Category Archives: 旅行

April 23, 2017 at 01:41PM

英語をひと言も話さない宿のおばさんが、中国語が通じないとわかると、さっとスマホを出して音声入力でGoogle翻訳して見せてくれる。たいていの日本人なら、外国人相手に言葉が通じなかったらひいてしまうだろう。言葉はコミュニケーションの手段だということがわかっていないからだ。

スマホと機械翻訳の性能がどんどん良くなっているので、旅行者など、音声入力+Google翻訳でほとんど間に合う時代になっていく。自分たち流のやりとりしか受け付けない偏屈な国(タイとかアメリカとか)でない限り。

アジアの2大共通語は、中国語とマレー語(インドネシア語)。英語はもちろん世界共通語。

台湾もインドネシア人出稼ぎ者が多く、安宿に泊まる人もその身内などインドネシア人が多い。ヒジャブ(ジルバプ)をつけた女性が一人で泊まることもある。

インド人が東南アジアに出稼ぎに来るとしたら、マレーシアかシンガポール。他の国々はインド人差別が強い。マレーシアの場合、民族を問わずマレー語はできるので、マレー語が必須になる。実際、英語がまったくできずマレー語一本の南アジア系出稼ぎ者も多い。インドがどんなに発展しても東南アジアに出稼ぎに行きたい層の人口は減らない。

日本人も今後は中国語とマレー語を必死に覚えるべきだろう。

April 21, 2017 at 02:01PM

台湾ではいつも良くしてもらっている。今日は素食で全部タダにしてもらった上、おかずをいくつかつけてもらった。最初100圓札を出すと突き返された。

ところが、食べ終わるころ、東南アジア沈没白人という感じの白人オヤジが入って来た。みんな大喜び。同じような待遇を受けていたが、その白人は最初から財布も持ってきていない。手ぶらだった。

台湾で日本人がチヤホヤされるのは、英語がまったくできない人が多いのと、東南アジアのように物価・宿代が安くないので白人沈没組がいないからにすぎない。先進国人が日本人しかいないから、日本人がチヤホヤされる。タイのように白人が多ければ、台湾もタイのようになるだろう。

April 17, 2017 at 12:50AM

台湾でこれだから、この世にボケウヨが期待するような「親日国」はないよ。
高雄に近い台南。
写真見るべき。

台湾で日本人銅像の頭部壊される ダム建設貢献の技師:朝日新聞デジタル

http://ift.tt/2oATZvH

ジェットスターと関西空港は避けるべし

ジェットスターと関西空港は避けるべし。

関西空港は昔から土地柄の悪いところで、乗客でもない地元民がたむろして利用客に因縁をつけたりしていた。私は筋の悪い感じのおばさんに絡まれたことがある。「大阪のおばさん」の冗談で済まされない粘着攻撃だった。

関西空港は、働いている人間も無礼な関西弁話者が多い。お笑いタレントならどうか知らないが、給料をもらって仕事中に、関西弁を喋っていいと思うのだろうか?それとも彼らにとっては、仕事もお笑い程度か?しかも関西弁のこの職員たちの利用客を見下した態度が鼻につく。関西空港はいまやLCCターミナルで金持ちは利用しない。だから馬鹿にして良い、という関西人の思想だ。

ジェットスターは、他の航空会社は現に不問に付している500グラム程度の手荷物重量オーバーにもイチャモンをつけ、荷物を預けさせ、最低4000円課金する。

関西空港は使わざるを得ないことがあるが(エアアジアは九州や沖縄には飛ばない)、ジェットスターは避けるのが良い。

LCCならエアアジアXが安全で良心的。

日付のある紙片 Telegramからの投稿です。 February 17, 2017 at 07:44PM

タイ、ミャンマー、ラオス、カンボジア、マレーシアなどの(貧乏)旅行情報は、

「日付のある紙片 ○○」

でググると、参考になるものが出てくることがあります。10年以上前に私が書いた地味な日記ですが、私自身、自分のブログをGoogle検索して参考にすることがあります。例えば、チェンマイの安宿を調べたい時、「チェンマイ ゲストハウス」で検索しても出てくるのは業者サイトばかりですが、「日付のある紙片 チェンマイ ゲストハウス」で検索すると結果が違います。10年以上前の日記ですが、今でも使える部分もあります。

