Category Archives: インターネット

April 23, 2017 at 01:59AM

telegramとifttt、iftttとgmailを繋いで、telegramの特定チャンネルへの投稿を、gmailにより自動的に特定メールアドレス(この場合はwordpressブログのメール投稿アドレス)に投稿させる設定のテスト。

April 21, 2017 at 11:40AM

マストドンのインスタンスは日本のだけでもいくつかある。東海アマはどのインスタンスで追い出されたのだろう。利用者一人だけのインスタンスもあるようだ。
何十年もパソコンをやっている大先生なら自分のインスタンスを開設すれば?何万人もフォロワーおよび信者のいる人物。すでにあるコミュニティに入れないと嘆くのでなく、自分のコミュニティを作ればいいのに。自分で作ったインスタンスで「安倍と麻生云々」と書いたからと言ってインターネット上の制裁は受けないだろう。まだ始まったばかりのメディアなのだから、自分がマストドンをリードすれば良い。俺が彼ほどの大人物ならそうするね。

http://ift.tt/2phN3DD

April 21, 2017 at 11:26AM

ハハ
それはブロックとは言わないのでは?
東海アマがマストドンに挑戦。

>マストドンで「麻生太郎と安部晋三は、この世に存在してはならない害毒」と書いたら、5秒でアカウントをブロックされ追放された
結局トータル12分しか使うことができなかった— amaちゃんだ (@tokaiama) April 21, 2017

April 21, 2017 at 10:07AM
via Twitter https://twitter.com/tokaiama

マストドン

マストドン(mastodon)というのを始めた。ツイッターのようなインターフェイスと聞いていたが、それは褒めすぎ。つぶやくとすぐに何人もの人がリツイートしてくれる。そこがツイッターとの大きな違い。

http://ift.tt/2pD51nb

言論の自由 March 10, 2017 at 10:33PM

私は @ protonmail.com を使っています。
「共謀罪」対策は、TelegramとProtonMail。行動を起こすならTelegramとProtonMail。

Twitterなんかで賢ぶってぐじゃぐじゃぐじゃぐじゃ言ってるのなんて、ただの自慰です。それを見てる連中も、ちゃんと考えてくれてる人もいるんだ、と胸をなでおろして終わり。鍵盤とスマホを除き、指一本動かしません。

共謀罪があろうがなかろうが、
「あいつをliquidateすべきだ」
と言えない空間に、言論の自由などありません。

ネットができる前は、そういう空間がたくさんあったはずです。しかし、ネット言論に浸ってしうと、下手なことを言えば「この人この前のオフ会でこんなこと言ってたよ」とかtwitterでチクられてやばいことになりかねません。ネットの蔓延により、却って言論の自由がなくなっているのです。

言論の自由とは、言論ゴッコに終始する自由ではありません。それは文学活動の自由であり、言論の自由の特殊な一部にすぎません。言論の自由の本領は、なにより実践を画策する自由、行動につなげていく自由、行動を準備する自由でなければなりません。

公開のネットで集めた人なんてゴミです。世の中に向けて何かしたいなら、ネットをやめて(ネットの仲良しごっこを止めて)、例えばTelegramとProtonMailで本気の繋がりを作っていくべきです。

インターネット March 8, 2017 at 02:35AM

名前も顔も明かさず匿名で発信することは、やはり不健全なことなのかもしれない。インターネットが始まったころ(1997年頃)、その魅力は、何よりもこの匿名性と顔の見えない多数の聴衆の存在だった。実名顔出しの世界では公にできない本音を、不特定多数の閲覧する匿名掲示板にぶちまけるのは、エキサイティングな経験だった。その本音殴り書きの流れが、今のネトウヨに繋がっている。私も掲示板のノリを引きずったまま2005年頃にブログを始めて今に至っている。インターネットに何か書くときは、アングラな気分を引きずっていることを否定できない。その積み重ねが自分のアカウントになっているので、身元がバレるのが一番怖いのだとも言える。インターネット上で同一性を保ちたいのは、自分自身の趣味なり思想なりを表現していきたいからには違いないが、リアルな身元とは関連付けられたくない。良くも悪くも、SNSで表現を始めた人とは違う。身元を明かして表現するという前提なら、私も閉鎖的なSNSだけで表現していたと思う。現実には、匿名という前提で表現を積み重ね、インターネット上の人格を作ってきてしまった。ウソは書いていないつもりだが、紙の日記にしか書かないことは当然あるし、ネット上に形成されるのは「リアル」とは別人格だと言わなければならない。しかし同時に、私の場合、「リアル」が何も起こらない日常なので、ネットに書きすぎると、自分の人格がどこにあるのか自分でもわからなくなることがある。