Category Archives: YouTube

ネトウヨが組織的に「埋め尽くし」をするYouTube

いまさらな話ですが、ネトウヨは、個人ではなく、個人レベルの流行ではなく、組織された運動だということがよくわかりました。

民進党の「山尾しおり」という人の話題があったので、ちょっと関心を持ち、活動を見たいと思って「山尾しおり」でYouTubeを検索したのですが、検索結果は完全にネトウヨ製で埋め尽くされていた。検索結果に出てくるのは、ほぼすべて「山尾しおり」を中傷するフレーズの入った動画ばかり。

インターネットの検索では、いくら組織的に動いても検索結果を支配することは難しいが、YouTubeのように対象の限られた狭い世界では可能。YouTubeの検索は、ネトウヨが絡むようなネタでは使い物にならないことがよくわかる。

YouTubeは、検索にもrecommendationsにも、「ネトウヨフィルター」を開発し設置すべき。ネトウヨは、ヘイトクライムを勧奨する勢力であるから、18歳未満の子供はネトウヨ動画を見られなくすることも必要。

ロシア人二人ではじめて小田原に来ました!海の美しさに感動!♡ Прогулка по Одавара, море, замок – YouTube

ロシア人の「海」へのあこがれが伝わってくる。

ロシア人二人ではじめて小田原に来ました!海の美しさに感動!♡ Прогулка по Одавара, море, замок – YouTube.

Googleの大ウソ Google 利用規約 – ポリシーと規約 – Google

Google 利用規約 – ポリシーと規約 – Google.

Google は、ユーザーが自身のデータを所有し、そのデータにユーザーが常にアクセスできるようにすることが重要であると考えています。Google が本サービスを中断する場合、合理的に可能なときには、Google はユーザーに対して、合理的な事前の通知を行い、ユーザーが本サービスから情報を取得する機会を提供します。

これはまったくの嘘だ。
こういうことはまったく行われない。
突然のアカウント無効化。
朝起きてみたら何も使えなくなっている。
おそらくPicasaをGoogle+に統合しただけで、YouTubeを含むすべてのサービスにアクセスできなくなり、ローカルに保存していないすべてのコンテンツを失う。

別のメールを使って異議を述べても次のようなメールが繰り返し送られてくるだけだ。

От кого: accounts-support@google.com
Кому: kuantan2007@mail.ru

いつも Google をご利用いただきありがとうございます。

Google アカウントにアクセスできない問題をご報告いただきありがとうございました。

お客様のアカウントは Google の利用規約に違反したため無効となっていることを確認いたしました。再びアカウントに再びアクセスできるようにすることはできかねます。Google のポリシーおよび、アカウントへのアクセスの制限またはアカウントの無効化を招く違反行為の種類について詳しくは、ユーザーのコンテンツや行動に関するポリシーと Gmail プログラム ポリシーをご覧ください。

よろしくお願いいたします。

Google アカウント チーム

山村の生活【閲覧注意】

以前YouTubeにこの作業の動画をアプロードしていたら、Googleから英語の説教のメールが来て制限公開にされた。YouTubeはグロをひけらかすところじゃないとかなんとか。どうせ一方的に制限するのに、説教までたれやがる。Google Adsenseもそうだった。一方的に無効にした上で、説教をたれ、「悔い改め」させようとする。私がgoogle.co.my(マレーシア)を使っていたからかもしれないが、英語で高飛車なメールを送ってきた。結局、その動画を上げたGoogleアカウントは一方的に突然削除され、メモリーもなくしていたので、その動画を含め思い出深い多数の写真や動画を永久に失ってしまった。山羊の首を落とすという仕事が、山村のチェトリ(上位カースト)の日常的な仕事であること、頚椎の骨の隙間に合わせれば山刀で簡単にきれいに首を落とせることがよくわかる動画だった。

2009年2月26日。バサンタプルで。

IMGP8036

IMGP8034

IMGP8028

IMGP8020

IMGP8021

IMGP8022

IMGP8023

IMGP8024

IMGP8025


世界屠畜紀行 THE WORLD’S SLAUGHTERHOUSE TOUR (角川文庫)

Googleの「セキュリティ」

Googleは、自分のところが最も高度なセキュリティ水準を持っているようなことを言っていますが、Google社員は個人のアカウントの内部を覗き放題らしいです。

Googleアカウントを無効にされたという体験談は検索するとたくさん出てきますが、なかには「違法な性的コンテンツが含まれているため」という理由でアカウントを無効にされた人がいます。(私の場合は単に「規約違反」という理由でした)。その人は、アンドロイド端末からGoogle+へ自動アプロード設定にしていて、そのスマホで自分の子供の裸写真をとってしまったそうです。
http://blog.tappli.com/article/69534410.html
ところが、しばらくしたらそのアカウントが(何の連絡もなく)復元されていたというのですが、