http://ift.tt/2lppfP9

2004年の日記から一部紹介。

【ロイムウェ】
8日。11時ごろマーケットのへんでバイタクを雇い、ロイムウェという村に向かう。4000チャット。マーケットのネパール人に教えてもらった、コ・トゥン・ルという人を訪ねる。ロイムウェには1時に着。ネパールの山村をこぎれいにして家のつくりをゆったりさせたようなところ。トゥンルの奥さんを見つけた。雑貨屋のような店をやっている。若くてきれいでニコニコしている。カヤ族の女性。ちょっとタマンみたいな感じで、うなずくときにエーエーというのも山のタマンみたい。突然訪ねてきた異邦人を店に入れて席を勧めてくれ、お茶まで出してくれた。トゥンルはアカ族で、この奥さんはカヤ州からこの村に嫁に来たという。カヤ州は鎖国状態。彼女はカヤの村とこの村しか知らず、町に出たことはない。しかし英語をかなり話す。悲しいかなクリスチャン。英語はカヤ州の村の教会で教わったのかもしれない。そうでなくてもミャンマーでは小学校でも英語を教えるので、小学校に行った人は少しは英語を話せることが多いようだ。この村がネパールと違うのは血や糞がころがっていないこと。こぎれいで、家が広々としていること。ロイムウェに着いてから夕立になった。トゥンルは技師で、テレビ塔の勤めに出ていて留守。会えず。雨が上がってから帰る。ロイムウェにも良いお茶屋がある。
9日。午前中ヤンゴンエアウェイズに行き、エアチケットを買う。89ドル。受付のシャン族の女の人がニコニコして親切。ミャンマー旅行に関するルート作りやらいろいろなことをくどくどと聞いてもうるさがらずに答えてくれる。同族でもタイ人とはえらい違い。タイ語とシャン語とではかなり違うところもあるようだ。お茶はタイ語でナムチャだがシャン語ではナムラ。ビルマ語ではラペイエ。

タイヲタ Telegramからの投稿です。 February 16, 2017 at 05:14PM

tripadviserが、欧米人客の口コミを自動翻訳して表示するのは無意味。特にタイのホテルの場合。フレンドリーで、とか、白人が書いていても、日本人とは関係のない話。

ハジャイから、エアアジアでチェンマイかチェンライに飛んでみようか考えている。かつては飛行機に乗ること自体を白眼視する馬鹿パッカーが日本人には多かったが、今では列車などを乗りつでいくよりも飛行機のほうが安いくらいで、勿論速く、楽である。ハジャイからチェンライまで直行便で1500バーツ程度。タイ国鉄の2等寝台を乗り継いで二泊三日で行っても、運賃は同じくらいか、少し高いのではないか?
北部に行ってみたいと思うのは、タイ北部が魅力的だからでは決してない。単に、自分の若い頃の行動を、懐かしく感じるからに過ぎない。タイを訪れるのもおそらくこれが最後だから、昔よくうろついたチェンマイ、チェンライ、メーサイあたりを見納めに見ておきたいという気持ちはある。
しかし、若いうちからあんなところに行ってはダメである。バンコクもそうだが、いまだにタイには若い日本人旅行者を引きつけるものがあるらしい。もうたいして安くないし、人間がスレ切っているのは普通に見ればわかるはずだが、異国趣味と性欲からなのだろう。
日本では母親以外の女と口を利いたこともないブヨっと白いキモヲタでも、色が白くて少し金を持っているというだけで、タイではチヤホヤされることもあるので、「浸透力!半端なーい!」ということになってしまう者も多い。
さらに、英語コンプレックスがあり、シンガポールやマレーシアには行く勇気がないが、(何故か)タイなら行ける、という不思議な感覚の日本人も多い。タイ語ができるわけでもないのに、なぜかタイならハードルが低いと思うらしい。一種の差別意識だろう。そういうのに限って、英語もまったくできないのに、タイ語を熱心に勉強したりする。しかし、結局は、英語をちょっと話せるタイ人に、「英語力でも」馬鹿にされ、「日本人だから」と嘲笑されるのがオチである。
タイ人ほど日本人を馬鹿にし嘲笑する国民は、東南アジアの他の国にはないのだが、なぜかタイヲタウヨは、呪文のように「タイは親日国」を繰り返す。まったく不思議な心理である。要するに、見下しているからだろう。が、それ以上に見下されていることを知ったほうが良い。「日本人は頭が悪い」と思われていることは知るべきだ。タイを訪れる日本人の多くが、色々な意味で日本の底辺層に属する者だからということもあるが、「そう思いたいこと」をそう思い込めるのが、後進国民の特徴である。勿論、実際には、タイ人ほど平均的に知能の低い国民は少ない。

