Tag Archives: キリスト教

「引き寄せの法則」再検討

「引き寄せの法則」再検討

私は過去のブログで「引き寄せの法則」ブームを批判したが、そのとき念頭にあったのは、ほぼ、「ポジティブ思考で全て解決」的な、粗雑な言論だった。つまり「現実はあなたの心の反映に過ぎないから、ポジティブな思考をしていればポジティブな現実が引き寄せられてくる」という説である。実際今でもこのレベルの子供だましな説を唱える人も決して少なくないが、この分野のYouTubeの動画を見ていると今はもっと洗練された、巧みな理論が主流になりつつあるようだ。

最新の「引き寄せの法則」説の要点は次のようなものである。

「引き寄せの法則」とは、あなたの現在の心の「あり方」が、同じような「あり方」を現実として引き寄せてしまうことである。例えば、仮にあなたが女日照りで、女が欲しいとする。そこであなたがいくら女をくださいと祈り女をイメージしても女は引き寄せられてこない。むしろ、女が欲しいという欲求の前提となっている「自分は女日照りだ」という現実をさらに引き寄せてしまう。だからあなたはずっと女日照りのままである。何かを欲しいと強く願うことは、それが「欠けている」、不足しているという自己イメージを強く肯定することであり、「自分にはそれが欠けているから欲している」という現実を、結果として引き寄せることになる。あなたは相変わらず不足を感じ、欲し続けるであろう。従って、ある現実を引き寄せたいなら、それがすでに得られているように振る舞うべきである。すでに得られているような心のあり方をすべきである。欲しいと思うものはすでに得られていると信じ、すでに得られているような心のあり方を保つことができれば、現実はおよそあなたの思いのままになるであろう。

なかなかハズレのない、スキのない理屈ではないか?

実際には、苦境にあって安楽を得られたような「心のあり方」を維持できる達人はほとんどいないから、ほとんどの人は足切りされ、この法則の妥当性の判断材料には入ってこない。なんのかんのと言いながらもともと結構勢いのある人だけが資料になるから、この法則はほぼハズレなく妥当することになる。

この精巧な思想は、聖書の言葉の解釈のようでもある。
曰く、
「持っている者はさらに与えられ、持たざる者は僅かに持っている物も奪われる」
「心に願う物はすでに与えられていると信じなさい」
など。
もっとあるかもしれない。

「引き寄せの法則」は、もちろん「スピリチュアル」であり、オカルトである。金持ちになるにはどうすれば良いかから入って、必ず「高い波動レベル」「ステージ」「宇宙の意志」と言うような話になっていく。「神」とはっきり言う者もいる。

「引き寄せの法則」の聖典らしい「ザ・シークレット」という本の内容が、YouTubeにも上がっているが、初っ端から過激である。

今の世界では、1パーセントの人が世界の全ての富の大半を所有しているが、それがまさに「引き寄せの法則」が働いている証拠である、という。

また、「引き寄せの法則」論者は言う。「正しい、とか、正しくない」ということを考えるべきではない。それはネガティブな心のあり方である。「ジャッジ」してはいけない。「人を裁くな」。

なるほど、そうかもしれない。イエス・キリストも「人を裁くな」と教えている。それに、上手に生きるには、正しいとか正しくないということにはこだわらないのが良い。

しかし、彼らは、神(のような存在)を認めながら、正義を顧みない「引き寄せの法則」の働きで、1パーセントの人間が人類の富を独占していることも、こだわりなく全肯定するのだ。神がそのような法則を裏書きしているということになる。

イエス・キリストが現在流行っている「引き寄せの法則」説を聞いたらどんな感想を漏らすか、聞いてみたい気がする。

…………..

「引き寄せの法則」再考 | Kuantanlog 

November 4, 2013

https://kuantan.me/2013/11/04/%e3%80%8c%e5%bc%95%e3%81%8d%e5%af%84%e3%81%9b%e3%81%ae%e6%b3%95%e5%89%87%e3%80%8d%e5%86%8d%e8%80%83/

牧師の説教とは随分違う

東方正教会司祭の説教より

http://ift.tt/2mDQkiW

牧師の説教とは随分違う。
以下一部引用。

>
神が存在するということ、神の子が処女の胎から人として生まれたこと、十字架による罪の赦し、ハリストスの復活、教会に溢れる聖神の恵み、ご聖体が主のお体や血であること、再臨と最後の審判、こんな途方もないことをさらりと「信じられる」と言えるとしたら、その人は嘘つきか病気、また宗教を「商売」にしている人です。そうでなく、「信じられないこと」を潔く認めた上で、それでも「信じる」ことを「不退転の決意」として決意し、そこに人生の一切を、生も死も、ゆだねきる、即ち「信じる者になる(イオアン20:27)」、これが信仰です。「ハリストスというお方を己の人生に迎え入れる、そうすれば俺は新しい自分によみがえることができる」、そう信じる生き方に躍り込む、そこから信仰は始まります。スイッチを入れるのです。

