Category Archives: 航空券

パンタイ・スリ・トゥージューからパンタイ・チャハヤ・ブランへ。

パンタイ・スリ・トゥージューPantai Sri Tujuhからパンタイ・チャハヤ・ブランPantai Cahaya Bulanへ直接向かう交通手段は、タクシーの他はない。

8月29日。

昨日、スリ・トゥージュー・リゾート管理事務所の親切で感じの良い女子職員に、本日11時半にタクシーに来てもらうように頼んでおき、タクシー会社に予約の電話も入れておいてもらった。このマレー人女性は親切で物分りもよかった。日本に帰る飛行機のボーディングパスも、この人に頼んで、メールに添付して送りプリントアウトしてもらった。(エアアジアは出発2週間前からウェブチェックインができる)。午前中はこの人はいない。それどころか、事務所のカウンターに誰もいないことが多いようである。だから、前日の内に頼んでおいたのである。料金も聞いておく。

もちろん、これだけではタクシーは来ない可能性が高い。当日は案の定、事務所には誰もいなかったが、奥のソファで昼寝している男が事務員のようだったので、その男を起こして、11時半近くにもう一度タクシー会社に電話してもらう。タクシーは11時40分頃に来た。その場で、事務員もいる所で、もう一度料金の確認をする。

パンタイ・スリ・トゥージューの最寄りのローカルバス停は、プンカラン・クボールになる。プンカラン・クボールまでタクシーで10分ほど。10リンギ。

プンカラン・クボールに着くと、コタバル市内に向かう27番のバスがエンジンをかけて待機していた。すぐに乗り込む。エアコンのよく効いたキレイで新しい快適なバス。

運転手に予め「Tescoまで」、と言っておく。Tescoの奥にある長距離バスターミナルで、クアラルンプール行きのバスチケットを予約購入しておくためである。プンカラン・クボールからのバス代は、市内バス停までは3.50リンギだが、10セン減額してくれた。

午後1時頃、コタバル市内に入る橋を渡った直後にTescoが見えたので、直ぐにブザーを押してバスに止まってもらい、車道の真ん中で下ろしてもらう。そこから15分か20分歩いて、長距離バスターミナル(所謂「Tescoバスターミナル」)に着く。

いろいろなバス会社のチケットカウンターが並んでいるが、いちばん物分りがよく、感じがよく、仕事の速かったCepat Expressという所で、9月3日のKL行き夜行バスチケットを買う。座席ももちろん指定。料金はどこの会社も同じのようである。44リンギ。

Transnasionalはダメだ。窓口でちょっと何か聞くだけで、いろいろな人が擦り寄って来るが、もったいつけてダラダラしていて、ベタベタくっついてくるだけで、こちらの聞いていることには答えない。公営企業なので、無能で無駄なマレー人職員をたくさん抱え込んでいるのだろう。車体もポンコツである可能性が高い。先日クアンタン行きに乗ったバスもきいきい軋んでいた。やはり、民間で出来ることは民間で、というのは正しい。

Tescoバスターミナルからが大変だった。

パンタイ・チャハヤ・ブラン(P.C.B)へ行く10番のバスも、(Azamホテル近くの)市内近郊バスステーション(「バステイ」「コタバルバスステーション」)で発着するものと思い込んでいたので、まずこのバス停を目指して歩いた。バス停にはTescoから30分ぐらいで着いた。ところが、10番の表示はどこにもない。バスステーションの事務所らしい窓口で聞くと、10番のバス停は別の場所、あっちに5分歩いた「チェトラパティ」にある、という。何度聞いても「チェトラパティ」としか聞こえなかったが、その後誰に聞いてもまったく通じなかった。

P.C.B(パンタイ・チャハヤ・ブラン)に行くバス、ということで30分ぐらい聞き歩き、迷い歩き、ようやく10番バス専用の停車場を探し当てた。10番のバスはちょうど発車寸前だった。

