Tag Archives: 日本人女性

白人が優れていることは認めなければならない

https://twitter.com/RepUruma/status/801662297181540352

「白人」というより「西ユーラシア人」というのが適切でしょうが、エジプト文明に始まり、地中海の文明、メソポタミア文明、ギリシャ、ローマ、ペルシャの文明、インド文明、イスラム文明など、人類の主要な文明を作ってきたのはみな「西ユーラシア人」です。黄河文明も漢民族の文明ではなかったと言われています。いわゆる「コーカソイド」つまり西ユーラシア人が作った文明です。クメール文字(タイ文字などの原形)もインド由来の文字で、もとをたどればローマ字と同じくフェニキア文字が源流です。だから、いわゆる白人は、日本人などよりは知的に優れており、高度な文明の歴史の担い手なのです。

このようなことをツイッターに書いたら、たちまち「白人至上主義」「人種差別主義者」などとレッテルを貼る人が出てきましたが、まったく違います。その程度の区別もつけられない人が多いから、日本人は知能が低いと言われるのです。

例えば、知的障害者は知能が低い、と言うのは事実の指摘であって「差別主義」ではありません。彼は知的障害者だ、というのも事実です。頭の良い人も悪い人も、教養のある人もない人も、さらに、道徳的に高い人も低い人も、人間としての価値・資格は同じであって、公の場所では出来る限り平等に扱われるべきであり、不当な差別扱いをしてはならない、というのが「平等」の理念です。

パブリックな場所で、人を日本人か白人かによって差別扱いしてはならないが、白人が日本人より優れているのは事実です。この2つの命題は互いに矛盾しません。特に男性に関しては白人が圧倒的に優れているので、日本人女性が白人男性と恋愛や結婚をしたいと願うのは自然なことであり、まったく「差別」ではありません。

これだけのことすら理解できず、強烈な白人コンプレックスを露わにし、白人男性と交際する日本人女性を執拗に非難し、自分は正しいことをしていると思い込んでいる日本人男性がいまだに少なくないようですが、ひとことで言えば「恥」です。それは「人種差別反対」とは無関係な動物的情念の表現であり、妬み嫉みに理屈をつけただけのものです。

白人は日本人より優れており、見た目も美しい。また、白人の言語も、概ね日本語より優れています。それにもかかわらず、法的にはもちろん、ホテルやレストランなどパブリックな場所では、白人も日本人も平等な扱いを受けるべきである。これが「人種差別反対」の意味です。

とにかく、日本女性が白人男性に惹かれるのは自然なことであり、「差別」ではありません。

日本人女子学生がインドで暴行され、男5人が逮捕される

海外メディアの3日付報道によると、インドでこの年末、日本人女子学生(23)が1ヶ月にわたり監禁され、性的暴行を受け続けていたとして、インド人男性5人が逮捕されるという事件が起きたという。

コルカタの警察側によると、彼らは1人でインドを訪れた日本人女性を狙った。2014年11月23日からの1ヶ月間に、この女性は少なくとも2ヶ所で暴行をうけたという。

コルカタ警察署の高級警官によると、容疑者5人の中の2人は兄弟だ。彼らはガイドを装ってこの女性に声をかけたという。彼女はコルカタに到着したばかりであり、外国人観光客に好まれているホテルに泊まっていた。

同氏によると、1人の容疑者は日本語がぺらぺらだった。彼らは「私たちはガイドだから、観光案内してあげるよ」と親切に近づいたそうだ。

via 日本人女子学生がインドで暴行され、男5人が逮捕される | 新華ニュース 中国ビジネス情報.

昔、10年位前にタイで出会った若い日本人女性は、自称「処女」だったけど、見るからに太ってて、ウソとは思えなかったが、「万一レイプされるとき」に備えてコンドーム持参して歩いていた。レイプされそうになったら「これつけて」と頼むつもりだと。

馬鹿じゃないのと思ったけど。

ほぼ見境なくレイプしようという体勢に入っている男が、そんなどうでもいいことを聞いてくれると思うのか。外国人旅行者をレイプする男は、相手が妊娠しようがしまいが関係ないので、問題は性病だが、「こいつ性病もちかもしれないからゴムつけて犯そう」とか強姦直前に考える男は、いるとしても日本人以外にはいないのではないか。

ザ・レイプ・オブ・南京―第二次世界大戦の忘れられたホロコースト

「ハーフの子を産みたい!」と外国人向けシェアハウスに群がる日本女子

外国人向けシェアハウスに住もうとする日本人女子の思惑は? – ライブドアニュース.

