Category Archives: インターネット

言論の自由 March 10, 2017 at 10:33PM

私は @ protonmail.com を使っています。
「共謀罪」対策は、TelegramとProtonMail。行動を起こすならTelegramとProtonMail。

Twitterなんかで賢ぶってぐじゃぐじゃぐじゃぐじゃ言ってるのなんて、ただの自慰です。それを見てる連中も、ちゃんと考えてくれてる人もいるんだ、と胸をなでおろして終わり。鍵盤とスマホを除き、指一本動かしません。

共謀罪があろうがなかろうが、
「あいつをliquidateすべきだ」
と言えない空間に、言論の自由などありません。

ネットができる前は、そういう空間がたくさんあったはずです。しかし、ネット言論に浸ってしうと、下手なことを言えば「この人この前のオフ会でこんなこと言ってたよ」とかtwitterでチクられてやばいことになりかねません。ネットの蔓延により、却って言論の自由がなくなっているのです。

言論の自由とは、言論ゴッコに終始する自由ではありません。それは文学活動の自由であり、言論の自由の特殊な一部にすぎません。言論の自由の本領は、なにより実践を画策する自由、行動につなげていく自由、行動を準備する自由でなければなりません。

公開のネットで集めた人なんてゴミです。世の中に向けて何かしたいなら、ネットをやめて(ネットの仲良しごっこを止めて)、例えばTelegramとProtonMailで本気の繋がりを作っていくべきです。

インターネット March 8, 2017 at 02:35AM

名前も顔も明かさず匿名で発信することは、やはり不健全なことなのかもしれない。インターネットが始まったころ(1997年頃)、その魅力は、何よりもこの匿名性と顔の見えない多数の聴衆の存在だった。実名顔出しの世界では公にできない本音を、不特定多数の閲覧する匿名掲示板にぶちまけるのは、エキサイティングな経験だった。その本音殴り書きの流れが、今のネトウヨに繋がっている。私も掲示板のノリを引きずったまま2005年頃にブログを始めて今に至っている。インターネットに何か書くときは、アングラな気分を引きずっていることを否定できない。その積み重ねが自分のアカウントになっているので、身元がバレるのが一番怖いのだとも言える。インターネット上で同一性を保ちたいのは、自分自身の趣味なり思想なりを表現していきたいからには違いないが、リアルな身元とは関連付けられたくない。良くも悪くも、SNSで表現を始めた人とは違う。身元を明かして表現するという前提なら、私も閉鎖的なSNSだけで表現していたと思う。現実には、匿名という前提で表現を積み重ね、インターネット上の人格を作ってきてしまった。ウソは書いていないつもりだが、紙の日記にしか書かないことは当然あるし、ネット上に形成されるのは「リアル」とは別人格だと言わなければならない。しかし同時に、私の場合、「リアル」が何も起こらない日常なので、ネットに書きすぎると、自分の人格がどこにあるのか自分でもわからなくなることがある。

Telegramを無料のクラウドサービスとして使う方法 

Telegram( telegram.org )のアカウントは持っているが、使っていない、という人も案外多いのではないでしょうか。日本では通信アプリはLINEが圧倒的に人気のようで、友達にTelegramを使う人がいなければ、使わないということになるでしょう。

しかし、それはもったいないです。

Telegramと他のサービスとの違いは、抜群の速さ、悪環境への耐性、利用者のプライバシー保護に対する徹底した姿勢などに加えて、気前のよさ、惜しみのないポリシーにあります。LINEは使ったことがないのでどうかわかりませんが、WhatsAppやSignalには、Telegramの「自分とのチャット」のようなサービスは、公式にはありません。これに対してTelegramは、Youチャット(自分とのチャット)を”Storage Chat”などと呼んで公式に容認しています。友達とのチャットはYouチャットに転送して保存しようとか、Youチャットを下書きに使って本番チャットに転送しようとか書いてあります。(Secret Chatだけは転送できません)。

