Tag Archives: 奴隷

April 21, 2017 at 07:22PM

白人が優れていることは認めなければならない。ここで白人というのは、必ずしも西洋人に限らず、西ユーラシア人という意味。正統性からいえば、北ヨーロッパの扁平な顔をした白人よりは、イランあたりの白人、彼らの自称であるアーリア人が一番だろうが、あまり血統をうるさくいう必要はない。西ユーラシア人の優秀性である。

これをいうと、必ず感情的に反発する人がいるが、遺伝子的に殆ど変わらないチンパンジーと人間との差くらいのhereditaryな越えられない優劣が、白人と我々の間にはある。遺伝子的にほとんど違わなくても、人間とチンパンジーを区別しないのは外道なのである。

西ユーラシア人が、我々が今人間らしく生きられている思想的な枠組みを作ってくれた。個人の尊厳、自由と平等、友愛と言った理想は、西ユーラシア人なしで人間界に定着することはなかったし、これからもないと思う。黄色人種は、原理原則に基づいて生きるということができないからだ。

黄色人種は、白人に劣っている。白人に奉仕して生きるのが正しい。

こういうと、反発する、つまり、それが本当なら生きる価値がないと絶望してしまう日本人が多い。だから、日本人は弱いのだ。ヒンドゥの被差別カーストの人々を見習うと良い。彼らは自分たちが永久に下位にあることは自他共に認めつつ、自暴自棄になって自殺するようなことはせず、しっかり生きている。彼らの実生活は、日本人が想像するよりずっと過酷である。不可触賤民と言われながら、なぜかレイプはされるし、抵抗することもできないことが多いらしい。ダリット(抑圧された者という意味)の娘に処女はいないと言われる。ヒンドゥでは、少女は清いと考えられるからだろうか。社会的な奴隷である。それでも彼らは生きる。

日本人も彼らを見習い、アメリカにどんなに蹂躙されても黙々と従い、生きていくのが良いだろう。