Tag Archives: 白人

April 21, 2017 at 07:22PM

白人が優れていることは認めなければならない。ここで白人というのは、必ずしも西洋人に限らず、西ユーラシア人という意味。正統性からいえば、北ヨーロッパの扁平な顔をした白人よりは、イランあたりの白人、彼らの自称であるアーリア人が一番だろうが、あまり血統をうるさくいう必要はない。西ユーラシア人の優秀性である。

これをいうと、必ず感情的に反発する人がいるが、遺伝子的に殆ど変わらないチンパンジーと人間との差くらいのhereditaryな越えられない優劣が、白人と我々の間にはある。遺伝子的にほとんど違わなくても、人間とチンパンジーを区別しないのは外道なのである。

西ユーラシア人が、我々が今人間らしく生きられている思想的な枠組みを作ってくれた。個人の尊厳、自由と平等、友愛と言った理想は、西ユーラシア人なしで人間界に定着することはなかったし、これからもないと思う。黄色人種は、原理原則に基づいて生きるということができないからだ。

黄色人種は、白人に劣っている。白人に奉仕して生きるのが正しい。

こういうと、反発する、つまり、それが本当なら生きる価値がないと絶望してしまう日本人が多い。だから、日本人は弱いのだ。ヒンドゥの被差別カーストの人々を見習うと良い。彼らは自分たちが永久に下位にあることは自他共に認めつつ、自暴自棄になって自殺するようなことはせず、しっかり生きている。彼らの実生活は、日本人が想像するよりずっと過酷である。不可触賤民と言われながら、なぜかレイプはされるし、抵抗することもできないことが多いらしい。ダリット(抑圧された者という意味)の娘に処女はいないと言われる。ヒンドゥでは、少女は清いと考えられるからだろうか。社会的な奴隷である。それでも彼らは生きる。

日本人も彼らを見習い、アメリカにどんなに蹂躙されても黙々と従い、生きていくのが良いだろう。

April 21, 2017 at 02:01PM

台湾ではいつも良くしてもらっている。今日は素食で全部タダにしてもらった上、おかずをいくつかつけてもらった。最初100圓札を出すと突き返された。

ところが、食べ終わるころ、東南アジア沈没白人という感じの白人オヤジが入って来た。みんな大喜び。同じような待遇を受けていたが、その白人は最初から財布も持ってきていない。手ぶらだった。

台湾で日本人がチヤホヤされるのは、英語がまったくできない人が多いのと、東南アジアのように物価・宿代が安くないので白人沈没組がいないからにすぎない。先進国人が日本人しかいないから、日本人がチヤホヤされる。タイのように白人が多ければ、台湾もタイのようになるだろう。

「白人コンプレックス」がない?

「海外の反応」(実質的には白人の反応)、「欧米人は日本にこんなに感激」とか、そんなテレビ番組が三度の飯より好きな日本人が、「白人コンプレックスがない」なんてよく言えるな。

「生まれ変わっても日本人になりたい人が9割」だから、日本人には白人コンプレックスがない、なんていう馬鹿もいるが、そんなアンケートにはいくらでも矛盾した答えができるものだ。同じ回答者に2つ絵を見せて、一方は白人のような顔、他方は東アジア風の顔で、どっちの容姿に生まれたいって聞いてみれば良い。日本人に生まれ変わりたいと答えた連中の殆どが、白人風の容姿を選ぶだろう。「生まれ変わっても日本人」と白人コンプレックスの有無とは関係がない。

日本人が西洋人に劣っている事実 

白人が優れていることは認めなければならない | Kuantanlog

http://ift.tt/2noPPbd

例えば、日本とドイツを簡単に比較した場合、ドイツ語を学んだことのある日本人は何百万人もいるのではないか。大学に進む人の1割がドイツ語を学習するとしても、全人口の数パーセントはドイツ語をかじったことがあることになる。他方、ドイツで日本語を学んだことのある人などというのは、ごく一部の好事家と日本関係の仕事をする人を除き、ほぼいない。ドイツの思想家について知っている日本人はさらに多い。カント、ヘーゲル、ニーチェ、ハイデッガーなどの名前を知っている人は多いだろう。翻って、ドイツ人は、「日本に思想があるの?ハラキリか。日本に思想家がいるの?ニンジャか?」という程度の日本理解だろう。実際、西洋の思想のような思想が日本に存在するのか、思想家と呼べる者が日本にいるのか、疑問である。音楽ともなれば更である。ドイツとの比較でもこれだけの開きがある。フランスやイギリスと比較するなら、彼我の格差は絶望的なものになる。