ちなみに息子のちんちんが写った写真はインスタントアップロード上にはありませんでした。
Googleが消したのか、それともアップロードされたという事自体、自分の勘違いだったのか…。
はっきりとは覚えていませんが、アップロードされてしまった気はするのでGoogleが消したのだと思います。http://blog.tappli.com/article/70311479.html

だそうで、Googleさんがわざわざマズイ写真を選んで消してくれたそうです。Google社員がアカウントの中をじっくり覗いて調べている可能性が高いでしょう。アンドロイドで写真が自動アプロードされる場合は、非公開領域にアプロードされるのがデフォルトです。システムが機械的に決定しているとすれば、自分の子供かどうか、とか、「いやらしい気持ち」があるかどうか、というような状況は無視されるはずです。

私は長い間(すでに何年も前から)GoogleのPicasaの非公開アルバムの中に、ネットで拾ってきたかなり過激な(たとえば今はなきロシアの2ch.ruに投稿されていたような)画像を少々秘匿していましたが(「いやらしい気持ち」からではなく、あくまで物珍しさと収集癖からです)、そのことでGoogleから警告を受けたことはありませんでした。ところが、確かに、アカウントを削除される直前に、PicasaのフォトアルバムをGoogle+に連携させたのです。連携というのかどうかわかりませんが(仕組みがよく理解できていないので)、統合させるようなことをしてしまいました。これが原因かもしれないとも思います。その直後に念のため過激な画像はすべて削除したのですが遅かったのかもしれません。Google+は、特別に厳格な体制で、非公開コンテンツを含めて利用者の行動を監視しているのではないかと思います。

もうひとつ考えられる原因は、アカウントを削除される直前に、YouTubeとGoogle+の連携を解除させるような試みをしたことです(解除できたように思います)。Google+のプロフィールにYouTubeチャンネルのリンクが出るのが嫌だったからです。Picasaの場合と逆のことをしたことになりますが、写真はGoogle+のプロフィール上では非公開にできますが、YouTubeチャンネルへのリンクは隠せない設定になっていました。いまやYouTubeはGoogle内部で特別な地位にあるようです。GmailはGoogle+を設定しなくても利用できますが、YouTubeを能動的に利用するためにはGoogle+のプロフィールを作って連携させることが絶対条件になっています。

追記
ロシアの「2ちゃんねる」は今もあるようですが、以前とは趣が変わりほぼ健全な掲示板になっているようです。
Тире.ч — Свободное общение

Bloggerは優秀

環境の悪いところでも、Googleの他の製品よりもTwitterよりも素早く開く。管理画面もブログ記事も。

他社ブログに比べても早いと思う。少なくともニフティ・ココログ、ライブドア、Gooよりは素早く表示される。

Bloggerは、Googleに買収されて間もない頃は、性能は悪かったが独自に問い合わせができた。「投稿したのに表示されてません」とか苦情を書いて送ると、いちいち「こっちからは見えてますよ」みたいに答えてくれた。今のような自動保存はなかったので、書いてる途中にネット屋がダウンしたりどこか触ったりページをリロードしてしまったりすると全て消えてしまったが・・・。日本のニフティなどは今でも自動保存はないだろう。


Beginning Google Blogger

Googleに買収されてしばらくしたら、コンタクト窓口もなくなり、問題があってもどこにいえばいいのかわからない。Googleのコミュニティなど書き込んでも誰も反応しないので意味が無い。コンタクトは一方的にGoogleの方からのみ、「突然削除」か「恫喝」だけだろう。

Bloggerでは経験がないが、Adsenseでは「停止した上に恫喝」の経験がある。Fc2ブログに付けたAdSenseで、ブログ記事が気に入らないというGoogleからの英語恫喝メール。しかも「停止するぞ」ではなく、「もう停止した」と言いながら恫喝し「言うこと聞かないともっとやるぞ」というような内容。

それでAdSenseのアカウントを削除しようとしたが簡単に削除できない。これまで色々なところに貼ったアドセンスのリンクをすべて削除しなければアカウントも削除できませんなどと出る。むちゃくちゃだ。Google AdSenseだけは手を出さないほうが良い。(身元も押さえられるので、この体質ではプライバシー情報をどう乱用されるかもわからない)。

YouTubeも一方的な処分をした上で説教を垂れる。専権的に処分したのならその後に「説教」を垂れる必要はないのだが、AdSemseもYouTubeも日本人を見下しているのだろう。白人特有の嗜虐趣味がひしひしと伝わってくる文章。欧米人客に対していきなりあのような恫喝・説教はないだろう。