Tag Archives: カトマンドゥ

Telegram

喫茶店「ちくさ」は本当に感じが悪い。最悪だ。あの、おそらくチェトリの男。
乞食か犬にくれてやるように、釣り銭をほうる。
投げてよこすのではない。目の前のテーブルに放るのだ。
チェトリ最悪。
なぜそんな店に行くかと言うと、比較的コーヒーの味が良く、今のネパールでドリップコーヒーとしては最安の部類だから(ブラックコーヒー85ルピー)。ドリップコーヒーだと120ルピー前後が多く、ちくさより不味いことも多い。
#tweet

#カトマンドゥ #タメル #ジャータ の喫茶店 #ちくさ のこの男、本当に最悪だ。ネパール人水準でも最悪の部類。釣り銭を、手渡しできるにもかかわらず、必ず乞食にやるように投げて来る。必ず。俺には必ずだね。

http://ift.tt/2gWirVV

“タメルの喫茶店「ちくさ」を仕切っている男。俺なんかには最悪の接客態度。ナマステもハローもひと言もない。こっちが何か言っても、ことさら無視するか、嫌な顔をするか。注文も聞いたのかどうかわからない。俺が何を言っても完全無視。しかし、白人客が入ってくると一転して態度が変わり「ナマステー」。タイ人みたいなやつ。 #kathmandu #thamel”

カトマンドゥの喫茶店「ちくさ」

http://kuantan.tumblr.com/post/154932738773/カトマンドゥ-タメル-ジャータ-の喫茶店-ちくさ

#カトマンドゥ #タメル #ジャータ の喫茶店 #ちくさ の男。ネパール人の水準から言っても最悪なやつ。
必ず釣り銭を、目の前のテーブルに投げてよこす。まるで犬にでもくれてやる、という態度。こんなのは中国でも経験しない。
客を馬鹿に仕切った仕草。
ちょっとでも手が触れると穢れるとでも言うのか。チェトリか何かのようだが。

http://kuantan.tumblr.com/post/154932738773/%E3%82%AB%E3%83%88%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%A5-%E3%82%BF%E3%83%A1%E3%83%AB-%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%82%BF-%E3%81%AE%E5%96%AB%E8%8C%B6%E5%BA%97-%E3%81%A1%E3%81%8F%E3%81%95

タメル

​カジュアルなタメル。インド人の果物売は相変わらず。

大きなバナナを売っているのはインド人ばかりのようだ。もちろん倍ぐらいに吹きかける。というか値段が決まっているわけでもない。言い値だと日本とほぼ同じで品質(味)は落ちる。日本で売っているフィリピンバナナは安くて結構なものなのだ。アサンなどでネパール人が売っている小型バナナが良い。たぶん言い値がローカル価格。

チェトラパティ

チョータラには誰も座らくなった。以前は男どもが座り込んでだらだらしていた。もともとそういうところ。菩提樹の下で休む場所。

http://telegra.ph/chhetrapati-11-28

タメルのOlivaカフェで

この毛唐カップルが入ってきた時は、仁王立ちで、客席に座っている俺を怖い目で睨みつけていた。満席の場合、白人は「お前どけ」とアジア人客に顎を使うことがあるが、満席ではなかった。店員がすぐに反応しなかったので、アジア人である俺を店員に違いないと思ったか、アジア人客が店員に取り次ぐべきとでも思ったか。
http://telegra.ph/oliva-cafe-thamel-11-27

アパートのWiFiが使えなかった

先日WiFiが壊れて家主のネワール、スデープが修理したが、6階の日本土人女の事実上専用のルーターは新品を入れ、4階3階共用のルーターは前よりも悪くしてしまった。

せっついて直すように言っていたところ、今日はWiFiパスワードが変わっている。

これはどういうことなのか。やはりスデープの言うように、外からハックされているのか。

今朝はネットがまったく使えなかった。

掃除女はすっかり入れないことにした

ひとこと多い。説教をくどくどと垂れる。支配したがる。嫌らしいニヤケ顔が不快。掃除中部屋をでなければならない。毎朝9じから憂鬱になる。

家主はネワールで、だらしない男だが、言い訳や屁理屈はネパール人の割には少ない方。アーリア系(バウン、チェトリ)のように耐え難くなることは少ない。

ところがこの掃除女はチェトリか何かのように見える。掃除というと被差別カーストと思いがちだが、都会のビルの掃除などはそういうことはもうあまり関係がないのかもしれない。ただ、役所の事業である公道の清掃作業についているのは被差別カーストの人たちかもしれない。

とにかくひとこと多い。優位に立ちたがる。態度がでかい。自分を意識させようとする。しゃべくりで人を嫌な気持ちにさせたことが「勝利」だと思っているフシがある。これらは典型的なアーリア系カーストの特徴。30歳くらいだと思うがすっかり化物化したババアである。

ところが、このババアと6階に住んでいるキレイゴト滞在の日本女とがずいぶん仲が良いようなのだ。日本女はネパール語が得意なようで、よくこの掃除女と長話をしている。日本人にありがちなことだが、この場での立場の違いをわきまえずに下手に出て「甘え」を見せるようなことをすると、賎しい者から軽く見られ軽蔑されることになる。一般に海外で賤しい立場のものに甘く見られて得られるものは何もない。軽蔑だけである。下の者に心を許してはならない。表面以上に「フレンドリー」になってはいけないのだ。フレンドリーな挨拶は、「区別」をハッキリ示すための作法である。