まあ、ありそうなことですね。
ここまでこの「目的」がはっきりしてるのは、アジアでも日本だけかもしれないですね。
タイ女の場合は、カネがまず第一だろうし。
サンドラ・ヘフェリンさんも、「白人ハーフの子供欲しさ」で白人と結婚する日本人母親が(かなり)存在することをネット上のエッセイで示唆してましたね。YoungGermanyなんとか、というサイトで。

ハーフが美人なんて妄想ですから! ! – 困った「純ジャパ」との闘いの日々 (中公新書ラクレ)

「日本人女性はいかがですか」

「日本人女性はいかがですか?」「日本人女性はお好きですか?」
私がまだテレビを見ていたころ、訪日する白人男性がテレビでよくそう聞かれていた。マイクを向けている方も女性アナウンサー。開口一番、最初の質問がそれだったりすることが多かった。そういう質問をせよと上から指示されていたのだろうか。いずれにしても、そういう質問をするのがふさわしいと考えられていたのだろう。視聴者もそれに関心があり、白人男性の方もその質問に乗ってきてくれると。アジア人女性と白人男性との現実的な関係を正直に表しているとも言える。今でもやっているのだろうか。

いまさら私たちは対等ですなどと言っても遅い。というか、白人男性とアジア人女性が対等だったことなどないし、今後100年もないだろう。

タイに長く住んでいたあるアメリカ白人は、白人ツーリストが連れているアジア人女性を「スーツケースのプラグのようなもの」と表現していた。詰物ということだろう。もちろん、彼はアメリカ人で、自分は正しいことをしているという考えなので、他の白人たちの場合はそうだという意味。

「外国人の彼氏がほしい人へ。恋人探しに海外へ行ってもうまくいきません。」

http://www.madameriri.com/2014/09/18/%e5%a4%96%e5%9b%bd%e4%ba%ba%e3%81%ae%e5%bd%bc%e6%b0%8f%e3%81%8c%e3%81%bb%e3%81%97%e3%81%84%e4%ba%ba%e3%81%b8%e3%80%82%e6%81%8b%e4%ba%ba%e6%8e%a2%e3%81%97%e3%81%ab%e6%b5%b7%e5%a4%96%e3%81%b8%e8%a1%8c/

 「日本人の彼女が欲しくて日本に来ました」という外国人男性がいたとします。あなたはこの男性を魅力的だと思いますか?おそらくほとんどの人がそうとは思わないはずです。

 「恋人探しに海外へ行く」というのはまさにこういうことです。大した目的や目標もなく、何となく語学学校に通うバカンスの延長のような生活をするために海外へ来た人をあなたは素敵だと思いますか?若いうちはそれでも社会が許してくれますが、ある程度の年齢になると海外で生活するからにはそれなりのビジョンが必要になります。

 実際には海外で素敵な男性と出会って幸せな結婚生活を送っている人もいますが、こういう人は恋愛が海外生活の目的ではなかった人です。他に目標があって海外で努力しながら生活するなかで”たまたま出会った”わけで、恋人を見つけるために海外へ行った人ではありません。

 まずは、あなた自身が「あなたが出会いたいと思う人」になること。類は友を呼ぶと言いますが、あなた自身が魅力的なら、魅力ある男性が自然と近づいてくるはずです。

ありがちな一般論で、当たり前のようなことしか書かれていませんが、あえてこういうことが書かれることが興味深いです。この筆者はフランス人と結婚していてフランス在住6年だそうです。曖昧な期待を持って、いい加減な気持ちで恋人さがしに外国(この筆者の「外国」は「欧米」のこと)へ出かけていく日本人女性が多いのでしょう。フランスあたりでは目に余るのかもしれません。

ただ、外国人と言ってもいろんな国の人がいるし、恋愛観・結婚観も人それぞれなので、一概にはこのように断言できないと思います。

相手が半ばカネ目当てであってもかまわないと割り切る人がいても、必ずしも間違っているとは言えないし、だから良い恋愛や結婚ができないとも言い切れません。

例えば、途上国の人は先進国に渡航するのが難しいのですが、なんとか先進国に行けるようになりたい(そしてそこで働く機会を得たい)という動機から、先進国の女性と結婚したがる途上国の男性はたくさんいます。そういう男性が結婚相手にふさわしくないとも言い切れません。人それぞれです。

ネパール人の場合を考えればわかりやすいですが、ネパール国籍の人はなかなか日本には来られないので、ネパール人男性との結婚を望む日本人女性は、まずネパールへ行くべきです。日本女性と結婚したがるネパール人男性は、多かれ少なかれ、日本女性との関係に「豊かさ」や「チャンス」を見て魅力を感じているわけですが、それが絶対に悪いこととも言えないし、必ず失敗に繋がる条件だとも言えません。相手の本音がそこにあってもそのネパール人と結婚したいという日本人女性がいても良いし、現にいるでしょう。日本人は嫌だ、という人もいるし、自分もネパールに住めるようになりたいと思う人もいます。日本人同士の恋愛や結婚でも、相手の肩書や経済力やさまざまな外的なレッテルが動機になっていることが多いので、下心という意味では同じです。また、日本女性と結婚できないためにフィリピン人女性と結婚する日本人男性も多いですが、女性に側の主たる動機は上記と同じでしょうが、良い結婚ができないとは断言できません。