つまり、Telegramは、無料のクラウドストーリッジとして利用しても良い、というのが、Telegram側が決めているルールなのです。

だから、「You」チャットに何でも上げていけばよいのです。テキストは勿論、写真、動画、音声、その他のファイルなど何でも上げられます。容量の定めも特にないようです。無料容量に限度があってそれ以上は有料になるというよくあるシステムは、Telegramの規約のどこを読んでも書いてありません。Telegramには、利用者から金を取るという魂胆が存在しないようであり、広告もありません。

ただ、Youチャットにも問題があります。一個のチャットに色々なものを置いていくと整理がつかなくなります。Telegramは今のところ内部検索が弱く、チャットにタグもつけられません。検索に関しては、Googleは勿論、Evernoteにも劣ります。

だから、Telegramを倉庫として使うためには、複数の非公開チャットを作って、放り込むものを分類整理する必要があります。

これも簡単に出来ます。1つは「プライベートチャンネル」を作り、メンバーを招待せず自分にしか見られなくしておくというやり方です。チャンネルというのは、そもそも複数の友達に一斉に同じ情報を送る手段ですが、Telegramの場合は自分だけへの「ブロードキャスト」も認められています。私も作っていますが、ちょっと不安なのは、自分しか見ていないはずなのに複数の人が見た形跡があることです。時間が経つほど閲覧者数が増えてきます。おそらく生身の人間でなく、クローラがいるか、IPアドレスが変わるとカウントされるとかだと思います。2つ目は、もっと安心なやり方で、「プライベートグループ」を作るという方法です。これは、最初は誰か友達を入れる必要がありますが、グループが成立した直後にその人を追い出して(removeまたはblockして)自分一人になることができます。Telegramのグループは、メンバーが自分しかいなくてもGroupとして存続します。勿論そのチャットの内容は、現在メンバーである自分にしか見えません。グループを作るときにメンバーにするのは赤の他人で十分です。検索で出てきた人を一方的に加えることができます。招待や受諾と言った手続きはありません。グループができたらすぐにリムーブします。心配ならブロックしてしまえば後腐れなしです。

このようにして、プライベートグループやプライベートチャンネルをいくつか作って、Youと並べてピンで留めておき、ここはテキスト、ここは日記、ここは写真と動画、ここはその他のファイル、というように決めて整理すれば、かなり使えるようになります。検索も出来ないわけではないので、キーワードをつけておくことは有用です。特に写真や動画やファイルにはeditでキャプションをつけておくとなんとか検索できるようになります。

なお、IFTTTとチャットを接続するためには、チャンネルやグループを一旦はPublicにする必要があります。接続できてからすぐにPrivateに戻しても、(なぜか)IFTTTは機能し続けます。グループをPublicにするには、Supergroupにしてリンクを取る必要がありますが、これも簡単です。メンバー自分一人のグループでもボタン1つでスーパーグループになれます。

IFTTTとチャットを接続すると、例えば、あるチャットまたはチャンネルに投稿したテキストや写真を、Google DriveやEvernoteに自動的にバックアップするとか、自動的に自分にメールしてくれるとか、あるいは私が今やっているようにブログやSNSに自動投稿するとか、色々なことができるようになります。Gmailの受信内容をごっそり特定のチャットに送ってもらうことも出来ます。TwitterやRedditを特定のキーワードで検索した結果や、特定ユーザーのツイートを、そのまま送ってくれるように設定することもできます。Twitterを見なくてもよくなります。スマホでとった写真すべてを自動的に特定のチャットにバックアップするように設定することもできます。

IFTTTとの接続手続も簡単です。チャンネルやグループ(スーパーグループ)をいったんPublicにして、Telegramの中にいる「IFTTTbot」を検索で捕まえてきて友達にし、そのチャットのAdministratorに加えます。次にそのチャット(チャンネルやグレープ)のリンクをコピーしてIFTTTとのチャットに打ち込むだけで完了です。必要なら、接続完了後にそのチャットをPrivateに戻します。Privateに戻しても、IFTTTとの接続は機能し続けます。

