持ち込み荷物は7キロまでというルールは同じだから、厳格に言えば、全部合わせて7キロ以内。関空の関西豚(ジェットスター)はこれを杓子定規に適用して、4000円も追加料金を取った。LCCで4000円は大きい。

関西豚の特徴

マレーシアへ戻るか。大阪に泊まりたくない。

エアアジアの場合、自己責任で乗り遅れた場合でも、いくらか割増料金を払って事後的に予約変更扱いで次の飛行機に乗れたことがある(クアラルンプールで)。

しかしタイガーエアはそういうことは一切ないらしく、全額払って買い直し。しかもカウンターで買うときは、ネットの倍ぐらいの値段になるとか。

それにしても、関空の職員はいちいち感じが悪い。

関西弁を喋るやつには遠慮は禁物。

関西人と喋る時には、相手が決まり悪くなるようなこと、ことさら強調して言ってやったほうが良い。「そんなことひと言も聞いてないだろ。低IQ」とか、相手のちょっとした矛盾を突きつけて恥をかかせるとか、そういうことをバンバンやるのが良い。強気の相手には卑屈に下手に出るのが関西豚の特徴。関西人のIQが低いのも明らか。

関空の両替レート。RM April 4, 2017 at 02:11PM

関空でのマレーシアリンギの買い取りが1リンギ20円というデタラメなレート。売りは29円。

関空の連中はみんな関西訛りでイライラする。

他者の人格を認めない、という決意の表現が関西訛りである。

教育勅語も結構だがその前に関西訛りを全面禁止にしろ。大学入試センター試験は日本語発音の試験を導入せよ。

関西空港総合案内の感じの悪い女

関空の総合案内「?」の女に、タイガーエアのことについて聞いたが、非常に居丈高で不快な態度。

こちらが下手に出てやると偉そうな態度になる。少し声を強めて荒い言葉遣いにすると、かえって低姿勢になる。

関西人の卑劣な特徴をよく表している。京都人がこの典型だ。日本人の卑しい性格の発祥地は関西だとわかる。

アメリカが京都、神戸、大阪に原爆を落としてくれればよかった。ケロイド狂乙女どすえでちっとは謙虚になったかもしれない。京都は徹底的に爆撃すべきだった。高山さえ空襲されたのだ。

日本に来るタイ女

午前5時過ぎ、イライラして3時間遅延のエアアジアに乗り込むと、俺の隣の席に若い女が一人で座っていた。三人がけの真ん中の席。俺の席は窓側。excuse meというとちょっと嫌な顔をした。肌色が黒く華人には見えないが、マレー人にもまったく見えない。若い女の一人旅をしないだろう。

日本人かもしれないと思ったので、日本人とバレないように気をつけて無視していた。安定剤を飲んでいたので非常に眠かった。

寝ている間に、その女が、外国人用の入国カードとカスタムデクレアの用紙を二組もらってくれていた。日本人ではないらしい。確かに着ているものや持ち物、服装のセンスが途上国風である。国籍不明の女。

飛行が終わりに差し掛かり、どちらも起きているときに少し話しかけてみた。なんとタイ人だった。タイ人がなぜクアラルンプールから大阪行きに乗るのかよくわからないが、大阪に友達がいるという。たどたどしい日本語を話す。水商売風には見えない。が、出身地が、なんとパタヤだという。

タイですか。ハジャイには行ったことがある。他はあまり行ったことがないです。と言ってごまかしておいた。

まさか、へえ、パタヤ出身なの?売春がスゴイでしょ?とは聞けないだろう。

時々鼻スースー(ネパール人が好きなやつ)をつかう。

また、しゃべりながらちょくちょく意味のない「しかめっ面」をする。

ハジャイではほとんど見なかったが、「しかめっ面」はもはや完全にタイ人の文化のようである。若い人たちにも着実に伝承されているようだ。タイ人のしかめっ面。