Tag Archives: タメル

Telegram

喫茶店「ちくさ」は本当に感じが悪い。最悪だ。あの、おそらくチェトリの男。
乞食か犬にくれてやるように、釣り銭をほうる。
投げてよこすのではない。目の前のテーブルに放るのだ。
チェトリ最悪。
なぜそんな店に行くかと言うと、比較的コーヒーの味が良く、今のネパールでドリップコーヒーとしては最安の部類だから(ブラックコーヒー85ルピー)。ドリップコーヒーだと120ルピー前後が多く、ちくさより不味いことも多い。
#tweet

#カトマンドゥ #タメル #ジャータ の喫茶店 #ちくさ のこの男、本当に最悪だ。ネパール人水準でも最悪の部類。釣り銭を、手渡しできるにもかかわらず、必ず乞食にやるように投げて来る。必ず。俺には必ずだね。

http://ift.tt/2gWirVV

“タメルの喫茶店「ちくさ」を仕切っている男。俺なんかには最悪の接客態度。ナマステもハローもひと言もない。こっちが何か言っても、ことさら無視するか、嫌な顔をするか。注文も聞いたのかどうかわからない。俺が何を言っても完全無視。しかし、白人客が入ってくると一転して態度が変わり「ナマステー」。タイ人みたいなやつ。 #kathmandu #thamel”

カトマンドゥの喫茶店「ちくさ」

http://kuantan.tumblr.com/post/154932738773/カトマンドゥ-タメル-ジャータ-の喫茶店-ちくさ

#カトマンドゥ #タメル #ジャータ の喫茶店 #ちくさ の男。ネパール人の水準から言っても最悪なやつ。
必ず釣り銭を、目の前のテーブルに投げてよこす。まるで犬にでもくれてやる、という態度。こんなのは中国でも経験しない。
客を馬鹿に仕切った仕草。
ちょっとでも手が触れると穢れるとでも言うのか。チェトリか何かのようだが。

http://kuantan.tumblr.com/post/154932738773/%E3%82%AB%E3%83%88%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%A5-%E3%82%BF%E3%83%A1%E3%83%AB-%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%82%BF-%E3%81%AE%E5%96%AB%E8%8C%B6%E5%BA%97-%E3%81%A1%E3%81%8F%E3%81%95

タメル

​カジュアルなタメル。インド人の果物売は相変わらず。

大きなバナナを売っているのはインド人ばかりのようだ。もちろん倍ぐらいに吹きかける。というか値段が決まっているわけでもない。言い値だと日本とほぼ同じで品質(味)は落ちる。日本で売っているフィリピンバナナは安くて結構なものなのだ。アサンなどでネパール人が売っている小型バナナが良い。たぶん言い値がローカル価格。

タメルのOlivaカフェで

この毛唐カップルが入ってきた時は、仁王立ちで、客席に座っている俺を怖い目で睨みつけていた。満席の場合、白人は「お前どけ」とアジア人客に顎を使うことがあるが、満席ではなかった。店員がすぐに反応しなかったので、アジア人である俺を店員に違いないと思ったか、アジア人客が店員に取り次ぐべきとでも思ったか。
http://telegra.ph/oliva-cafe-thamel-11-27

「ニーハオ」と言われたら

タメルを歩いていて客引きにかけられる言葉は、たいてい「ニーハオ」。昔は「トモダチ、トモダチ」というのが多かったが、今はほとんど聞かない。以前「ニーハオ」と言われると、ムカっとしたりしていた。どうして腹を立てるのかだが、10年くらい前はタメルでも地元の高校生のような連中にチンチョンチャンで弄られることがあったのだ。今でも馬鹿にしたような様子でニーハオと声をかけるやつはいるが、さすがにチンチョンチャンは聞かなくなった。