インターネットはすべて提供会社の思い通りになる。 February 21, 2017 at 03:49PM

インターネットのサービスは提供会社の思い通りになる。これは有料サービスでも変わらない。多くの人に嫌われているユーザーは、簡単に排除される。「報告」が積み重なれば、提供会社としては内容の当否を吟味するまでもなく、とりあえず凍結やロックの処分をするのが効率的である。
総合的なサービスアカウントでも同じこと。さらに最近は、問題ユーザーを特定し、その人物の再登場を阻止する技術も研究されている。ツイッターは、問題ユーザーのツイッターからの永久排除を目指していることを公言している。同じことは他のサービス会社も考えているだろう。Googleから人物特定で永久排除されてしまえば、アンドロイドもChromeも永久に使えなくなる。主要なサービスにブラックリストされてしまえば、インターネットから排除されることになる。
東海アマのように何万人ものフォロワーをひきつけ、大量のアクセスを稼ぐ人気者ならともかく、弱小のユーザーは簡単に潰されてしまう。しかも、対面のサービスとは違い、インターネットの商売は利用者が提供者に苦情を言いにくい。かつては直接のコンタクトを受け付けているサービスが多かったが、今ではメールや電話による問い合わせを事実上排除しているところが多いと思う。
ブラックリストは、おそらく共有されているだろう。私はGoogleから罵詈雑言のような通知をもらったことが何度かあるので(Googleは、必ず一方的にサービスを停止しておきながら、追い撃ちをかけるように説教を垂れてくる)、Googleのブラックリストには当然載っている。あとはそれが私かどうかを特定するだけだが、転々としていて回線は変わっても、デバイスから簡単にわかるだろう。危険人物を特定するコードなどもあるかもしれない。Googleのブラックリストをツイッターが共有していてもおかしくない。
危険人物とは、例えばイスラム過激派のような人である。イスラム過激派とはどんな人か。日本人から見ると、遥か西の方の人に感じられるが、世界標準ではそうではない。それは東の方の人であり、何よりも西洋文明、西側のキリスト教文明、白人世界に楯突く不服者である。

ツイッターをやめよう。私のツイッターは、ロックされているため、編集もツイート削除も非公開化もアカウント削除もできません。

私のTwitter twitter.com/Kuantanlog のプロフィールの所に、t.me/Kuntanlogとありますが

t.me/Kuantanlog

の書き間違いです。

ツイッタールールに違反している疑いがあるそうで、ロックされているため、これを修正することもできません。

https://www.instagram.com/p/BQWjU_4lD_Q/

automated behaviour(自動化)の疑いだそうですが、自動化の意味も曖昧。ブログなどの投稿のリンクが自動的にツイッターに投稿されるように設定することは、ツイッター自身が許容して受け入れているはず。そうでないなら、IFTTTのツイッターへのアクセスも一切禁止すべきです。(例えば、Instagramは、Instagramへ投稿した写真が他に自動投稿されることや、リンクが他に自動投稿されることは認めているが、他への投稿がInstagramに自動投稿されることは、認めておらず、技術的に拒否しています。それが嫌なら技術的に制限できることなのです)。

ツイッター社にアカウントをロックされたのは、今回が初めてではありません。今回のロックにも大いに不服があるので、その申し立てをしようとしたが、フォームに書き込めない。スマホからは不服申立てできないのかもしれないが、旅行中であり、パソコンが手に入らないのでそれを確認することもできない。

ツイッター社は、ロック解除の条件として、電話番号の提出を義務付けています。電話番号を提供すると、SMSや音声で解除のためのコードを送ってくるのです。電話番号以外の選択を許さない。メールではダメ。メールにログイン暗証番号変更リンクを送らせて、暗証番号を変更し、開設者本人であることを証明してもダメ。何のために、どうしても電話番号を提供させようとするのか。

