Category Archives: 買春

白人のいる風景 【 犯罪】 東南アジア 某所にて 2007年4月26日撮影 [crime] White Sex Tourists in S.E.Asia

【犯罪】 東南アジア某所にて 2007年4月26日撮影 [crime] White Sex Tourists in S.E.Asia

コメントのしようがない。.

これでもまだ「東南アジアで児童買春しているのはほとんど日本人」などと言い続けるつもりだろうか。それは自虐というよりむしろ「うぬぼれ」といったほうがいいくらいである。

imgp3244.jpg

imgp3245.jpg

いま東南アジアでこんなことをしている日本人はまずいないだろう。もちろん最近急に白人がこういうことをやり始めたのでないのは言うまでもない。

白昼堂々とこのざまである。この刺青したごろつきたちは「孤児と遊ぶボランティア」だとでもいうのだろうか。

東南アジアの児童買春は今なお非常に深刻である。かつて日本人などアジア系セックスツーリストが児童を買っていた「置屋」での児童買春の取り締りがすすみ、「子供を買っているのが白人ばかり」という状態になったことによって事態は却って深刻になっている、とさえいえるだろう。白人がやる悪事は有色人種の悪事と違い、マスメディアにさらされ強く批判されることが少ないからである。

被写体の「ココログ掲載」許可あり。

ウソだと思うなら本人たちに聞いてみればいい。

くだらない難癖つけてこないように。

つくづく思うのは、もしもこの海兵隊野郎がモンゴロイド系か黒人で、手を引かれて連れて行かれていく少女が白人だったとしたら、世の中どんな大騒ぎになっていたことだろうかということ。想像してみて。場所はヨーロッパの最貧国でもいい。

もしそのような現実があるとしたら世界中の白人メディアが殺到するだろうが、その前にただちに権力が動くだろうから(もしその国の権力が動かないときはアメリカのゲバルトが)、そのような現実がおびただしく展開するということはほとんど考えられない。

しかし、こういう(肌色逆の)写真一枚が流出したとしたらどんな大騒ぎになるか。そういう写真一枚で白人メディアは連日の狂騒を引き起こし、国際的な公的機関を動かすに十分だろう。

植民地主義時代以来の世界の枠組は今もなお健在である。

これらについて少し想像力を働かせてみれば、「人権」も、「女性の権利」も、フェミニズムも、「子供の人権」も、(子供の)「性的自由」も、なにもかも、これらのお題目は「白人の世界支配」という構造の中でのみ存在し機能しうる、白人イデオロギーに過ぎないということがわかるはずである。

(この記事はリンクフリーです)

http://iscariot.cocolog-nifty.com/kuantan/2007/05/ranon_kaw_thaun_2b26.html

置屋で来るな

日本人が性奴隷が大好きだということは、このブログのStatsを見ているだけでもよくわかる。今日多かったのは「タヒチ 置屋」。日本人にいかに置屋愛好家が多いかがわかる。日本人旅行者はどこへ行っても置屋ばかりさがしているということだ。このような検索をする者は、かなり知恵が遅れているので、年寄りではないはずだ。若い旅行者がネットで「置屋」情報をあさっているのである。そんな知恵遅れでも、置屋がどんなところかは、わかっているだろう。逃げられない性奴隷少女を置いておくところだから置屋と呼ばれるのだ。

従軍慰安婦強制連行は当然あったというべきである。日本国家による強制連行が普通に存在していたと言って良い。役所が汚れ仕事を名目上の民間組織にやらせることは、当たり前のことである。役所が名目上民間組織にやらせていたからといって、国家がやったのではないという屁理屈が通ると思うのだろうか。そんな理屈が通るなら、どこの国の特務機関も謀略機関も、汚いことは何一つやったことがないということになるだろう。

日本国家が性奴隷を強制連行しなかったという主張は、歴史の修正を主張することである。世界的に確立している歴史観を修正したいなら、歴史そのものを現実に修正する他の方法はない。つまり、太平洋戦争をもう一度やり直す他に方法がない。その同じ戦争に勝ったら、どんなふうにでも歴史を修正できるだろう。アメリカがオトモダチでいてくれての歴史修正などはありえない。歴史を修正するとは、アメリカともう一度戦争するということだ。歴史修正主義者にその覚悟があるのか。

欧米人は、つまり白人は、恋愛にこだわる。どんな時でも、恋愛という形式を大切にする。これを偽善だというのは簡単だが、文明というのはそういうものだ。形式を整えるために労力を惜しまないから文明人と呼ばれるのである。

