Category Archives: インドネシア

バンドゥンを出る。クアラルンプールへ

先日Jalan Gardujati沿いにある学校に立ち寄って空港への行き方を聞いた。タクシーだと時間がかかる上、高い。遠回りをしているように見える。空港からJl Gardujatiまでにtoll wayなどないのだが、来た時はtollwayを使うとか言って吹きかけられた。といっても1200円ぐらいだったが。

その学校のジルバップをした女の先生が、空港への行き方を親切に紙に書いて教えてくれた。が、一昨日ツイッターで空港(Bandara Hussein Sastranegara)のアカウントに聞いてみると、それは全く間違いだった。

地図で見てもJl Gardujatiから空港までは近い。歩いても行けなくはない距離である。アンコタを乗り継いで行くのが良い。

まずJalan Gardujatiから黄色いアンコタでIstana Plaza Mallの手前にある交差点まで行き、そこを左へ曲がり緑のアンコタに乗り換える。空港の門の近くで降ろしてくれる。アンコタは頻繁に通っていて、そこまでは20分ぐらいで行ける。空港の門からの歩きが長い。15分ぐらい歩いてようやく空港ビルに着く。その間に、大学などがある。

バンドゥンのフセイン・サストラヌガラ空港は、小さな空港だが、係員も入管役人も、世界にこの上ないくらい親切で、感じが良かった。マレーシアや日本やその他の多くの国のように、役人でもない係員や航空会社職員まで役人風を吹かせている、というようなことはまったくない。入管役人のおじさんがこんなに感じの良い空港は珍しい。

バンドゥンの空港の無料待合室

フセイン・サストラヌガラ空港ビル

2時間ほどの飛行でクアラルンプールKLIA2に着。時計は一時間進む。チャイナタウンのWheelersゲストハウスに入る。予約しておいたエアコンと外窓付きの部屋に他の客を入れていた。一日分タダにさせる。

バンドゥンも寒い

バンドゥンも、夜、特に朝方冷え込むので、「東南アジア」だと思い込んで薄着で行かないほうが良いです。セーターやフリースジャケットを持って行ったほうが良いと思う。

冷え込みはGarutとあまり変わらない。チパナスはもっと寒いが、宿の部屋に常時温泉が出ているので、部屋が冷え込むということはあまりないかもしれない。チパナスは部屋に厚めの毛布がついていたが、バンドゥンの宿は、多少暖かいということか、薄い布一枚しかついていないので、フリースやウインドブレーカーを着込んで寝た。それでも寒かったので、今夜は薄い毛布をもう一枚頼もうと思う。

バンドゥン辺りでは、身体を温める飲み物が伝統的によく飲まれているようである。バンドレックBandrekやバジグールBajigur以外にも、Kopi Jahe(生姜入りコーヒー)なんていうのもある。ミルク砂糖入りのインスタントコーヒーに生姜を混ぜただけのものだが、なかなかおいしかった。

バンドゥンのこのホテルは、チパナスのGiga2よりもネットの接続が悪い。

ガルッGarutを出る。バンドゥンへ

6日午前11時頃、GarutのWisma LEC Garutをチェックアウト。すぐ近くのバスターミナルで、バンドゥンCicaheumバスターミナル行きのバスに乗り込む。バスは11時20分ごろ発車。バンドゥンまで25000ルピア。同じようなポンコツのローカルバスで、行きは20000ルピアだった。チパナスまでだったからか?

今日も日射しは強く良い天気だが、暑くはなく、みな長袖の上着を着ている。

インドネシアへ来てから雨の降られたことがない。毎日晴れだが暑かったこともない。

午後1時50分ごろバンドゥンのCicaheumバスターミナルに着く。すぐに近くにいたCibereum行きの市内バスに乗り込む。市内バスの方があたらしく豪華で綺麗で大きい。冷房も入っている。バスはすぐに出発した。

バンドゥン市内は相変わらずひどい渋滞で、Jalan Gardujatiまで1時間以上もかかった。前と同じHotel Citraの同じ部屋に入る。どの部屋も一泊150000ルピア。

チパナスを出る。ガルッGarutへ

午前11時頃チパナスのGiga2をチェックアウト。良い宿だった。但し良い部屋は少ない。私の入った部屋が良かった。

平日は一泊110000ルピア。1100円弱。週末、土曜日だけは210000ルピアになるので、土曜日にチェックアウトするのが合理的である。

前の道を頻繁に行き来するアンコタ(ワゴン車のミニバス)でGarutに向かう。

30分ぐらいでGarutの市内に入る。8年前の記憶では緑豊かな田舎町という印象が残っているが、道路はバンドゥン並の渋滞である。

乗客が私一人になったところで降りるように促される。「スタシオン」に行きたいと言ったのがいけなかったのか、スタシオンはすぐそこだと言われて降りたところは、バス「ターミナル」からは遠く離れていた。チパナスからガルッまで4000ルピア。

降りた所にお巡りがたくさんいたので聞いてみると、またアンコタに乗り換えなければならないという。警察官は地元業者の周旋もする。多少の距離なら歩いて行きたいから道を教えてくれと言っても、「彼についていけ。そしていくらいくら払え」というようなことを言うので、振り切って歩き出すと、今度は追いかけてきてアンコタを拾ってくれた。運転手は3000を吹きかけようとしたが警察官が2000ルピアにさせてくれた。2000がローカル価格なのだろう。

10分ぐらいでガルッのバスターミナルに着く。ここからバンドゥンやジャカルタ行きのバスも出る。

しかし、私は最初から、今日バンドゥンに向かうつもりはない。バスターミナルの近くにはたいてい宿があるから、ホテルを探す。この辺の住人は本当に親切である。その辺の人に教えてもらい、バスターミナルから徒歩10分ぐらいのところにある古いが大きくて静かなホテルに連れて行ってもらう。Wisma LEC Garutというホテルにチェックインする。

Wisma LEC Garutは一泊85000ルピア。安い。部屋も、シャワー、トイレ、窓が一応あり、狭くもなく悪くない。

Wisma LEC Garutは、スタッフは大変親切で感じが良い。バンドゥンからクアラルンプールへ帰る飛行機はもうweb checkinしてあるが、ボーディングパスをどこかで印刷しなければならない。レセプションに頼むとカウンターの中のパソコンを使わせてくれて、印刷もさせてくれた。しかもお金は請求しない。Windows7しかなく接続も悪いがGmailは開くことができた。Wifiは部屋では使えない。レセプション前のみ。

Garutも涼しい。上着を着てちょうどよいくらいの気温。