Tag Archives: 日本

Most racist country in Asiaトップ10 

Most racist country in Asia
トップ10

http://ift.tt/2lGoQIO

日本は11位で、なんとタイは17位。
要するに白人にとっては、白人が好き勝手できるかどうか、白人が最優先されるかどうかで「人種差別国家」かどうかが決まる。
欧米人が作るratingは皆同じ。

https://youtu.be/R4qzetLVdV0

March 7, 2017 at 02:54PM

本土でも同行をやめればよい。本土にもっと米軍基地を誘致し、米兵に好き放題やらせれば、とりあえず沖縄差別はなくなる。

snsなどで沖縄人の発言を見てきた限りでは、沖縄の人は米軍を憎んではいない。アメリカは好きだが大和んちゅが気にいらないというのが、沖縄人の本音である。沖縄人は、アメリカよりも中国よりも、どこの外国よりも、ヤマトを毛嫌いし「蔑視」もしている。ツイッターで沖縄人のアカウントを見ていけば、大部分がそういう感情を持っているのがわかると思う。

近隣諸民族から憎まれると同時に蔑視もされる、というのが日本の宿命のようだ。

米兵の外出、本土では防衛局職員が同行 なぜ沖縄と違う?

http://ift.tt/2mvRzQ1

日本文化と挨拶、日本語廃止の必要性。Telegramからの投稿です。 February 19, 2017 at 09:05PM

日本人は、モノを買ったり、お金を払ってサービスを受ける時、無言で挨拶をしないことが多い。売る側に立つとくどく丁寧な「感謝の言葉」を並べることが多いが、買う時はたいてい無言である。無言が良いと思っているようにも見える。

私は、今、海外で、モノを買う時、たいていThank youという。現在、タイのコンビニ等で、店員がムスっと無言でも、とりあえずThank youは言っておく。但し、必ず英語で言う。ネパールでもマレーシアでもそうしていた。

私も以前は無言のことが多かった。今、Thank youと言うとき心理的に手本にしているのは、マレーシア華人の知人の態度である。モノを買う時、サービスを受ける時、相手に関係なく(日ごろから嫌っていることを隠さないマレー人であっても勿論)、必ず手際良くThank youとつけている。それだけのことで、実際はドライで合理的で厳しい性格のその人が、柔らかく見え、品位を感じさせるようになる。もしもいつも言うThank youがなかったら、随分違う人間に見えるだろうと思う。

これも英語の力だと思う。英語の優れたところである。Thank youという言葉がなかったら、同じ状況で同じ意味のことは言えないと思う。Thank youという言葉があるから、可能になっている良い行いである。

日本人が日本語で「ありがとう」などと言っても、これと同じ意味を持たすことはできない。「ありがとう」といえば、ちょっとボス面して目下の者を見下すような気持ちを表すことになるだろう。「ありがとうございます」「ありがとうございました」と言えば、卑屈にへりくだって目上の人に仕える気持ちになる。つまり、日本語にはThank youに当たる言葉がない。

このことは、日本文化に、対等な立場で他者に感謝の気持ちを伝える、という要素が欠けていることを示している。他者との関係は、お互いの立場を知って初めて可能になり、しかも「対等な立場」というものは原理的に存在しない、と考えるのが日本文化の習慣である。立場の上下関係がわかって初めて人との関係が可能になる。

また、日本文化には、無条件の感謝というものが、そもそも存在しない。感謝の表現も、見返りを求めるものであり、または受益の代償である。だから、金を払う客は感謝を表現する必要がなく、買う人が感謝を伝えるのは不自然だと考えるのだ。

感謝に限らず、無条件に「与える」ということが、日本文化には存在していない。与えるときには見返りを期待するのが当然、というのが日本文化である。感謝の言葉も、見返りなしには発せられない。だから、金を払っている者がそれ以上に感謝の言葉を口にすれば、「恩着せがましい」「何か下心があるに違いない」と受け取られることになる。それが予想できるので、ますます無言になるのだろう。

日本語は日本文化と切り離すことのできないものだから、日本語を使っている以上、人と対等な人間関係を築くことはできないと思う。個人が尊重されるまっとうな市民社会を作るためには、日本語廃止が必要な所以である。

