Category Archives: 社会

白人のいる風景 【 犯罪】 東南アジア 某所にて 2007年4月26日撮影 [crime] White Sex Tourists in S.E.Asia

【犯罪】 東南アジア某所にて 2007年4月26日撮影 [crime] White Sex Tourists in S.E.Asia

コメントのしようがない。.

これでもまだ「東南アジアで児童買春しているのはほとんど日本人」などと言い続けるつもりだろうか。それは自虐というよりむしろ「うぬぼれ」といったほうがいいくらいである。

imgp3244.jpg

imgp3245.jpg

いま東南アジアでこんなことをしている日本人はまずいないだろう。もちろん最近急に白人がこういうことをやり始めたのでないのは言うまでもない。

白昼堂々とこのざまである。この刺青したごろつきたちは「孤児と遊ぶボランティア」だとでもいうのだろうか。

東南アジアの児童買春は今なお非常に深刻である。かつて日本人などアジア系セックスツーリストが児童を買っていた「置屋」での児童買春の取り締りがすすみ、「子供を買っているのが白人ばかり」という状態になったことによって事態は却って深刻になっている、とさえいえるだろう。白人がやる悪事は有色人種の悪事と違い、マスメディアにさらされ強く批判されることが少ないからである。

被写体の「ココログ掲載」許可あり。

ウソだと思うなら本人たちに聞いてみればいい。

くだらない難癖つけてこないように。

つくづく思うのは、もしもこの海兵隊野郎がモンゴロイド系か黒人で、手を引かれて連れて行かれていく少女が白人だったとしたら、世の中どんな大騒ぎになっていたことだろうかということ。想像してみて。場所はヨーロッパの最貧国でもいい。

もしそのような現実があるとしたら世界中の白人メディアが殺到するだろうが、その前にただちに権力が動くだろうから(もしその国の権力が動かないときはアメリカのゲバルトが)、そのような現実がおびただしく展開するということはほとんど考えられない。

しかし、こういう(肌色逆の)写真一枚が流出したとしたらどんな大騒ぎになるか。そういう写真一枚で白人メディアは連日の狂騒を引き起こし、国際的な公的機関を動かすに十分だろう。

植民地主義時代以来の世界の枠組は今もなお健在である。

これらについて少し想像力を働かせてみれば、「人権」も、「女性の権利」も、フェミニズムも、「子供の人権」も、(子供の)「性的自由」も、なにもかも、これらのお題目は「白人の世界支配」という構造の中でのみ存在し機能しうる、白人イデオロギーに過ぎないということがわかるはずである。

(この記事はリンクフリーです)

http://iscariot.cocolog-nifty.com/kuantan/2007/05/ranon_kaw_thaun_2b26.html

公営住宅滞納家賃 困窮者減免徹底を 国交省が通知

低所得者に対する支援と生活保護制度 第3版 (社会福祉士シリーズ 16)

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2015012002000156.html

生活保護を受けるべきだったのに本人の意思で拒否している。その結果、娘を殺害し心中を図るところまで追い詰められた。生活保護を忌避する意識の方が問題にされるべきである。生活保護だけは受けたくないといういう意識があったはずであり、そういう意識を持たせる現実もあったはずだ。

困窮しても生活保護を受けないことを「偉い」とするような言論が、まさに生活保護差別なのであり、生活保護を受けることの汚辱意識を助長している。

生活保護「現物支給」を主張する者は、「住居」「タバコ」「酒」「本」をどう考えるのか

低所得者に対する支援と生活保護制度 第3版 (社会福祉士シリーズ 16)

まず「住居」ですが、彼ら「現物支給」論者は、「限界集落」に「救貧院」を作って押し込めろ、ということを平然と主張しています。

現在でも、居住者がほとんんど生活保護受給者ばかりというアパートは存在していますが、彼ら現物支給論者の主張は、生活保護を求めるような者には憲法22条の「居住、移転、職業選択の自由」を認める必要がなく、保護の条件として公権力がいわばゲットーに押し込めても構わないということです。つまり、彼らはそういう思想の持ち主だということ。なお、職業についている場合にも、収入が生活保護基準を下回っている場合は生活保護による補填を受ける権利があるので、「限界集落の救貧院」に押し込めるということは、貧者の職業選択の自由も「保護」と引き換えに奪って良いということになります。国民年金(6万円)の場合も同じ。

「救貧院」など作ったら、その場所だけでなく、その周辺も、「特殊な地域」ということになるでしょう。日本だということを忘れてはならない。千年祟る新たな「部落問題」の原因を作るようなものです。救貧院経営の効率性を考えると

次に、タバコと酒ですが、私はタバコも酒もやらないし、タバコは大迷惑なので日本中の人がやめてくれれば良いとは思っているのですが、現物支給論者は、これも現物で支給せよというのでしょうか。あるいは禁止しろということでしょうか。ニコチン中毒やアルコール中毒は医療の力で治療すべきでしょうが、それに至らない「嗜む程度だが必要」な喫煙や飲酒にはどう対処するのか。医者にニコチンとアルコールを処方させろとでも言うのか。通常の喫煙や飲酒は、憲法13条の個人の尊重に関わるものであるし、25条の「健康で文化的な最低限度の生活」の範囲内とも言えるでしょう。

「許容しうる」のタバコと酒の量を決めて、お上がこれを現物支給すれば良いというのか。そうなると、酒もタバコもやらない人間は、その分損をしているということになります。自分は酒もタバコもやりますと申告して、現物支給を受け、横流しをしたほうが良い、となるでしょう。そのようなルートは必ずすぐにできます。