結局、日本は西洋(白人キリスト教諸国民)にはかなわないのだ。日本人は西洋人には勝ち目がない。このことは100年後も変わっていないと思う。(日本国、日本国民が今のような形で続いている限り。大幅な混血や言語改造=英語公用語化の実現があれば事情が変わるかもしれない)。このことをよく認識しなければいけないと思う。

ちなみに、欧米では今でも、子供が日本語を学びたいと言うと親が激しく反対することが少なくないらしい。日本語学習者=nerdというイメージもあるらしいが、伝統的な野蛮イメージもあるのだろう。ハラキリされたら困るとか。イスラムを学びたいと子供が言い出した時に似た困惑があるようだ。日本で言えば、ホッテントット語を学びたいとか、パプアのペニスケースをつけたいと言うようなものだろうか。

「ひろゆきが牧師を論破」動画を見て

ひろゆきが牧師を論破するという動画を見た。牧師の話がまるで子供だましでネタかと思うが、同じような話は他のキリスト教徒からも聞いたことがある。聞き覚えのある子供だましだった。

キリスト教徒は、あるいは牧師は、非キリスト教徒はみな刹那の享楽で生きていて普遍的なものへの憧れを知らないと信じているようだ。

この説法は、おそらく、白人が非白人の「野蛮人」に布教する時に使ったものだろう。白人としては、土人どもは子供のようなものだと思ったから、子供だましのたわごとを使うのが良いと思ったのだろうが、土人はやさしいので、馬鹿馬鹿しいと思いながらも、白人にあわせて馬鹿のふりをして感心して見せていたのかもしれない。

とにかくその手法を、白人は日本土人にも使ったのだが、日本土人はホンモノのバカなので、キリスト教に改宗して半分白人になったような気分になり、白人とまったく同じセリフを他の日本人に使うようになった。(民青同盟員のようなものである)。

また、牧師が「真理」を連発していたのもカルトめいていた。彼の布教するのは「信仰」ではないのか?そんなに真理なら「信じる」必要はない。

日本人がいくらバカでもキリスト教が日本に広まらない理由もここにある。キリスト教徒日本人はもっとバカだからである。

日本人キリスト教徒学者がイスラムを中傷している対談を読んだことがある。イスラムが説く天国が「程度が低い」から、イスラムも程度が低いという。程度が低いのはこのキリスト教徒の方だ。俺はイスラムの説く天国は素晴らしいし逝きたいと思っているが、(毎日処女に戻る美女に囲まれて暮らすことに何の不満があるのか?)、このキリスト教徒は仏教の説く「待機説法」というのを勉強したほうが良い。イスラムが成立した頃のアラビアの人々の民度がどんなものだったか、ということだ。

日本人キリスト教徒は、独善的であるだけでなく頭の程度が低すぎるので、日本人が宣教している限り、今後も日本にキリスト教が広まるということはないだろう。

Youtubeコメントです March 25, 2017 at 03:10PM

【Youtubeのある在日外国人の動画に私がしたコメントです】

ここはレーネさんの動画のコメント欄なので、視聴者の論争は慎みたいと思いますが、この動画のテーマは、世界で台頭する排外的な民族主義・ナショナリズムについてです。

私は日本に於いても危険な自慰的愛国主義が強まっていることを危惧しており、今は日本人が「謙虚」になることが大事だと思っているのです。

日本人は明治以来、強い白人コンプレックスを抱いてきました。(日本の近代文学を注意深く読めば、戦前戦後を通じて日本人が恥ずかしいほどの「白人コンプレックス」を持っていることがわかります)。

