Tag Archives: ブログ

ツイッターをやめてブログを書こう

ツイッターをやめてブログを書こう。

ブログというと一応整ったエッセイを書かなければならないようなイメージがあるが、そんな決まりはない。

確かに、欧米ではそういう傾向はあるらしい。素人が日記を書いても相手にされないので、ブログを書く以上、学問的内容があるか政治的な主張のあるエッセイが普通らしい。

しかし日本は出発点からして違う。ブログが流行り始めた2004年前後、雨後の筍のように生まれたブログの殆どは素人の日記ブログだった。ニフティあたりが文章の書ける芸能人を使って素人を煽っていた。当時、日本では、プロのインテリがインターネットに何かを書くということは殆どなかった。

そういうわけなので、日本ではそもそもブログもツイッターも匿名掲示板も本質的な違いはない。単に字数や制約が違うだけである。

ただ、ツイッターのような大衆SNSは運営者によって恣意的に閉鎖されることが多く、数年間の自分の軌跡が白紙にされるようなことが多い。長く使っているとその場所に依存しがちである。自分のツイッターをメモの代わりにして検索して使ったりするが、全部ゼロにされてしまうことも実際にある。

それにサイトというものは、なんであれとにかく情報量が多いのが、少ないのよりは強いと思う。ツイッターに垂れ流していたものを、ブログにぶち込んでいたら、それだけでブログの価値が上がっていた可能性がある。ブログのテーマが決まっている人や実名のリア充で公報に使っているような人は別だが、思いつきを書いてるような日記ブログならツイッターと変わらない。

ブログも閉鎖されることはあるが、会社を選べばSNSよりは恒久性がある。(Google Bloggerだけはやめたほうがよい。他のサービスのトラブルで、あるいはクラウドに非公開で上げたコンテンツが原因で、アカウントがbanされた場合、一瞬に全部終わりになる。Googleは個人の非公開コンテンツも検閲している。他の会社はGoogleほど居丈高ではないので、ブログ全体を閉鎖するような時は事前に警告があると思う。Googleでは、自分の幼い子供のチンコに出来た腫れ物をアンドロイドスマホで撮影しただけで、直ちにクラウドコンテンツの検閲に引っかかり、アカウントごとbanされて全て使えなくなったという実例もある。GooglePhotoかPicasaかに自動アプロードされ、「児童ポルノ」認定されたらしい。この被害者は後の交渉で回復できたようだが)

インターネット March 8, 2017 at 02:35AM

名前も顔も明かさず匿名で発信することは、やはり不健全なことなのかもしれない。インターネットが始まったころ(1997年頃)、その魅力は、何よりもこの匿名性と顔の見えない多数の聴衆の存在だった。実名顔出しの世界では公にできない本音を、不特定多数の閲覧する匿名掲示板にぶちまけるのは、エキサイティングな経験だった。その本音殴り書きの流れが、今のネトウヨに繋がっている。私も掲示板のノリを引きずったまま2005年頃にブログを始めて今に至っている。インターネットに何か書くときは、アングラな気分を引きずっていることを否定できない。その積み重ねが自分のアカウントになっているので、身元がバレるのが一番怖いのだとも言える。インターネット上で同一性を保ちたいのは、自分自身の趣味なり思想なりを表現していきたいからには違いないが、リアルな身元とは関連付けられたくない。良くも悪くも、SNSで表現を始めた人とは違う。身元を明かして表現するという前提なら、私も閉鎖的なSNSだけで表現していたと思う。現実には、匿名という前提で表現を積み重ね、インターネット上の人格を作ってきてしまった。ウソは書いていないつもりだが、紙の日記にしか書かないことは当然あるし、ネット上に形成されるのは「リアル」とは別人格だと言わなければならない。しかし同時に、私の場合、「リアル」が何も起こらない日常なので、ネットに書きすぎると、自分の人格がどこにあるのか自分でもわからなくなることがある。

