Category Archives: インターネット

ツイッターをやめてブログを書こう

ツイッターをやめてブログを書こう。

ブログというと一応整ったエッセイを書かなければならないようなイメージがあるが、そんな決まりはない。

確かに、欧米ではそういう傾向はあるらしい。素人が日記を書いても相手にされないので、ブログを書く以上、学問的内容があるか政治的な主張のあるエッセイが普通らしい。

しかし日本は出発点からして違う。ブログが流行り始めた2004年前後、雨後の筍のように生まれたブログの殆どは素人の日記ブログだった。ニフティあたりが文章の書ける芸能人を使って素人を煽っていた。当時、日本では、プロのインテリがインターネットに何かを書くということは殆どなかった。

そういうわけなので、日本ではそもそもブログもツイッターも匿名掲示板も本質的な違いはない。単に字数や制約が違うだけである。

ただ、ツイッターのような大衆SNSは運営者によって恣意的に閉鎖されることが多く、数年間の自分の軌跡が白紙にされるようなことが多い。長く使っているとその場所に依存しがちである。自分のツイッターをメモの代わりにして検索して使ったりするが、全部ゼロにされてしまうことも実際にある。

それにサイトというものは、なんであれとにかく情報量が多いのが、少ないのよりは強いと思う。ツイッターに垂れ流していたものを、ブログにぶち込んでいたら、それだけでブログの価値が上がっていた可能性がある。ブログのテーマが決まっている人や実名のリア充で公報に使っているような人は別だが、思いつきを書いてるような日記ブログならツイッターと変わらない。

ブログも閉鎖されることはあるが、会社を選べばSNSよりは恒久性がある。(Google Bloggerだけはやめたほうがよい。他のサービスのトラブルで、あるいはクラウドに非公開で上げたコンテンツが原因で、アカウントがbanされた場合、一瞬に全部終わりになる。Googleは個人の非公開コンテンツも検閲している。他の会社はGoogleほど居丈高ではないので、ブログ全体を閉鎖するような時は事前に警告があると思う。Googleでは、自分の幼い子供のチンコに出来た腫れ物をアンドロイドスマホで撮影しただけで、直ちにクラウドコンテンツの検閲に引っかかり、アカウントごとbanされて全て使えなくなったという実例もある。GooglePhotoかPicasaかに自動アプロードされ、「児童ポルノ」認定されたらしい。この被害者は後の交渉で回復できたようだが)

April 23, 2017 at 01:59AM

telegramとifttt、iftttとgmailを繋いで、telegramの特定チャンネルへの投稿を、gmailにより自動的に特定メールアドレス(この場合はwordpressブログのメール投稿アドレス)に投稿させる設定のテスト。

April 21, 2017 at 11:40AM

マストドンのインスタンスは日本のだけでもいくつかある。東海アマはどのインスタンスで追い出されたのだろう。利用者一人だけのインスタンスもあるようだ。
何十年もパソコンをやっている大先生なら自分のインスタンスを開設すれば?何万人もフォロワーおよび信者のいる人物。すでにあるコミュニティに入れないと嘆くのでなく、自分のコミュニティを作ればいいのに。自分で作ったインスタンスで「安倍と麻生云々」と書いたからと言ってインターネット上の制裁は受けないだろう。まだ始まったばかりのメディアなのだから、自分がマストドンをリードすれば良い。俺が彼ほどの大人物ならそうするね。

http://ift.tt/2phN3DD

April 21, 2017 at 11:26AM

ハハ
それはブロックとは言わないのでは?
東海アマがマストドンに挑戦。

>マストドンで「麻生太郎と安部晋三は、この世に存在してはならない害毒」と書いたら、5秒でアカウントをブロックされ追放された
結局トータル12分しか使うことができなかった— amaちゃんだ (@tokaiama) April 21, 2017

April 21, 2017 at 10:07AM
via Twitter https://twitter.com/tokaiama

マストドン

マストドン(mastodon)というのを始めた。ツイッターのようなインターフェイスと聞いていたが、それは褒めすぎ。つぶやくとすぐに何人もの人がリツイートしてくれる。そこがツイッターとの大きな違い。

http://ift.tt/2pD51nb

言論の自由 March 10, 2017 at 10:33PM

私は @ protonmail.com を使っています。
「共謀罪」対策は、TelegramとProtonMail。行動を起こすならTelegramとProtonMail。

Twitterなんかで賢ぶってぐじゃぐじゃぐじゃぐじゃ言ってるのなんて、ただの自慰です。それを見てる連中も、ちゃんと考えてくれてる人もいるんだ、と胸をなでおろして終わり。鍵盤とスマホを除き、指一本動かしません。

共謀罪があろうがなかろうが、
「あいつをliquidateすべきだ」
と言えない空間に、言論の自由などありません。

ネットができる前は、そういう空間がたくさんあったはずです。しかし、ネット言論に浸ってしうと、下手なことを言えば「この人この前のオフ会でこんなこと言ってたよ」とかtwitterでチクられてやばいことになりかねません。ネットの蔓延により、却って言論の自由がなくなっているのです。

言論の自由とは、言論ゴッコに終始する自由ではありません。それは文学活動の自由であり、言論の自由の特殊な一部にすぎません。言論の自由の本領は、なにより実践を画策する自由、行動につなげていく自由、行動を準備する自由でなければなりません。

公開のネットで集めた人なんてゴミです。世の中に向けて何かしたいなら、ネットをやめて(ネットの仲良しごっこを止めて)、例えばTelegramとProtonMailで本気の繋がりを作っていくべきです。