「ひろゆきが牧師を論破」動画を見て

ひろゆきが牧師を論破するという動画を見た。牧師の話がまるで子供だましでネタかと思うが、同じような話は他のキリスト教徒からも聞いたことがある。聞き覚えのある子供だましだった。

キリスト教徒は、あるいは牧師は、非キリスト教徒はみな刹那の享楽で生きていて普遍的なものへの憧れを知らないと信じているようだ。

この説法は、おそらく、白人が非白人の「野蛮人」に布教する時に使ったものだろう。白人としては、土人どもは子供のようなものだと思ったから、子供だましのたわごとを使うのが良いと思ったのだろうが、土人はやさしいので、馬鹿馬鹿しいと思いながらも、白人にあわせて馬鹿のふりをして感心して見せていたのかもしれない。

とにかくその手法を、白人は日本土人にも使ったのだが、日本土人はホンモノのバカなので、キリスト教に改宗して半分白人になったような気分になり、白人とまったく同じセリフを他の日本人に使うようになった。(民青同盟員のようなものである)。

また、牧師が「真理」を連発していたのもカルトめいていた。彼の布教するのは「信仰」ではないのか?そんなに真理なら「信じる」必要はない。

日本人がいくらバカでもキリスト教が日本に広まらない理由もここにある。キリスト教徒日本人はもっとバカだからである。

日本人キリスト教徒学者がイスラムを中傷している対談を読んだことがある。イスラムが説く天国が「程度が低い」から、イスラムも程度が低いという。程度が低いのはこのキリスト教徒の方だ。俺はイスラムの説く天国は素晴らしいし逝きたいと思っているが、(毎日処女に戻る美女に囲まれて暮らすことに何の不満があるのか?)、このキリスト教徒は仏教の説く「待機説法」というのを勉強したほうが良い。イスラムが成立した頃のアラビアの人々の民度がどんなものだったか、ということだ。

日本人キリスト教徒は、独善的であるだけでなく頭の程度が低すぎるので、日本人が宣教している限り、今後も日本にキリスト教が広まるということはないだろう。

キリスト教はお金を取る。イスラム教はお金をくれる。

イスラム―癒しの知恵 (集英社新書)

中東にもキリスト教徒は少なくないのですが、中流以上や富裕層が多く西洋的な教育を受ける機会がある人が多いのだという。それに対して、多数の貧困層はムスリムが多い。

どうしてそういうことになるのだろうか。

立派な信徒になるために「勉強」が必要という点では、イスラム教のほうが厳しいはずです。クルアーンはアラビア語原典以外は認められず、暗唱できなければならないし、ギリシャ哲学と結びついて発展したので神学理論も難解です。だから、立派なムスリムになることは貧困層には難しい。ただし、一応ムスリムになるだけなら、簡単な告白だけでムスリムと認めてもらえる。あとは、どういう共同体の仲間になるかだけでしょう。そして、イスラム共同体では、貧しい信徒には施しがなされることが多いようです。マレーシアのように、国家がマレー人(ムスリム)に限って生活保護を優先的に出す国もある。私もイランのマスジェデを見学していたとき、「お金に困っているフィリピン人」と間違えられてもう少しで施しを受けるところでした。

これに対して、キリスト教は信徒からカネを巻き上げるのに熱心な宗教です。昔々、東京に住んでいたころ、福音派の教会に出入りしたことがありましたが、パンフレット等を見ると献金の要請がやたら目立つ。お布施が信仰の証であり、信仰を行為で示すことであるかのような書きぶりで、日本語の文章としてはしつこいくらいお布施を要求していました。(私は信徒にならなかったので一円も出しませんでしたが)。

キリスト教も「異邦人」向けのカルトとして成立した宗教なので、本来間口は広いはずです。知識よりも「信仰」が重視されるらしい。信徒になりやすい点ではイスラム教と変わらない。ただし、キリスト教はカネにがめついところが違う。信徒はお金をせびられる。イスラム教の場合はすごい金持ちが献金して、貧乏人にはお金をばらまくようだ。その結果、中流や普通の金持ちはキリスト教に傾き、貧乏な人がイスラム教に行く(または残る)ようになっているのではないか。

ただ、キリスト教もイスラム教も、仏教も、基本的に「新興宗教」であり、信仰とか信心だけで仲間に入れてくれる宗教という点では同じです。世界全体から見れば「信仰」があれば受け入れてくれるという宗教のほうが少なく、血が繋がっていなければダメという宗教のほうが(宗教の数としては)多いと思います。