ブログに「日記」を書くとSEO対策上良くないそうだ

いちばんやさしい新しいSEOの教本 人気講師が教える検索に強いサイトの作り方

あるブログにそんなことが書いてあった。それで、そのブログはなるべく日記とかどうでも良いネタや短い文章は書かないのだと。「SEO」という言葉は最近聞くようになった言葉だが、要するに、検索エンジンにかかりやすくするということらしい。インターネット上にあるサイトでもGoogleが完全に排除していしまっているものもあるとか。削除されたページの魚拓などは出てきにくいのだろうか。検索エンジンを事実上Googleが支配するという状況になって、SEO対策ということが重視されるようになったようである。もっとも、どれだけアクセスを稼いでも、アフィリエイトでまとまったお金(月1万円以上とか)を稼ぐのは至難の業なので、業者ならともかく、個人のブログにとっては実際はどうでもいいことである。大体、このブログのユニークアクセスが1日100件ぐらい。特にこのWordpress.comはアフィリエイト原則禁止で、テキストリンクだけが許されているようなので、月間のアフィリエイト収入は私の場合100円前後。アフィリエイトもアクセス数も、「気分の問題」にすぎない。

世界一やさしい アフィリエイトの教科書 1年生

ただ、私は長年、タイは「微笑みの国」などではなく「シカメッツラの国」であるということや、タイは人種差別主義・白人至上主義(白人崇拝主義)の激しい国で、有色人種でありながら「露骨に」有色人種を差別する人が多く、むしろそれが「制度化」されてさえいる(役人や銀行員さえ当然のような顔をして白人客を優先的に受け付ける)ということ、特にタイ国際航空(TG)の男性キャビンアテンダントの白人崇拝・有色人差別接客は、はたから見ていても露骨すぎて不愉快だ、ということをいろいろなブログに書いてきたが、そういう認識はインターネットの世界でもまったく広まらず、未だに「タイは親日国」「タイは微笑みの国」「白人植民地にならなかった素晴らしい国」と信じている人が多い。「タイ航空」でGoogle検索しても、私の文章は何ページもめくらないと出てこない。このことは残念である。

From Victim To Victor To Victim Again

He was the first African-American to become a member of the Rotary International Club in Thailand and the first African-American to have an audience with His Majesty, the King of Thailand.
My wife and I were not it Thailand very long before it became abundantly clear that the white man had transported the American brand of racism to this Southeast Asian countries in ways that were never documented or even known beyond those persons affected.

私は天皇を崇拝しないので、今ではどうでも良いことだが、「タイ国王戴冠60周年記念」行事の時に、今上天皇皇后がタイを訪れ参列した。私はその時タイに滞在していて、テレビで実況中継をずっと見ていたのだが、天皇皇后に対するタイ側の宮廷における扱いはひどいものだった。テレビは欧州小国の白人王族とタイ王族との歓談の様子などばかり流していて、日本の天皇に関する報道自体非常に少なかった。同じ時期にタイに滞在していてテレビを見ていた人ならわかっているはずである。日本の象徴があのように粗略に扱われたのだから、日本人なら怒っても当然なのだが、在タイ日本人やタイ愛好家は何の抗議の声も上げない。日本にこもっているタイヲタネトウヨに至っては「朝鮮人認定」してくる始末。

このブログを見ている人にだけでも、これらの事実はよく知ってもらいたいと思う。

もう3分の1(1GB)使っているので

エクスポートしてあったbloggerの過去ログ(文章のみ)をインポートできたからでもあるが、このブログも無料3GBの内すでに1G使ってしまっているので、今後また旅行して写真を上げたりすることを考えると、再度移転先を探さなければならないかもしれない。遠からずナマポかホームレスになろうとしているのにまさか有料プランをやる訳にはいかない。

日本のサービスはどうしても信用できないし、嫌らしいいちゃもんをつけてきそうなので、やはり日本語が読めない連中が運営している海外のサービスが良い。ただし、Google(Blogger)だけは嫌だ。

そういうわけで、昨日海外の無料ブログを探してみたが、日本にたくさんあるようなブログサービスは海外にはほとんどない、ということを発見した。安定したサービスを長く提供している無料ブログは少ない。突然(全面的に)サービス停止になったという苦情が出ているところも複数ある。ブログというふれこみでも、LivejournalのようなSNSに限りなく近いものが多い。ロシア人もよく使うLivejournalだが、コミュニティに参加していないと投稿すらできない。日本人は殆ど使っていないようなので、参加のしようがない感じである。また、外からの見え方、という発想がまったくないようで、公開はされているらしいが、非登録者にどう見えるかがわからない。というより、自分のページのURLがどうしても見つからない。

mail.ruやyandex.ruにもSNSはあるが、ブログはやっていないようである。

今のところ、海外の無料ブログで日本のブログに近いのは、このwordpress.com、blogger、blog.com、typepadぐらいではないだろうか。SNSはたくさんある。Tumblrはちょっとブログとはいい難いし、傾いている感じだ。

