Tag Archives: 外国人

8月6日に

​原爆を落とされた被害者だということは、天皇をはじめとして(天皇が被害者のわけがないが)しつこいくらい言われてきた。しかし、日本が調子が良かった頃から(心にゆとりがあった頃から)日本人の加害の歴史については殆ど語られず学校でも教わらなかった。今「そんなハズはない」となる原因。

日共はよほど与党になりたいんだろうね。沖縄へも行かず、民進党は批判せず、鳥越を担いだことへの当然あるべき内部批判は封殺。蓮舫でも尻馬に乗るのか。民進党の存在意義はないが、日共の存在意義もやはりまったくない。

日本人は理性も何もない愚民なので、憲法なんかちょっとでも手を付けたらどこまででも行くよ。憲法知識も全くないので憲法廃止まで突進するだろう。日本人はどっちみち自滅するしかない民族。賢い人は愚衆を変える虚しい努力はやめて自分が日本人でない者になる努力をすべき。

理性のない日本人を矯正してくれるのは外力しかない。その意味で米軍が駐屯していてくれることが最後の歯止め。少なくとも彼らはキリスト教徒。沖縄の基地を内地で引き取って主要都市に置くのが歯止めとして有効。沖縄に日本人への歯止めとしての米軍基地は要らない。

ネトウヨが「外国人と日本人が同等な権利なんてありえない」と書いていたが、これが間違い。人権は普遍的なものだから権利は平等が基本。権利を制限する(国籍による差別をつける)方がその合理性を立証しなければならない。「日本は日本人だけでない」は至言。これを明言できない自称進歩派は偽物。

「日本は日本人だけのものではない」は至言。このことを明言できない自称リベラル・自称人権派・自称進歩派はすべてニセモノ。@Kuantanlog

https://twitter.com/Kuantanlog/status/761722870137360385

「日本(自国)の文化を語れることが外国人の尊敬を得るために一番重要」というのは本当か?

よく言われる、「外国文化や外国語を勉強するよりも日本(自国)のことを学び、語れるようになりなさい。それが外国人の尊敬を得るために一番重要なことです」という話は、本当でしょうか。

私は疑問です。勿論、日本のことに特に興味がある外国人に対する場合にはその通りかもしれません。しかし、一般論としてそういうことが言えるのかどうか。

例えば、あなたが日本でパーティーを開き、いろいろな外国人を招待して歓談していたとします。今なら、中東は今後どうなるのだろうとか、ヨーロッパは変わってしまうのだろうか、ロシアはどこまでやるのか、アメリカ大統領選挙は、というような話題が、誰もが食いつける一般的な話題でしょう。ところが、客の中に、タイから来た学生が一人いて、タイの文化や歴史、プミポン国王の得の高さというような話ばかり持ち出してくる、イスラム教の話になると、タイ南部のムスリムがいかに悪党で怠惰で無教養な連中かを語り、しかし我々タイ人は彼らにも寛容なのだ、などと自慢をするとしたら、一座の人はどう思うでしょうか。白けるでしょう。途上国の無教養な学生だな、と思われて終わりです。しかし、世界に受け入れられている「微笑みの国」(実態は全く逆ですが)、「仏教国」「小乗仏教」「国王が尊敬されている」という枠組を逸れない範囲で、他の客の予想をしていることを上手に喋れば、気の利いた若者と思われるだろうと思います。

日本について語る場合も同じことです。まず、外国人に語るのだから外国語ができることが第一です。そして相手が日本に対して持っているイメージを追認してやることが有効です。集団で行動するとか、個人より全体を重視し、上下関係を重んじるとか、アニメの文化が優れているがそれとともに児童ポルノが野放しにされているという憂うべき事態がある、とか言えば、欧米人は満足してくれるはずです。さらに、日本人が視覚的な技芸に秀でているのは、日本語が読み書きを中心として発達した言語であるからだろう、などという、相手の予期していない情報もすこし付け加えておけば、知的な人と見られるかもしれません。しかし、基本的には、相手が持っている先入観の大枠を逸脱しないことが大事です。特に欧米人相手の会話では、この「基本枠」を壊すような発言は禁物です。無作法な野蛮人と見做され、以後完全に無視されるようになり、場合によってはすぐに出ていくように言われるでしょう。

だから、外国人に好かれるために日本について語れるようになるということは、対象外国人が日本をどう見たがっているかをよく知るということにほかなりません。それができても、愛されるというレベルであって、尊敬されるというレベルではありません。

外国人の尊敬を得るためには、ギリシャ、ラテンの古典に通じていることが有効だと言われています。実際欧米の知識層にはギリシア語、ラテン語に通暁していて、古典を暗唱しているような人が少なくないようです。日本でも、私が大学に入ってマルクスと格闘していた時、東大法学部に入った人は翻訳ながらキケロを読んでいました。この差だといえます。自然な会話の流れの中で古典教養がにじみ出てくるようになれば、ちょっとした会話で尊敬を得るようになれるのだと思います。もちろん、知ったかぶりや通ぶりではダメです。