「本」はますます問題です。読書をする権利は、13条の個人の尊重に関わり、25条の「健康で文化的な最低限度の生活」に文句なく含まれるものですが、これも現物支給しろというのでしょうか。図書館で借りて読めとでもいうのか。しかし、まともな図書館は大都会にしかない。救貧院に押し込められていて交通費も支給されないのでは図書館に行くこともできない。また、常に手元において線を引いたり書き込みをしたりしながら読みたい本についてはどうするのか。お上に申告して書籍の現物支給を受けなければならないというのは、思想の自由の侵害にほかなりません。

世の中の現物はほとんどお金で買えますが、現物の大部分もお金に変えることができます。公的な現物支給が始まればますますお金に替えやすくなる。江戸時代の米使いの経済みたいなものですが、闇経済が大きくなるだけだろう。

生活保護の現物支給論者のポイントは、財政とかなんとかではなく、憲法13条の規定している個人の尊重、個人の自由がイデオロギー的に嫌いでたまらない、貧乏人どもが自由な生活をするのが気に入らない、ということにすぎません。彼らは自分の全体主義的な思想(ないし思想傾向)の表現として「生活保護現物支給」を唱えているだけです。

How to 生活保護【生活保護法改定対応版】―申請・利用の徹底ガイド

住宅扶助・冬季加算の引き下げをめぐる攻防(上)「住」と「暖房」から崩れる生活保護 ――政策ウォッチ編・第90回(上)|生活保護のリアル みわよしこ|ダイヤモンド・オンライン

同席していた知人の新聞記者によれば「あれは時間を引き伸ばして議論させない作戦。だから、あんな間延びした口調になる」ということである。なお、報告書案も含め、資料は厚労省サイト内ですべて公開されている(http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000070195.html)。

筆者は、厚労省事務局による読み上げの間に、報告書案を4回ほど最初から最後まで読んだ。そうしなくては、眠気を誘う読み上げの魔力に負けてしまいそうだったし、もちろん報告書案の内容が気にならないわけはないからである。「引き下げが妥当」「引き下げるべし」と読みとることの可能な内容は、少なくとも全く見当たらない。それもそのはず。掲載されているデータには、現状でさえ住宅扶助はまったく不足しており、冬季加算も冬季の必要を満たしているとは言えない実情が反映されているからだ。にもかかわらず、「引き下げる場合には……につき配慮が必要である」といった記述が、あちこちに目立つ。

via 住宅扶助・冬季加算の引き下げをめぐる攻防(上)「住」と「暖房」から崩れる生活保護 ――政策ウォッチ編・第90回(上)|生活保護のリアル みわよしこ|ダイヤモンド・オンライン.

▽カード会社など巨大企業による国家的貧困ビジネスにつながる

生活保護から考える (岩波新書)

生活保護費:一部プリペイドで支給、橋下市長に撤回求める – 毎日新聞

モデル事業は違法性があるほか▽プライバシー権と自己決定権を侵害する▽使えない店があり日常生活に支障が出る−−などの問題があるとしている。

事業は、希望者を対象に飲食や日用品の購入などを目的とする生活扶助費のうち月3万円をプリペイドカードで支給するもの。利用明細で支出内容を把握し、過度の飲酒やギャンブルへの支出を防ぐ狙いだが、弁護士の尾藤広喜代表幹事は会見で「過度の飲酒やギャンブルへの支出を防ぐには専門的な治療が必要で、カードを支給しても意味がない。反対運動を展開したい」と批判した。

via 生活保護費:一部プリペイドで支給、橋下市長に撤回求める – 毎日新聞.

まったくこの弁護士の言う通り。

アル中や博打中毒は病気であり、治療の対象。

クレジットカードさえ受け入れない店が多い日本で、生活保護プリペイドカードなど実用化できるわけがない。事実上、特定の、「利権がらみ」の店でしか利用できないということになる。また、生活保護給付から僅かな貯金をする自由を奪うのも、個人の自由を侵害するもの。

生活保護から考える (岩波新書)

無戸籍者や生活保護者らの雇用促進、アイエスエフネットが「25大雇用」へ — オルタナ: 「志」のソーシャル・ビジネス・マガジン「オルタナ」

無戸籍者や生活保護者らの雇用促進、アイエスエフネットが「25大雇用」へ — オルタナ: 「志」のソーシャル・ビジネス・マガジン「オルタナ」.

ドイツの税金地獄と天国:ワーキングホリデー・海外留学生活情報 – ワーホリニュース

税金は非EU国民には辛く厳しいものですが、ドイツ人にとってはそこまで悪いイメージもありません。

というのは、やはりドイツ人は実際にその税金の恩恵を「おぎゃあ」と生まれた時から享受しているからです。

日本と違って教育は大学まで基本無料ですし、国から学生への支援金も出るし、返済不能になったら返済を一切免除してもらえるし、ある一定上借りたらそれ以上は返済しなくてもいいし。

生活保護だって、それなりの理由があって申請すれば老若男女もらえることができる。

これもそれも、この鬼のような税金があるからそこの恩恵です。

逆に私たち非ドイツ人はどんなに働いて税金を搾取されても、永住権を取得する前に生活保護なんて申請してしまったら次回の滞在許可書の更新にかなり影響が出ます。

自分で生きていく力のない移民なんていりません、ということです。まあ、今はとにかく日々の重税に耐え忍んで生きていこうと思います(笑)

via ドイツの税金地獄と天国:ワーキングホリデー・海外留学生活情報 – ワーホリニュース.