Tag Archives: 歯医者

歯の治療が終わった

歯医者が虫歯を作ってる

歯の本―歯医者に行く前に読む決定版

睡眠中に起きるわけのわからない発作(「てんかん」のようでもあるがてんかん専門医によると「てんかん」ではないという)でどこかにぶつけて抜けてしまった前歯のブリッジの治療がようやく終わった。歯が抜けると本治療までに2ヶ月待たなければならないそうだ。感じの悪い歯医者だった。もう行きたくない。

保険の差し歯は変色するし割れることもあるというので、高かったがポーセレンでやった。

歯医者はみんなそうだが、言葉の端々に、頭の悪さ、絶望的な教養のなさが滲み出る。

勉強のできるやつで歯医者になろうと思う者はいないし、できないやつでも同じ金を出すなら医者を目指すだろう。親の跡継ぎというのでなければ、よっぽどのボンクラで志も低く金儲けだけが目的の人間。

http://daigakujuken-plus.com/nyuushi-hensati-ranking/siritu/shigaku.html

歯なんてものは命にかかわるものでもなく、どうでもいいものだが、口は顔の目立つ所についていて表情にも関係する。歯の外観には審美的な問題がどうしてもついて回る。

本当ならどんどん抜いてしまって総入れ歯にするか全部金属でやるのが経済的なのだが、若いうちから入れ歯をしているなんてみっともないとか、やっぱり審美的な問題がつきまとうので、無理をしてもカネをかけることになる。しかし命にはかかわるものではないので保険はあまりきかない。

男ならまだいいが、女の子で歯の弱い人は深刻だろう。白い前歯を入れるために借金し、風俗で働く人も決して少なくはないのではないかと思う。

最近のニュースによれば、貧困層の子供は歯が悪いという調査があるそうだ。私は特別貧困な家庭に育ったというわけではないが、生まれつきの体質で歯が弱かったので、子供の頃から虫歯だらけだった。爪も割れやすい。そのうえ両親が田舎者で(自分たちは子供のころから田舎の健康な食事をしていて歯は健康なので)子供の歯にはまったく関心がなかった。いまの親のように子供にちょっと虫歯を見つけるとすぐに歯医者に連れて行くなんてことはまったくなかった。

そういうこともあって、私は奥歯など健康な歯は皆無だ。しかしそれでも特に不自由しているわけではない。十分に咀嚼できる。リンゴの丸かじりなどする時代ではないので、前歯などはますます「必要がない」。前歯はもっぱら審美的な理由でついているだけと言っても過言ではない。

流動食でも十分に栄養は取れる。歯医者にいじられてかみ合わせがどんどん変になっていくことの方が問題だと思う。金属の健康への影響も(都市伝説かもしれないが)なんとなく心配である。

ニュージーランドに留学していた人から聞いた話では、ニュージーランドではクラウンとか差し歯とかはまったくやらないそうで、ちょっと悪くなるとどんどん抜いてしまうそうである。そのほうがよほど健全かもしれない。

歯がないのは特に格好の悪いことではない、入れ歯は若くても良いものだ、という意識改革をしたほうが良いと思う。あれこれいじりまわずより、歯髄まで達したような虫歯は全部抜いてプラスチックの入れ歯にしたほうが安上がりだし、噛み合わせも自在で、健康にも良いだろう。

しかしそういうふうになっていかないのは、歯科医師業界の利権を守るためである。

インスタント 美容 入れ歯 上歯 日本語簡易説明書付 (free size (Medium))

入れ歯の文化史―最古の「人工臓器」 (文春新書)

江戸の入れ歯師たち ─木床義歯の物語─

インプラント治療なんて、見るからに体に悪そうだ。たかが歯のために、抜いてしまえば健康になる歯の偽物を作るために、審美性だけのために、骨にまで達する危険な外科治療を、低偏差値の歯医者がするとは、常軌を逸したことではないだろうか。

歯医者の言いなりになるな! 正しい歯科治療とインプラントの危険性 (角川oneテーマ21)

今度の旅行にはアロンアルファーを持っていく。差し歯がもし外れたら(詰め物が取れることはよくある)現地の歯医者にかからず、自分で消毒してアロンアルファーでつけようと思う。以前、タイの歯医者にかかって、噛み合わせを無茶苦茶にされたことがある。

ボンド アロンアルフア ゼリー状 4g #30523

「忘れられる権利」日本でも

http://www3.nhk.or.jp/news/business_tokushu/2014_1112.html

日本には忘れられる権利以前に、ネット上に書く権利が事実上なくなっている。そのほうが問題。痴漢冤罪の実名は永久に残るだろうが、歯医者のクチコミなどを検索して出てくるのは出鱈目ばかり。書こうとすると、「ネガティブなクチコミは利用者を不安にするので書かないでください」などと臆面もない注意書きが出る。もちろんあえて書いても表示されない。しかし読むだけの人にはそれがわからないから、良いクチコミばかりだと真に受けてしまう。Google+のクチコミも勇気がいるだろう。Googleにあらかじめプライバシーを明け渡した状態で、利用すれば利用するほど公開されるプライバシーが蓄積されていく。Googleに理不尽なアカウント削除を受けるリスクもある。(Gmailも使えなくなりから利用すれば利用するほどアカウント停止のダメージも大きくなる。悔しかったら自前のサーバーを用意しろなどという言い草は、一部の特権者以外はネットなど使う権利はないと言っているに等しい)。身元が抑えられているから、相手が金持ちならスラップ訴訟を起こされるかもしれない。それに堪えられる資金力と時間と自由な社会的地位がなければ、本当のことは書けない。日本ではそういう抑止的な効果が特に強く働いていて、ネットで役に立つ具体的な情報を手に入れるのは難しいことに注意すべき。痴漢冤罪被害者の名前は残るが、悪徳歯医者の情報は検索で知ることはできない。

「歯医者を告発する掲示板」を作りました。

歯医者を告発する掲示板
http://haisha.bbs.fc2.com/

「Yahooヘルスケア」などに特定歯科への苦情を投稿しようとすると、「ネガティブ情報は受け付けません」というキチガイじみた表示が出てくるので、掲示板を作りました。

『Yahoo!ヘルスケアでは、「ポジティブ」なクチコミのみを扱います。』

これじゃ何も書けないじゃないか。
http://medical.yahoo.co.jp/

この歯医者は、患者の意見を聞かずに勝手に治療方針を決め、患者が納得の行く説明を求めようとすると、「わあわあ言うなら他へ行け」と平然と言う歯医者です。文句言うなら前歯に仮歯入れてやらないよ、とも言ってたな。

愛想が良いのは受付のお姉さんだけ。

と書こうとしたのに。

歯科医の倫理水準

まず治療方針を勝手に決めてくる。

納得の行く説明を求めようとしてちょっと質問すると(例えばインプラントは出来ないのかとか)、

「わあわあ言うなら他へ行け」

と平然と言い放ち、開き直る。

インフォームドコンセントなんて観念は欠片もない。

これが日本のおおかたの歯科医の水準だ。

仕事は鍛冶屋細工。ポーセレンのメタルボンド一本8万円なり。安いよ安いよ!

歯科医療などというものは、医療ではないとはっきりさせたほうが良い。手先が器用ならだれでも出来る仕事。出ている大学は、バカでもチョンでも入れる松本歯科大学とか、朝日大学とかだ。