「ウサギのように」多産な必要はない 【ローマ法王がフィリピン人信徒に対し】

バチカン近現代史 (中公新書)

教皇フランシスコ

ローマ法王―二千年二六五代の系譜 (中公文庫)

英語報道によれば、Christians do not need to breed like rabbits.というような表現を使ったらしい。breedとか、like rabbitsというのは、人間に対して使うのに適切な表現なのだろうか。

避妊を禁じておきながら、産むなというのもかなり無理がある。要するに、セックスを忌避せよということだろう。新約聖書のパウロの思想を発展させたものと言える。(パウロは「結婚もしないほうが良いが、悪いことをしてしまうよりはマシなので、我慢できない人は結婚して性欲を処理しなさい」と教えているので、結婚したら自由にセックスをしても良いということになる。ローマ教皇の主張は結局、結婚してもそうケモノみたいにセックスするな、ということを意味することになる)。

フィリピンのカトリック信者たちは、ローマ教皇に「うさぎ」に譬えられて何の不満も感じないのか?

ローマAFP=時事】ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王は19日、良いカトリック教徒であるために「ウサギのように」産み続ける必要はないと語り、信者らに責任ある家族計画を求めた。(写真はフィリピン・マニラでミサを行うフランシスコ法王)

世界のカトリック教徒12億人を率いる法王は、訪問先のフィリピンから帰国する機内で記者団に対し、人工的な避妊を禁じるカトリック教会の教えを擁護する一方で、必ずしも信者らに「次から次へと子どもを産み続ける」ことを求めているのではないと語った。

via 時事ドットコム:「ウサギのように」多産な必要はない、ローマ法王が信者に訴え.

イエズス会の世界戦略 (講談社選書メチエ)

教会領長崎 イエズス会と日本 (講談社選書メチエ)

新・先住民族の「近代史」: 植民地主義と新自由主義の起源を問う

ローマ教皇とナチス (文春新書)

【教会で英会話】英会話が上達する「心構え」から「アプリの使い方」まで【海外在住の日本人が専門家に訊く!】

http://dmm-news.com/article/910496/

「外人の集まる教会へ行って英会話の練習をしましょう」というのは今や公然の秘密になってるようです。

キリスト教会側も当然、それを利用している。日本人の英語コンプレックス、「英会話」の強迫観念がキリスト教布教の手段になっている。「白人との国際交流」の下心も。

日本人キリスト教徒のキモ率が高いのも自然です。

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)

”ラプチャー(携挙)のプロパガンダは、こうして仕掛けられた | カレイドスコープ”

このブログはユダヤ陰謀論臭いですが、それはいいとして、
確かに「携挙」という言葉を使う連中はカルトだと見て間違いないでしょう。
危ない福音派を見分けるメルクマールになるかもしれません。

ラプチャー(Rapture=空中携挙)とは、ひとことで言えば、「キリストが空中にやってきて、信仰の深いキリスト教徒を生きたまま召し上げて、世界のガラポン=艱難から“救助”する」という考え方です。

携挙には、「艱難前携挙」、「艱難携挙」、「艱難後携挙」と、さまざまな説があります。

また、キリストの再臨についても、二度再臨説などもあります。

特に、プロテスタントの多くの人たちが待ち焦がれているのが、「艱難前携挙」です。

艱難前携挙とは、

「世界に襲い来る患難の時代の前に、キリストが空中に来られて忠実なキリスト教徒を生きながらに空中に引き上げそのまま天国に連れて行く。

その後、地上には最終戦争が起こり、殺毅と荒廃が地を覆う、そして地上の人間が死に絶える寸前になってキリストが聖徒と共に地上に再臨し、世界の軍隊を滅ぽし平和をもたらすというもの」

というもので、クリスチャンの“選民思想”をうかがわせる一面も持っているのでしょうか。

via ラプチャー(携挙)のプロパガンダは、こうして仕掛けられた | カレイドスコープ.

しるしと不思議と携挙 Neglecting Signs and Wonders is Neglecting The Rapture

すべてのクリスチャンが、キリストの弟子として、霊的な目が開かれて、現実に御国を拡大していく信仰の勇士として、前進する力を与えてくれるのが、本書、『しるしと不思議と携挙』です。携挙という、主イエスにお会いする最高の時を待ち望む姿勢が、マタイ25章でたとえられている、油を用意していた賢い娘になることであり、聖霊の力によって、しるしと不思議の働きを行い、地上最後の神の偉大な働きに入っていくことであることを教えられます。 (ジャパン・リバイバル・ミニストリーズ代表 多摩福音センター牧師 綾部裕子師の訳者あとがきより抜粋)