Tag Archives: タイ人

マレーシア入管通過後、タイ入管前で引き返す。マレーシアに戻る。パダンブサール

パダンブサール(padang besar)の国境でマレーシアの出国スタンプを押した後、タイイミグレまで行ったが、汽車で来たときとは随分様子が違っていた。鉄道駅での手続きはスムーズだったが。

普通のイミグレ窓口はほとんど誰も通していない。ただ座っているだけ。マレーシア国民しか通さないのかもしれない。

その代わり一人ずつ別室に呼び、長々とチェックをしている。俺の前にい待っていたた若い女のグループはラオス人だと言っていた。役人の態度はタイならではのネッチョリとした感じ。

待っているうちに薄汚い中年白人カップルが来てすぐ後ろにべったり迫ってきた。お前そこどいて俺たちを先にしろ、と言わんばかり。

イヤーな感じがした。役人どもの態度もネットリしているし、白人がいるタイ入管に良い印象がない。

10年前、ラノン(タイ南部のミャンマー国境)の入管では、白人ツーリストの長い列を待ってたどり着くと、アライバルカードのMale(性別)の欄にチェックがしてないとタイイミグレ役人に難癖をつけられてカードを突き返され、再び白人の長い列の最後尾に並ばされた。信じられないようなことだが、これがタイ役人、タイで権力を持つ者がよくやる鬱憤ばらしである。本当は白人にウンザリしているのかもしれないが、白人には頭が上がらないので、「有色人種のくせに」白人のように旅行する日本人など、自分たちよりは格上国民だが白人様よりは格下の有色人種外国人に対してことさら嫌がらせをして鬱憤を晴らすのだ。

それと同じようなことが起きそうな予感がした。人生は短いので、嫌なことは努めて避けるべきである。金を払って嫌な思いをする必要はない。

マレーシアに戻ることにした。パダンブサールの陸路国境は、タイのイミグレとマレーシアのイミグレとの間が徒歩5分ぐらい離れている。入管窓口の若いマレー人女性役人に「事情」を話す。なんと話すべきか迷ったが、とにかくタイ人が嫌なのでマレーシアに戻りたいというと、ちょっと笑ってキャンセルできると言い、オフィスに行くように言ってくれた。別室でも事情を聞かれた。タイに入国拒否されたのか、と聞かれたが、とんでもない。オレが嫌なんだとハッキリ言い、タイの悪口を並べ立てると、すぐに納得して出国をキャンセルしてくれた。パソコンに打ち込んで出国スタンプの上にボールペンで線を引くだけ。すぐ終わった。

Instagram video March 03, 2017 at 02:25PM

http://ift.tt/2lAabtUhttp://ift.tt/2myXp3U 可愛い #ハーフ の女の子を連れた、日本人女のような顔立ちの #タイ人 女。父親らしい #白人 オヤジ2人とこの喫茶店に入ってきた。
白人によくあることだが、満席だったのに諦めようとしない。店員は、ここに座っていたタイ人客2人を追い出してこの白人たちを座らせた。
#アジア に来ている白人は、こういう接客を受けるのが当然だと思っているので、日本も、白人に好かれたいなら、「白人優先接客」に徹しないとダメ。
#タイ #ハジャイ #thailandhttps://www.instagram.com/p/BRKgbgZFLFj/

タイ人の侮日意識 February 22, 2017 at 02:00PM

タイ人の日本人をなめた態度は、やっぱり他の国であまり見ないものがある。

こちらを日本人だと判定すると、とたんに態度が変わり、ニヤニヤしながらことさらなおちょくりで突っ込んできたりするのが多い。基本的には「やっかみ」なのだろうが、ヘラヘラして地元民に媚びる日本人が多いのだろう。白人のように、原則をもって堂々と振る舞えば、どんなに地元に合わなくても尊敬されるのだが、日本人には原則もないし、態度は卑屈。