ヒルトン プーケット − tripadviser レビュー

https://www.tripadvisor.jp/ShowUserReviews-g1215780-d305270-r69322421-Hilton_Phuket_Arcadia_Resort_Spa-Karon_Phuket.html

 muuuuu5 (1件の口コミ)  東京, 東京都

 これまで様々な国、さまざまなランクのホテルに泊まりましたが、こんな最悪で屈辱的な思いをしたホテルは初めてです。

このホテル(ヒルトンアルカディア)には、強烈なまでの人種に対する差別意識があるようです。日本人(黄色人種?)は人として扱ってくれないようです。(宿泊客の90%以上が白人の方のようで、アジア系はほとんど見かけませんでした)
もう二度とヒルトン系列のホテルには泊りません。
これから行かれる方は、一度下の感想を参考にしていただければと思います。

===========

【①朝食ビュッフェ会場にて】
朝食ビュッフェで名物の「オムレツ」を楽しみにしていたのですが、ビュッフェ会場で対面にいたシェフにお願いすると、顔を背けられ無言で完全無視される。声かけが聞こえていないのかともう一度お願いするが、やはり無視される。半径3メートル以内には誰もいない状態であるため、明らかに私に対して拒否の姿勢である。何故?と思いその場にとどまっていると、白人女性がこのコーナーにやってきた。すると、このシェフは「オムレツはいかが?」とこの女性に自ら声をかけて颯爽と作り始めたのだ!そして、作り終えると、また、私と二人無言で対面状態になる。意味がわからず困っていると、シェフとは違う制服を着た男性が私に「どうかしましたか?」と声をかけてきたため、「オムレツを食べたいのですが…」と言うと、オムレツ係のシェフに「作ってあげて」とお願いをしてくれて、そこまでしてからようやく作ってもらえることになったのだが…、しかし、いざ作り始めると、いままではオムレツの状態などを見ながら無言で丁寧に作っていたのが嘘のように、隣りのワッフルつくりのシェフと会話をしだし、通りかかる他の接客係にまでフライパンを持たない手でボディータッチをしまくったり、更に唄まで謳いだし…ヒルトンのシェフという品位など全くなく、大衆定食屋さながらの空気をかもしだしながら、完全に手抜きで、しかも馬鹿にした態度で、本当に適当に作りはじめたのだ。しかも、中に入れる具材は選べるのだが、選んだものを完全無視して、全部の具材を片っぱしから入れられた!もうめちゃくちゃである。そして作り終えると厨房の奥へと引っ込んでしまった。

釈然としない気分になりながらテーブルに戻り、食事を始めるが、周囲の様子を見ながら食べ始めると、給仕をする人が周囲の白人の方に対するものと自分たちに向けるものが異なることに気づく。
空になった皿を下げに来ない(私たちの皿は食事が終わるまで一度も下げられることなく空いた場所に積み重ねて置かれたままであった。)。また、量の少なくなったグラスに、「いかがですか?」と注ぎにも来ない。などなど、完全に存在自体が無視されている。
その時間帯は、アジア系人種は私たちしかおらず完全に孤立状態で、非常に肩身の狭く、そして、何もしていないのに恥ずかしい思いをすることになった。

ちなみに、翌日、今度は主人が「オムレツ」を作ってもらおうと行ってみたようだが、やはり私と同じくなかなか作ってもらえず、恥ずかしい思いをしたそうです。そして、その日の給仕も前日とたいして差はなく、リゾート地に癒されにいったはずなのに、屈辱的な気分だけを味わうことに…。

【他にも】
ローシーズンで部屋の90%はオーシャンビューのはずなのに、通されたのは山側。