何をやっているというわけでもない匿名の個人が、不特定多数の読者を想定して、広い意味で文学的な雑記(日記といふもの)をなんとなく公開する、というのは、日本独特の文化なのかもしれない。だから、日本ではそのような日記ブログに適したブログサービスが多数運営されていて、採算もあっているのだろう。

日本のブログサービスで一つ選ぶとしたら、Fc2だろう。

はじめてのFC2ブログかんたん作成入門―Windows8/iPhone/Androidアプリ対応版 (BASIC MASTER SERIES)

どうせ匿名なので

オレには人格はない。
俺が巡回するブログの筆者たちはみな、偉い人ばかりだ。頭が異常に良い人、金持ち、実業家、学者、そんなのばかり。
最近ブログを書いている人は、大部分、ちゃんとしたバックグラウンドのある人で、事実上の実名が多い。
むかしは、どこの馬の骨ともわからない兄ちゃんや姉ちゃんが、どうでもいいような些事をだらだら書いてるブログが結構あった。そういうのは、淘汰されてしまったのか、やるほうが飽きてしまったのか、アフィリエイトが思うように儲からないからやめたのか、近頃は見なくなった。
オレはしかし、そういう無意味ブログを、やっていくつもりだ。オレを知っている人はいないのだし。
今日は曇っていて気分が良くない。
最近いろいろ破綻的なことがあり、もうどうにもならなくなっている。
パーソナルリマーク。
歯が折れた。
仕事。
これからホームレス。
やっぱり生活保護。
経済難民で亡命。
こんなことをどうどうと考えている毎日。
殺したい奴もいる。

コメント歓迎。Comments are welcome, but rudeness is deleted and rude people blocked.

英語がある程度読める人は(leave a replyの意味が分かる程度の人)はコメント歓迎です。

基本的に、投稿と同時に反映されるようになっています。だから、個人名やプライバシー住所等、ブログが潰される原因になりそうなコメントはしないでください。コメントにリンクが入っていると、WordPressの方の判断でスパム認定してmodeficationがかかること(即時反映されないこと)があるようです。

記事内容との多少の関連性のなさは容認します。今日では、昔は自由だったブログも勝手にかけないようになっていることが多いので、ちょっと反旗を翻してみようと思います。匿名掲示板も含めて、自由に書ける場所が減っていることが、日本のインターネットの問題だと思います。欧米崇拝論者は、実名投稿以外は価値がないと考えるようですが、日本は風土が違います。実名投稿などするほうが愚かです。十分な訴訟の資力を持っていない限り、自由な言論は出来ないというのが現状です。すべてのコメントについて開示以来はすべて公開する予定です。仮に裁判ざたになった場合も逐次公開していきます。

プライバシーの侵害、明らかな名誉毀損、信用毀損、侮辱、以外は削除しない方針でやっていきたいと思います。昔から私のブログをフォローしてくれている方も2,3人いるのではないでしょうか。反感を持ちながらフォローしている人もいるでしょう。それもよし。

ただし、一つだけ言っておきたいのは、私は朝鮮人ではない。朝鮮人認定が一番嫌いである。血の繋がった実の親にさえ「お前は朝鮮人みたいだ」と言われたことがある。その辺のところは理解してもらいたいと思います。非常に不愉快です。朝鮮人認定ほど稚拙なものはありません。そんなに朝鮮人がいるものですか。私は昔から、両親とも代々飛騨出身で、朝鮮人の血が交じる余地がありません。私の祖父など、農地改革前の田舎の大地主でしたが、見るからに白人、というかコーカソイドです。ところが、白人系にありがちなことですが、ブサイクな嫁さんを二代にわたって娶った結果、3代目にはなんとも醜くなったというわけです。ブサイクな嫁さん(私の祖母など)は金持ちの商家で、都会との血縁があったようですが、その辺から半島系が混じった可能性もあります。

まあ、どうでもいいことですが、私のブログを反感を持ちながらでも注目してくれている人は、何でもコメントを書いてみてくださるとありがたいです。ムカつくこともあると思いますが、できるだけ抑えて寛容に対処したいと思います。

NGは個人情報を晒すこと、ブログが削除になる原因になるような文章を書くことです。