個人的に、「ニーハオ」でムカついたのはなぜだろうかと思う。自分は中国人ではなく日本人なのだから日本人として扱われたい、というのは案外軽視されているが尊重すべき理由だろう。ただ、日本人であることは自分の属性の1つに過ぎない。中国人が嘲笑されているのを見聞きしたり、中国人として嘲笑されたりして、中国人扱いされたくないと思ったのも事実。しかし、やはり自分にも中国人を蔑視する気持ちがあり、そのせいで中国人扱いされたくないと感じるようになったのも大きいと思う。

ただ、最近はニーハオが気にならなくなってきた。今年の台湾旅行が転機だったかもしれない。台湾では自分も毎日ニーハオと挨拶していたし、されていたと思う。「中国人」という感じの人たちではなく、「普通の」日本と同じような国の自分と同じような人たちの間でごく普通に使っていた便利な挨拶の言葉が「ニーハオ」や「シェシェ」だった。

http://telegra.ph/newar-house-11-26

タメル沈没組で被災した連中の泣き言を聞いてみたいんですけど。

情報がないので結構心配してるんですよ。

朝からガンジャキメている人たち、子連れでマリファナパーティをやっていたDQNカップルたち。ガンジャに酔ってる最中にグラっと来るのもなかなかのものだったでしょうか。

不潔なカトマンドゥで水も電気も来ない状況で足止めされるのは、子連れジャンキーにとっては大変だったでしょうね。子供が病気にでもならなければ良いが、どこの病院も、日本人のガキの下痢や熱病を相手にしている余裕はないだろう。空港は援助物資を運ぶ飛行機で満杯で旅客便は機能してないようだし、陸路でインドに逃げるにも、カトマンドゥ発のバスが動いているか。もちろんカネに糸目をつけずに四駆を借り切るという手もあるだろうが、ただでさえ手間がかかるインド大使館がビザを出してくれるか。普通でも2週間ぐらいかかるので、陸路でインドに逃げたい人が震災直後に(インド大使館が機能していたとして)ビザを申請したとしてもまだ取れていないだろう。

私は震災の1か月以上前にインドビザを取っておいたので、カカルビッタからインドに出ることができる。オレの勘が良いのか、神様のお恵みか、ちょうど良い具合にカトマンドゥを離れ、インドビザも用意しておいた。

実際、今年のカトマンドゥの雰囲気は最悪だった。空気一つとっても福島原発至近より有害だろう。早く立ち去りたいという感じが強くした。アスベストやガラス質の粒子や、ジーゼルの真っ黒いガスのたっぷり入った濃厚な空気をしょっちゅう吸っているのと、有害性もはっきりしない放射性物質が微量含まれた空気を吸っているのと、どちらが危ないか冷静に考えてみたほうが良い。(中国や、黄砂の降る西日本、それに加えて火山灰の降る九州にも同じことが言える)。

カトマンドゥ在住の日本人たちも決して素晴らしいとは言えない人ばかりです。水は低い方に流れるので、「安くてちょっと不便で男漁りに最適な」カトマンドゥや、「ちょっと安くてわりと便利で女遊びのメッカ」タイ、などに流れていく人間にそう立派な者はいないものである。大使館員も、当然ながら、こんな国へ流されてくるのはろくでもない卑しい小役人ばかり。

今度の地震は、神様がちょっと箒がけをした、というところだろう。ネパールも最近調子づいているところがあった。

ネパールでは、80年周期でやや大きな地震が起きている。そして、前例からは、ネパールの地震の数か月後に、日本の関西地方で大きな地震が起きることが多いのだそうだ。「放射能」などの心配をするより関西地方に来るかもしれない地震の備えをしたほうが良い。

西日本は大陸から汚く危険な空気が入ってくるから(黄砂には砂漠での核実験の残留放射性物質がたっぷり含まれている)、どうしても「疎開」したい人は中部地方が良いと思う。とはいえ長野ではダメ。日本アルプスより西でなければ意味がない。静岡も放射能汚染は酷いそうである。ただ、それがどの程度平均人の健康に影響するかは、わからない。基本的には安全なレベルだが、放射能への感受性や免疫力には個人差が大きいので、すべての人が絶対に安全とは言えない、というところだろう。