卑しい者はさらに卑しめられる、というのが、タイの大原則。アジア人のくせに、白人でもないのに、先進国民ヅラをしていて、しかも卑屈な態度で地元に媚び、オドオドしている日本人は、相当彼らの気に障るのだろう。馬鹿にしていじくり回してやりたいと思うだろうし、それ以上に、加害欲をかきたてられてもおかしくない。

タイヲタ Telegramからの投稿です。 February 16, 2017 at 05:14PM

tripadviserが、欧米人客の口コミを自動翻訳して表示するのは無意味。特にタイのホテルの場合。フレンドリーで、とか、白人が書いていても、日本人とは関係のない話。

ハジャイから、エアアジアでチェンマイかチェンライに飛んでみようか考えている。かつては飛行機に乗ること自体を白眼視する馬鹿パッカーが日本人には多かったが、今では列車などを乗りつでいくよりも飛行機のほうが安いくらいで、勿論速く、楽である。ハジャイからチェンライまで直行便で1500バーツ程度。タイ国鉄の2等寝台を乗り継いで二泊三日で行っても、運賃は同じくらいか、少し高いのではないか?
北部に行ってみたいと思うのは、タイ北部が魅力的だからでは決してない。単に、自分の若い頃の行動を、懐かしく感じるからに過ぎない。タイを訪れるのもおそらくこれが最後だから、昔よくうろついたチェンマイ、チェンライ、メーサイあたりを見納めに見ておきたいという気持ちはある。
しかし、若いうちからあんなところに行ってはダメである。バンコクもそうだが、いまだにタイには若い日本人旅行者を引きつけるものがあるらしい。もうたいして安くないし、人間がスレ切っているのは普通に見ればわかるはずだが、異国趣味と性欲からなのだろう。
日本では母親以外の女と口を利いたこともないブヨっと白いキモヲタでも、色が白くて少し金を持っているというだけで、タイではチヤホヤされることもあるので、「浸透力!半端なーい!」ということになってしまう者も多い。
さらに、英語コンプレックスがあり、シンガポールやマレーシアには行く勇気がないが、(何故か)タイなら行ける、という不思議な感覚の日本人も多い。タイ語ができるわけでもないのに、なぜかタイならハードルが低いと思うらしい。一種の差別意識だろう。そういうのに限って、英語もまったくできないのに、タイ語を熱心に勉強したりする。しかし、結局は、英語をちょっと話せるタイ人に、「英語力でも」馬鹿にされ、「日本人だから」と嘲笑されるのがオチである。
タイ人ほど日本人を馬鹿にし嘲笑する国民は、東南アジアの他の国にはないのだが、なぜかタイヲタウヨは、呪文のように「タイは親日国」を繰り返す。まったく不思議な心理である。要するに、見下しているからだろう。が、それ以上に見下されていることを知ったほうが良い。「日本人は頭が悪い」と思われていることは知るべきだ。タイを訪れる日本人の多くが、色々な意味で日本の底辺層に属する者だからということもあるが、「そう思いたいこと」をそう思い込めるのが、後進国民の特徴である。勿論、実際には、タイ人ほど平均的に知能の低い国民は少ない。

Telegramからの写真です。 February 15, 2017 at 02:16PM

ローカルレストランにWi-Fiがあった。Nasi Lemakが一応あったがタイ語しか通じない。大部分のタイ族はアルファベットさえ知らない。(ミャンマー人は皆英語が話せる)。
働いている醜いタイ女が不快。タイ語には丁寧語すら存在しない。投げやりに「マイミー!」と吐き出すのを聞くと汚らわしい感じがするので、聞こえないふりをする。手の振り方も汚らわしい。