勿論、英語を話しても、心を入れ替えなければ何も変わらず、今度はその英語のほうが毒されてしまうだろう。日本人が日本文化を打ち壊し、乗り越え、「日本人でないもの」に進化しなければ、まっとうな社会、即ち一人ひとりの人間が尊重される社会は作れない。日本語廃止は、日本文化克服のための必要条件であるが、それだけでは十分ではない。

底意地の悪さ

ツイート転載

「底意地の悪さ」というのが日本の基底にある文化。古層かもしれない。日本の国柄であることは確か。日本文化は弱い者イジメが大好き。いじめられる者も基本的にはイジメ肯定思想の中で生きている。だから自殺する。https://twitter.com/Kuantanlog/status/759938875728855041
沖縄も日本だと思うことがある。「底意地の悪さ」を感じる時。米軍基地反対を叫ぶ本土人に対し、快適な所にいて無責任なことを言っていないで「本土が引き取れ」と主張する沖縄人が少なくない。理にかなっているとは言えるが、米軍基地がなくなることよりも、本土人が苦しむことが気持ち良いのだ。https://twitter.com/Kuantanlog/status/759946306773135361

野党側の敗戦後の泥仕合・内ゲバが醜い。やっぱり日本人という感じ。というか選挙中から宇都宮事務所には脅迫電話や嫌がらせメールが殺到していたらしい。降りたにもかかわらず、積極的に「心から」同調しないという理由だろう。「心バエ」が気に入らないから虐め殺そうということ。まさに日本でしょ。https://twitter.com/Kuantanlog/status/759960337395228672

こういう恥ずかしいヤツ

これが日本人だ。

日本人の卑小さとはこういうこと。この発想。この感覚。この心の狭さ。

「少なくとも」中国人より「上の」扱いを受けて、満足し、喜んでいる。

少なくとも中国人よりかは扱いよかった。最初中国人と思われ、日本人だと分かった時の相手の印象が明らかに変わる。

@Kelangdbn これは自虐すぎだろ。トルコはなんか優しくしてくれたし、たいていの国では、少なくとも中国人よりかは扱いよかった。最初中国人と思われ、日本人だと分かった時の相手の印象が明らかに変わる。

外国で中国人より優遇されたと喜ぶ「差別大好き」の日本人は、当然、たいていの国で、ルーマニアやブルガリアの白人より「下」の扱いを受ける。それには甘んじて、中国人よりは上だった、韓国人よりは上だった、と喜んでいるのが、卑しい日本人の実態だ。大部分の日本人の性根である。
日本人は、本質的に差別主義者なので、差別自体には少しも違和感を持たない。ただ、どう差別されるか、どう優遇されるか、だけに関心がある。しかも狭いアジアの近隣民族との比較にしか興味がない。

実際、日本人がルーマニアやブルガリアを旅行すると欧米人バックパッカーとの関係で、手ひどく差別されるそうだが、卑しい日本の黄猿にとっては中国人や韓国人との比較しか問題にならないようである。もともと、差別(=特別待遇)自体は大好きだからだ。

日本のドライバーのマナーは東南アジアよりずっと悪い

ゆったりとした田舎道を歩いている時、後ろから車が来た。別に道の真ん中を歩いていたわけではない。

俺の他に人は見当たらないし、車も走っていない。

俺を避けていこうとすれば、いくらでも避けられる道。道の端にピッタリ沿って歩いていたわけではないというだけ。実際、避けていったのだ。

ところが、ビービーとクラクションを鳴らす。

何が言いたいのか?

説教がしたいのか。

こういうことを日本では何度も経験している。

他人の内心に入り込んで自分たちのルールに従わせようという、日本人の腐った欲望。

腐敗臭プンプンたる、腐りきった「日本文化」の発露。

日本が歩行者優先だなんてのは勿論大ウソ。

日本は本当にイヤな国だ。日本人は女の腐ったような奴ばかり。

日本民族は最悪のメスブタ民族。臆病のくせに支配欲の肥大したメクラ畜群が日本人。早く滅亡するのが人類のためである。福島から出続けている殺人放射能は神の意思に違いない。

少なくともマレーシアには、こういう運転者はいない。結果に問題がなければ文句を言う必要がないからだ。信仰も文化も多様である。

なお、車は原発より危険な殺人装置である。自動車会社はトヨタもホンダも死の商人。運転者は人殺し予備軍。これらは事実。事実を直視すべきである。