よく言われる「日本(自国)のことを学びなさい」は、外国語や外国文化の勉強を疎かにする口実でしかありません。大人になってから外国語を本当にマスターするには30年位かかると言われています。だから、そういう説教をする者自身、自分が怠ける口実を探している可能性が高いのです。しかし、いやしくも知識人を志すなら、30年の語学修行程度は乗り越えるべきでしょう。そこまでやって初めて、外国の文化も自国の文化も見えてくるのだと思います。

「日本語で話しかけているのに英語で答えてくるのは日本人の外人差別だ」と主張する外国人の真意と心理

結論から言えば、たとえ日本語で話しかけてきたとしても、そこが自分の家の庭先だったとしても、話しかけてきたのが外国人と分かる者であるなら、英語で応対すべきです。道を教えられる程度の英語は覚えられるはずなので、そのような事案は英語で処理すべきです。

欧米人が日本人に対して日本語を使うのは、自分が「高い地位」にいるという意識に基づくものです。高みに身をおきながら、「下の者」に合わせてやり、媚び、改めて自分の高い地位を確認するのです。

日本語で話してやっているのに英語で答えられるということは、この優越意識に楯突かれることであり、彼らにとっては不愉快です。この不愉快さを「日本人の外国人差別」にすり替えているのです。

あるいは、無意識に持っている「日本語で話しかける行為」の背後にある自らの優越意識や差別意識に気づかされることも、彼らにとっては不愉快です。それも「日本人の差別意識」にすり替え、投影します。

英語で話すということは、対等の立場に立つということです。日本人にそういう意思表示をされることが、この種の外国人にとっては不愉快なのです。

英語のネイティブだと言っても、必ずしも正しい文法や語法を使えているわけではなく、一種の英語コンプレックスを持っていることもありえます。

「外国人の彼氏がほしい人へ。恋人探しに海外へ行ってもうまくいきません。」

http://www.madameriri.com/2014/09/18/%e5%a4%96%e5%9b%bd%e4%ba%ba%e3%81%ae%e5%bd%bc%e6%b0%8f%e3%81%8c%e3%81%bb%e3%81%97%e3%81%84%e4%ba%ba%e3%81%b8%e3%80%82%e6%81%8b%e4%ba%ba%e6%8e%a2%e3%81%97%e3%81%ab%e6%b5%b7%e5%a4%96%e3%81%b8%e8%a1%8c/

 「日本人の彼女が欲しくて日本に来ました」という外国人男性がいたとします。あなたはこの男性を魅力的だと思いますか?おそらくほとんどの人がそうとは思わないはずです。

 「恋人探しに海外へ行く」というのはまさにこういうことです。大した目的や目標もなく、何となく語学学校に通うバカンスの延長のような生活をするために海外へ来た人をあなたは素敵だと思いますか?若いうちはそれでも社会が許してくれますが、ある程度の年齢になると海外で生活するからにはそれなりのビジョンが必要になります。

 実際には海外で素敵な男性と出会って幸せな結婚生活を送っている人もいますが、こういう人は恋愛が海外生活の目的ではなかった人です。他に目標があって海外で努力しながら生活するなかで”たまたま出会った”わけで、恋人を見つけるために海外へ行った人ではありません。

 まずは、あなた自身が「あなたが出会いたいと思う人」になること。類は友を呼ぶと言いますが、あなた自身が魅力的なら、魅力ある男性が自然と近づいてくるはずです。

ありがちな一般論で、当たり前のようなことしか書かれていませんが、あえてこういうことが書かれることが興味深いです。この筆者はフランス人と結婚していてフランス在住6年だそうです。曖昧な期待を持って、いい加減な気持ちで恋人さがしに外国(この筆者の「外国」は「欧米」のこと)へ出かけていく日本人女性が多いのでしょう。フランスあたりでは目に余るのかもしれません。

ただ、外国人と言ってもいろんな国の人がいるし、恋愛観・結婚観も人それぞれなので、一概にはこのように断言できないと思います。

相手が半ばカネ目当てであってもかまわないと割り切る人がいても、必ずしも間違っているとは言えないし、だから良い恋愛や結婚ができないとも言い切れません。

例えば、途上国の人は先進国に渡航するのが難しいのですが、なんとか先進国に行けるようになりたい(そしてそこで働く機会を得たい)という動機から、先進国の女性と結婚したがる途上国の男性はたくさんいます。そういう男性が結婚相手にふさわしくないとも言い切れません。人それぞれです。

ネパール人の場合を考えればわかりやすいですが、ネパール国籍の人はなかなか日本には来られないので、ネパール人男性との結婚を望む日本人女性は、まずネパールへ行くべきです。日本女性と結婚したがるネパール人男性は、多かれ少なかれ、日本女性との関係に「豊かさ」や「チャンス」を見て魅力を感じているわけですが、それが絶対に悪いこととも言えないし、必ず失敗に繋がる条件だとも言えません。相手の本音がそこにあってもそのネパール人と結婚したいという日本人女性がいても良いし、現にいるでしょう。日本人は嫌だ、という人もいるし、自分もネパールに住めるようになりたいと思う人もいます。日本人同士の恋愛や結婚でも、相手の肩書や経済力やさまざまな外的なレッテルが動機になっていることが多いので、下心という意味では同じです。また、日本女性と結婚できないためにフィリピン人女性と結婚する日本人男性も多いですが、女性に側の主たる動機は上記と同じでしょうが、良い結婚ができないとは断言できません。