これに対して、日本人は、どんな屁理屈をつけようと現実に強制的に連れて来られ、自由を拘束されて売春宿に「置かれている」性奴隷・奴隷女を抱くことを好む。これは事実である。この事実が、日本という国の国柄を、そして、日本人という国民の性奴隷愛好性向を、よく示している。

タイで「普通の女の子」を売春婦と「間違えて」交渉を持ちかけ袋叩きにあうアメリカ白人男性ツーリストの動画

swagg.ru presents Tourist Offers Woman Money For …: http://youtu.be/qfc2VCFG_ng

タイで「普通の女の子」を売春婦と「間違えて」交渉を持ちかけて袋叩きにあっている若いアメリカ白人男性ツーリスト。

ただ、無理もないところもあります。この白人男性が気の毒なところもある。

売春婦かどうかも曖昧なところです。外人が交渉次第で買春または期間契約買春(援助交際)できる若い女性が至るところにいるような国。田舎町でも、普通の民家のよう見えて、よく見ると若い女性を集めて営業している店も。そんな国では、無防備そうに見える若い娘は皆そういう人に見えてくる。開放的な民家も、何かありそうに思えてくる。無作法に「交渉」を持ちかけても良いように。家なら勝手に立ち入るくらいは許されるかのように。外人男性の感覚も、タイに来る前はマトモだったとしても、そんな環境にいれば歪んでしまう。

安価なセックスで世界中のろくでもない(男性を買う男女を含む)ツーリストをかき集め、これこそ「アジアのホスピタリティ」で、わが国こそアジアの代表であり、アジアで最もフレンドリーな世界に開かれた国である、として長年自国を世界に売り込んで来たのはタイ人自身です。今更このくらいで逆上する資格があるのか。

反発はあると思いますが、同様の意味で、沖縄で米兵の性犯罪が絶えないのも、多少は沖縄人側に落ち度のあることだと私は思います。どんなに貧乏で弱い国でも堅い国はあり、外人に媚びない国はあります。そういう国では、アメリカ人といえども、振る舞いは変わってきます。現地人の意識が堅いところでは、節度を持たざるを得なくなる。

「売春国家」のようになってしまうかどうかは、貧しさや国力の弱さの問題ではなく、住民の意識やその国の「文化」で決まるところが大きいと思います。タイには外人がたくさん来る前から「売春国家」になる要素があったのであり、そういう国になることを容認する意識や文化があったのです。

「アランヤプラテート 置屋」

Googleに削除されたブログ「航海日誌と批判」(URLを入れると「削除しました」と出るので単にアカウントが無効になっただけでなくブログとしても削除されたのだろう)は、Googleがどう思ったかは知らないが、社会倫理規範に違反するような内容のブログではなく、特に性に関しては「売買春反対」を大原則としていた。しかしタイ旅行関係の記事もあったので、執拗に「アランヤプラテート 置屋」といった検索フレーズで検索してくる人が多かった。同じ人が何度もやるとは思えないので、(そこに自分の得たい情報がないことはすぐにわかるので)、同じようなことを考えている人がたくさんいるということだろう。

昨年の末に思いつきでエクスポートしておいた「航海日誌と批判」の過去ログをこの新ブログにインポートしたところ、写真なしの哀れな残骸になっているが、検索エンジンが徐々にクロールし始めた。そうしたらまたまた「アランヤプラテート 置屋」が、少ないアクセスの中のかなりの数を占めて出てきた。(このWordPressブログはStatsが充実している)。

アランヤプラテートに「置屋」なんてあるんですか?ないから一所懸命にさがしているのか。安易にネットに頼るより、こういう本でも読んで基礎から勉強するほうが良いでしょう。


タイ買春読本

あるいはこんな本を書いている著者に直接コンタクトを取っておべんちゃらを言いまくれば、「チェンマイで処女をトラック一杯仕入れる方法」なんてのを教えてくれるかもしれません。


アジア雑貨屋さんの仕入れ術―あなたの旅を変えるプロの全ノウハウ

この3週間(ブログ開設以来)の少ないアクセスのなかには、「エレバン sex 置屋」なんてのもありました。

エレバンは、アルメニアの首都です。旧ソ連の国。ソ連風の建築なんかが見どころといえば見どころ。エレバンに「置屋」なんてものがあると思うのが不思議です。

「赤い灯火」ですぐそれとわかるような売春宿があるのは、タイとその周辺だけです。どんな国にも売春はあるでしょうが、たとえば何の変哲もない家の中で行われていて、知る人だけが知っている、というほうが普通でしょう。一見(いちげん)の外国人が簡単にアクセスできる売春宿がいたるところに散らばっているようなのは、タイとその周辺だけです。