バスがあったから良かったが、その停車場には何の標識もない。迷い歩いている時には、商店を出している華人が一番適切な指図をしてくれた。

10番のバスはP.C.Bまで1.70リンギ。20分ほどで着く。

P.C.Bに着き、前回と同じゲストハウスに入る。一泊30リンギで5泊分前払いする。一泊だけでは30リンギは無理だろう。

独立記念日の休暇と重なり、近くのカレッジに通っている下宿女子学生たちは、帰省したり、旅行に行ったりして、いなくなってしまった。ちょっと残念である。

前回泊まった時に車に乗せてくれた女子学生は、車でナラティワトへ観光に行ったという。携帯メッセージで教えてくれた。タイ領に入るのは初めてだそうだ。ナラティワトに友達も親戚もいないという。彼女はマラッカ出身。当然、タンヨンホテルに泊まったものだと思ったが、そんな高い所には泊まらないという。昔あった「ナラティワトホテル」は今はもうない。他に安宿などはないはずである。「ある家に」という以外、どこに泊まったのか教えてくれない。プンカラン・クボールでも泊まるとか言っていた。プンカラン・クボールに宿などないはずだ。

マレー人のネットワークか、モスクを介したムスリムのネットワークで、泊めてくれる所はすぐに見つかるのだろうか。

ナラティワトでのコミュニケーションは、クランタン方言のマレー語でなんとかなったという。

タイの官憲による嫌がらせは受けなかったか、と聞いてみたが、そういうことはなかったらしい。

彼女は、タイの「深南部問題」などについては、知識も関心もまったくないようである。9月でカレッジを修了しマラッカに帰る。そうするともう行く機会がなくなるから、今のうちにタイを観光したかったということである。

日本行き航空券の購入

5月4日、ヘルシンキのPohjoisesplanadi通りの大きい方のStockmann七階にあるトラベルビューローで、日本往復航空券を買った。

往復するつもりはないが、片道チケットより往復チケットの方が安い。

片道で普通のチケットの場合、エコノミークラスで2500ユーロくらい。

ところが往復で変更不可・キャンセル不可のチケットなら2週間前くらいに買って1060ユーロ。いずれもフィンエア。

中華航空北京経由なら六百数十ユーロだが、せっかくの機会だし、チャイナエアに乗りたくないので、フィンエアにした。ただ、エアバスである。

テヘランでヘルシンキ往復チケットを購入

2010/04/19 11:58 〜 2010/04/19 11:58 ヘルシンキ往復チケットの購入。トルコ航空、イスタンブールで乗り換え。アミルキャビルの旅行代理店で。

675ホメイニぐらい。675000トマンぐらい。6750000リアルぐらい。頭が混乱する。
今日は一万円が108ホメイニぐらいだった。私は「ホメイニ」という単位があることにして計算している。

 ラオスなどもそうだったが、両替ですごい札束を渡されたり、0がいっぱいの札を渡されると思考停止に陥ってしまう。数えたふりをしてそのまま受け取ることもある。

イランの旅行代理店は国際線は往復しかどうしても売ってくれない。

(アルメニアの旅行代理店は2年前リガ行き片道チケットを二つ返事で売ってくれた。アルメニアはイランからの陸路入国でなんと120日滞在可能なアライバルビザを出してくれた国である)。

「フィンランドのビザがいるのではないか」というのでももめる。あちこち電話して確認をとっていたがそういう作業に時間がかかる。仕事は(アジアの国に比べれば)テキパキやっているが、電話回線に問題がある。日本人はEUはスタンプひとつ。

美人でツンとした若いアーリア女が一番偉い椅子に座っているところ。

KL発カトマンドゥ行き航空券の購入

午前中にバンダラヤBandarayaのインド系旅行代理店MSStarトラベルへ行く。10月に来年1月のカトマンドゥ行き片道航空券を予約して代金も全額払ってあった。

バンダラヤはマスジッドジャメから電車(昔のStar LRT)で一つ目の駅。

ところが、日本に帰っているときにメールが来て(英語のメールで担当者のマレー人の女の子の名前Dianaを名乗っていたのでスパムと間違えてもうすこしで消すところだったが)、片道航空券はどうしても出せない、ロイヤルネパールが出さないといっている、他の国籍の人はみな往復航空券を買っている、という。「他の国籍の人」といってもこの旅行代理店はマイナーで目立たないところにあり、欧米人などは来ない。インド系の客が多い。

そこで、今日談判をしに行った。Dianaはロイヤルネパールに電話をかけてくれたが、どうしても出せない、ということなので、キャンセルすることにした。キャンセル料はとられなかった(と思う)。10月に払った1040リンギ全額返ってきた(と思う。領収書をすぐに渡してしまったし、良く見ていなかった。10月にいくら払ったかは忘れてしまった)。