近代日本人は、白人に追いつきたい、白人のようになりたい、白人と同じ(悪い)ことがしたいと頑張ったのですが、白人には相手にされず、中国人には馬鹿にされ嫌われて、白人と同じことはやらせてもらえず、逆ギレして無謀な戦争に突入し、破綻しました。「大東亜戦争」「白人支配からのアジアの解放」などと後付の屁理屈をつけていましたが、劣等感の反動で暴走したに過ぎません。

「白人たちがやっている悪いことを自分たちもしたい」「白人に代わってアジアを支配したい」というだけのことでした。要するに、タイの売春バーで、日本人がカッコイイ白人の兄ちゃんと女を取り合ったが、女はみんな白人が大好きで、相手にしてもらえなかったので、逆ギレして暴れだした、という構図です。

しかし、仮に白人が悪いことをやっていたからといって、日本人も同じことをして良いということにはなりません。例えばタイで、白人ツーリストが売春バーに入り浸っているからといって、日本人も買春して良いわけではない。白人が幼い少女を連れ歩いているからといって、日本人が児童買春をして良いわけではない。

悪いことは誰がやっていようと悪いことなのです。

日本人は「俺にも悪いことをさせろ」と言って世界を敵に回して乱行を働き、一度破滅したのです。アメリカの慈悲で救ってもらい、国の滅亡は免れましたが、失敗の教訓に学ぶことは絶対に必要です。だから、「謙虚」にならなければいけないのです。

それに、「格」の違いということも厳然としてあると思います。人類文明は地中海周辺(メソポタミアを含む)で生まれ、欧州に広がりました。印欧語系の言葉を話す西アジア発祥の強力な種族がその担い手になりました。文明的にも遺伝的にも、所謂「白人」は日本人などよりはるかに強力で優秀であることを認めなければならないと思います。

https://youtu.be/-E-kx0ds1zo

マレーシア入管通過後、タイ入管前で引き返す。マレーシアに戻る。パダンブサール

パダンブサール(padang besar)の国境でマレーシアの出国スタンプを押した後、タイイミグレまで行ったが、汽車で来たときとは随分様子が違っていた。鉄道駅での手続きはスムーズだったが。

普通のイミグレ窓口はほとんど誰も通していない。ただ座っているだけ。マレーシア国民しか通さないのかもしれない。

その代わり一人ずつ別室に呼び、長々とチェックをしている。俺の前に待っていた若い女のグループはラオス人だと言っていた。役人の態度はタイならではのネッチョリとした感じ。

待っているうちに薄汚い中年白人カップルが来てすぐ後ろにべったり迫ってきた。お前そこどいて俺たちを先にしろ、と言わんばかり。

イヤーな感じがした。役人どもの態度もネットリしているし、白人がいるタイ入管に良い印象がない。

10年前、ラノン(タイ南部のミャンマー国境)の入管では、白人ツーリストの長い列を待ってたどり着くと、アライバルカードのMale(性別)の欄にチェックがしてないとタイイミグレ役人に難癖をつけられてカードを突き返され、再び白人の長い列の最後尾に並ばされた。信じられないようなことだが、これがタイ役人、タイで権力を持つ者がよくやる鬱憤ばらしである。本当は白人にウンザリしているのかもしれないが、白人には頭が上がらないので、「有色人種のくせに」白人のように旅行する日本人など、自分たちよりは格上国民だが白人様よりは格下の有色人種外国人に対してことさら嫌がらせをして鬱憤を晴らすのだ。

それと同じようなことが起きそうな予感がした。人生は短いので、嫌なことは努めて避けるべきである。金を払って嫌な思いをする必要はない。

マレーシアに戻ることにした。パダンブサールの陸路国境は、タイのイミグレとマレーシアのイミグレとの間が徒歩5分ぐらい離れている。入管窓口の若いマレー人女性役人に「事情」を話す。なんと話すべきか迷ったが、とにかくタイ人が嫌なのでマレーシアに戻りたいというと、ちょっと笑ってキャンセルできると言い、オフィスに行くように言ってくれた。別室でも事情を聞かれた。タイに入国拒否されたのか、と聞かれたが、とんでもない。オレが嫌なんだとハッキリ言い、タイの悪口を並べ立てると、すぐに納得して出国をキャンセルしてくれた。パソコンに打ち込んで出国スタンプの上にボールペンで線を引くだけ。すぐ終わった。