因みにアルメニアでどうしても、という人は、コーヒーショップ(トルココーヒーだと思うがアルメニアはトルコと仲が悪いので、アルメニアで「これはトルココーヒーですね」と言ってはいけません)のウェイトレスと仲良くなると良いそうです。特に金髪碧眼でニコニコしているロシア人の女の子が狙い目だとか。私は海外で悪いことは一切しないのでわかりませんが、現地の青年は「簡単だ」と言ってました。ロシア人の女の子は、アルメニア人男性に聞く限りでは非常に尻軽だということなので、何を移されるかは知りません。

「一大セックスリゾートとして世界に轟かせているタイ東部のパタヤビーチ」

タイランド夜遊びMAXパタヤ・プーケット・チェンマイ編 2013-2014 (OAK MOOK)

パタヤー&バンコク 別冊夜の歩き方

Pattaya: The Comprehensive Guide (English Edition)

Enjoy Pattaya (English Edition)

タイ当局も「パタヤの汚名」は認めているようです。しかし、いまさら汚名返上しようとしても無理でしょう。

【タイ】パタヤが売春観光地の汚名返上へ=軍政が取り締まりを強化

我々は、パタヤを家族連れが安心して過ごせるリゾートにしたい。この警告がこれまでのように無視されるようなときは、プーケット同様に軍によって強制的に排除されることになるだろう。そうなる前にしたがってほしい」

だそうですが、

何十年もの間、安価なセックスツーリズムを売りにすることで、「欧米人に愛されるアジアの国」として、世界中のゴロツキたちをターゲットに集客してきたタイ王国の代表的な売春ビーチです。

タイは、福祉政策を行う代わりに、売春や準売春的「タイ式マッサージ」等を、「貧民救済」政策にさえしてきた国です。いまさら「健全国家」に成り上がろうとしても無理なことです。

東南アジアのビーチリゾートなら、フィリピンの島々のほうがはるかに健全であり、潮流があるので海自体もタイ湾よりは綺麗です。日本のビーチ(沖縄や小笠原)の方が、家族連れには安心でき、本当に海が目的の人には魅力的でしょう。

引用記事では「レディーボーイ」が強調されて、パタヤの不健全なところはレディーボーイの存在だけであるかのようですが、主として欧米人による児童買春も盛んな「リゾート」であることは常識でしょう。

小学生のようなアジア少女とビーチで戯れている白人男性が、「児童に対する性的虐待者」である証拠はないので、タイ警察官はニッコリするだけで何もしません。

この男はこの少女を連れたまま、タイのラノーン入管でスタンプをもらい、またタイに帰って行きました。(もちろんミャンマーの入管にも問題がありますが)。http://kuantan.blog74.fc2.com/blog-entry-865.html

子どものねだん―バンコク児童売春地獄の四年間

http://sexholidayasia.com/destination/thailand-guide/pattaya-sex-guide/

Photo Gallery of Pattaya Walking Street in Thailand: (Photo Books,Photo Album,Photo Big Book,Photo Display,Photo Journal,Photo Magazines,Photo Story,Photo Traveler,Travel Books,Trav (English Edition)

Angels of Pattaya (English Edition)

Pattaya Property and Thailand’s Real Estate – How to Buy Thai Condominiums, Apartments, Homes & Villas (English Edition)

ゴーギャン Gauguin

もっと幼いタヒチの女の子のヌードを含む絵を、画集で見た記憶があるのですが、あれは幻覚だったのか、今はないことになっているようです。ネットでは見当たりません。少し専門的なところに出入していたときに見た記憶があります。(画集というのは、画集に過ぎない割に、高価なものですね)。

いずれにしてもゴーギャンは、無批判に美化されていますが、今に続く白人による児童買春ツーリズム・強姦ツーリズム・植民地性奴隷滞在・植民地セックスバカンスの前衛だったわけです。
http://kuantan-bin-ibrahim.blogspot.com/2009/10/blog-post_12.html
http://iscariot.cocolog-nifty.com/kuantan/cat6835141/index.html
沖縄に来る米兵も半分はそういう楽しみがあるからやっていられるようなものでしょう。

Gauguin Tahiti
Gauguin Tahiti


ゆっくり楽しむ大人のジグソーパズルDS 世界の名画2 印象派・後期印象派の巨匠