すぐにブキ・ビンタンBukit Bintangに向かう。ハントゥアHang Tuahでモノレールに乗り換えていく。ブキビンタンのスンガイワンプラザの2階(3階)にある中国系の旅行代理店「安全旅遊(Safety Travel)」に行くと、すぐに片道航空券を出してくれた。

来月4日のロイヤルネパールで、1250リンギくらい。カード払いにすると3パーセント増し。

バンダラヤのMSStarトラベルよりは少し高い。しかし、この「安全旅遊」はかなりぎりぎりの日程でもチケットを用意できるようである。MSStarは一ヶ月くらい先でないと買えないことが多い。往復航空券を余裕をもって安く買うのならMSStarが良い。

スンガイワンプラザには中国系旅行代理店がいくつかあるが、「安全旅遊」以外の店は片道航空券を売ってくれない。片道が欲しいと言うとけんもほろろの応対をされる。

「安全旅遊」の中国人の男は、去年私が怒らせてしまったことがあり、絶対売らないと頑張られたことがあるが、今年は笑顔で応対してくれた。

彼はロイヤルネパールを勧めなかった。マレーシア航空だと1600リンギくらいになるが、トランジットしてでも他の航空会社を使った方がいいようなニュアンスだった。必ずしも高いチケットを売りたいというだけではないようだった。「ロイヤルネパールは客層が労働者で・・・低い」というようなことを言っていた。

たしかに、ロイヤルネパールのKL-Kathmanduの客は大部分出稼ぎのネパール人である。そして、彼らに対するマレーシア人、特にマレー人空港職員や役人たちの態度はきわめて横柄で、最後の搭乗に際してもネパール人を一人一人両手を挙げさせて身体検査する。まったく犯罪者扱いである。

マレー人役人は、ネパール人と日本人との区別などできないし区別するつもりもないから、去年この便に乗ったときには私もネパール人と同じ扱いを受けた。トゥドゥンをしたマレー豚女がビタビタと私の胸を張りたたいてくる。搭乗のときにほとんど消えているラインをちょっと踏み越えたというのである。

まったく意味のないことでとにかく威張りたい、下の者を作って虐げたい、というのが(タイ、マレーを問わず)「土人」に共通する性格だ。

マレー人は中華街で働いている貧乏な華人に対しても随時こういう犯罪者扱いの身体検査をしている。

ネパール人などに肩入れするつもりもないが、マレー豚土人どものネパール人労働者に対するあの虐待を思い出すと、ふつふつと怒りがこみ上げてくる。

モノレールでブキナナスBukit Nanasまで行き、Rapid KLクラナジャヤラインKelana Jaya Line(昔のPutra LRT)でパサルスニに戻る。


中古パソコン 美容サロン 福岡

マレーシア土人 航空券予約をギリギリで一方的に破棄してくる旅行代理店

言うまでもなく、タイは行くべきでない国だが、マレーシアも同じだ。

私は2ヶ月以上も前にマレーシアの旅行代理店でネパール行きの航空券を買った。ネパールはいつも片道航空券で行っており、日本人なら片道でいけるのが普通。その旅行代理店でも片道を買ったことが以前にもある。

KL発ネパール行きチケットはとりにくいこともあるので、今回は3ヶ月も前に予約をし、(何度も利用している代理店なので)代金も全額支払っておいた。

ところが、今になって、突然、ネパール航空の片道航空券は出せない、というメールを送りつけてきた。こいつはひょっとして、金も返さないつもりか?

この店はインド系で、担当はマレー人だ。契約を一方的に破ってくるのは中国人ばかりではない。

メールで抗議したがたぶん無視だろう。いまは日本にいるのでそれ以上なんともしようがない。

今年マレーシアでは不在中にホテルの部屋を荒らされて携帯電話を盗まれている。警察にレポートを出したが、マレーシア警察はまったく捜査などしようとしない。それどころか、まるでこちらを犯人扱いの態度だ。

東南アジアは(あなたが白人でない限り)不快な目にあう可能性が大変高い場所である。東南アジアへの旅行は、必要がない限り避けることをお勧めする。


腕時計 札幌 賃貸