ハジャイ
2017/02/15
12時07分

Telegramからの投稿です。 February 14, 2017 at 03:06PM

タイ人って本当に知能が低いね。改めて驚いた。性格が悪いとか愛想が悪いという以前に、絶望的に頭が悪い。タイ人のしかめっ面とか無愛想は、頭の悪さから来る防衛的な表現なんだろう。何も理解できず困ってしまう状況を乗り切るために、攻撃的な態度に出る。本当に理解できず、頭を動かすエネルギーも出ないから、攻撃の表現で相手を突き放して逃げるしかない、という感じなのだろう。本当に頭が悪い。信じられないほどの頭の悪さ。それがタイ人およびタイ文化の秘密なのだろう。う荒れてこの方、モノを考えるという訓練をしたことがない。観察とか推測という教育も受けたことがない。固まった単純なパターンでしか生活したことがない。怠惰な上に頭が固く、「別の見方」を試してみるようなエネルギーが脳みそにない。そういう人が大部分を占める閉鎖的な社会がタイだといえる。日本もその傾向がないとは言えないが。

Telegramからの投稿です。 February 13, 2017 at 10:40PM

ハジャイに着いたが、やはりマレーシアと比べると格段に人間の感じが悪い。特に女。トゥドゥンをしたマレー人でも擦れきった感じのが多い。まだあのしかめっ面は見ていないが、よそ者(非白人の)を田舎者視し、馬鹿にしたような、人をなめきった態度は、宗教を超えたタイ王国の文化のようである。トゥドゥンをちゃんとしたムスリマのくせに売春婦のようにけばい化粧をしている者もいる。
売春婦と言えば、駅に降りてから近い所で安宿を探したのだが、中文旅社(Mandarin Hotel)とかいう安そうな旅社が目に入ったので入ってみた。ところが、聞くと、部屋はないという。見れば部屋はちゃんとある。小奇麗な部屋が並んでいて、大部分、空いているようだ。但し、その部屋の前に一人づつ色々な女が立っていた。出ようとするとすれ違った白い女が500バーツだと言って売り込んできた。つまり、旅社の体裁をしているが純粋な売春宿で、泊まるとしたら女と一泊料金で、というところだった。もちろん、旅社がすべてそういうところというわけではなく、普通の清潔な旅社もあった。

PadangBesarパダンブサールの国境を超えてハジャイ行きの列車に乗るまでにも、きったねえジャップを何人も見た。若いくせに馴れ馴れしく話しかけて食えうやつもいた。「意味わかりますか」とか関西弁で聞いてくる馬鹿。出入国手続きはあっち行ったりこっち行ったりわかりにくかったが、国境の役人はみんな英語で説明してくれるし、ハジャイに向かうマレーシア人客も多く、彼らに聞けばわかる。日本人はみんな自分並みに英語さえさっぱりわからないと思いこんでいる若造のようであった。タイへ行く日本人の一般的な水準なのだろう。タイの出入国カードに宿泊先を書いていなかったらしく、そのことでイミグレ役人に問い詰められているようだった。その関西弁の若造は、イミグレ窓口に「地球の歩き方」を差し出してバンコクの地図を見せ、カオサンの場所を役人に指し示していた。英字でカオサンとも書けなかったのだろうか。

白人旅行者で、ビザなし入国日数が多すぎるのか、「もう入れない。明日出国するように」とイミグレ役人に言い渡されている者もいた。つまり、この白人は、マレーシアに出たら、もうビザなしではタイに戻って来れないステイタスで、またタイに入国しようとしたらしい。

俺は、かなり沈没度(経験値)の高そうな老白人旅行者にも聞いてみたが、EUのパスポートを持っていて英語がほとんど話せない人だった。マレーシア人の方が頼りになった。

他にもこんな小汚いのがいたな。これはアロースターからPadang Besarへ向かう列車の中。

http://ift.tt/2lGe40U

こんなふうに歩く。タイへ行くような日本人の典型という感じがする。
Cloud: 20170213_142042.mp4

http://ift.tt/2kKvb42

ハジャイのドブネズミ

http://ift.tt/2lGpcuN