匿名アカウントを容認し、匿名であることを前提に、10年近くもさんざん書き込みをさせ、ネットインフラとしてもさんざん利用させておいて、なかなかすぐにやめられないような状況に仕向けた上で、突然不可解な理屈でアカウントをロックし、解除してほしければ電話番号を提供せよ、本当の電話番号を教えなければロックは解除しない、というふうに迫るやり方は、フェアでしょうか?個人情報を提供させたいなら、フェイスブックのように、最初から匿名アカウントを容認しなければ良いのです。匿名アカウント禁止と明示されてあれば、最初から手を出さなかったので、(時間的、精神的)損害も被らずに済んだでしょう。

特に、今回ロックされた直前に、私がイスラム教関係のことで「報告」をしたという状況があるので、なおさら疑問です。

罠にかかりたくないなら、ツイッターには手を出さないことです。

Googleも同じです。(最初は匿名OKでアカウントを自由に作らせておき、Googleアカウントに依存させておいた上で、色々と恫喝し、見せしめのアカウント取締りもし、実名アカウントに無理に近づけようとする)。しかし、Googleアカウントなしでは実際ネット生活が不便なので(アンドロイドも使えない)、いつアカウントを削除されても大丈夫、という準備をしながら利用すべきでしょう。

私は、一般公開されるブログ等のうちで、アカウントが一番安全なのはTumblr tumblr.com だと思います。人気もなく、メジャーになる気配もなく、検索にもかかりにくいからです。

Kuantan blog

kuantan.tumblr.com

またツイッターを凍結された。理由はわからない。

またツイッターを「ロック」された。この一年間でもう何度目だろう。

曰く、

Kuantan 

@Kuantanlog

What happened?

Your account appears to have exhibited automated behavior that violates the Twitter Rules. To unlock your account, please complete the steps below and confirm that you are the valid account owner.

What you can do:

To unlock your account, you must do the following:

Verify your phone number

また電話番号を差し出せ、という。

ネパールのプリペイド携帯の番号でもいいかもしれないが、キリがないので、もうツイッターはやめる。

考えられる理由として、昨日私がツイッター社に、あるアカウントについて報告したことがある。そのアカウントが、イスラム嫌悪を煽るツイートをしていたので、そのことを英語で指摘して、報告しブロックした。

それに対するツイッター社からの回答は、いつもとはニュアンスが違い、まるで「お前が悪い」と言わんばかりのものだった。

太字にした部分は、いつもの回答には見られないものである。

@Kuantanlog.

Hello,

Thank you for report­ing this issue to us. Our goal is to cre­ate a safe environme­nt for everyone on Twitter to express th­emselves freely.

We’re reviewing your report now. In the meantime, here are some actions you can take to make your Tw­itter experience saf­er:

Don’t respond to this person — this may encourage this pers­on’s behavior.Use block (https://support.twit­ter.com/entries/1170­63), a feature that pr­events this person from contacting you or seeing your content while logged into Twitter.Use mute (https://support.twit­ter.com/articles/201­71399-muting-users-o­n-twitter), a tool that helps you tune out what this person is saying, without the person knowing you’ve muted them.If you think you’re in immediate danger based on the Tweets you’ve received, we strongly encourage you to contact law en­forcement. We’re here to help you give law enforcement the information they need (https://support.twit­ter.com/articles/419­49).

We do not tolerate behavior on Twitter that harasses, intim­idates, or uses fear to silence another person’s voice. Learn more about our pol­icy and how we enfor­ce it: https://support.twit­ter.com/articles/201­75050. 

You can learn more about how to stay safe on Twitter by visi­ting the Twitter Saf­ety Center (https://about.twitte­r.com/safety).

Thank you again for reporting this issue to us. Reports like this help us identi­fy issues, making yo­ur communities and Twitter better. 

Twitter

Telegram FAQより。違法なコンテンツについて

https://telegram.org/faq#q-what-are-your-thoughts-on-internet-privacy

 

Q: There’s illegal content on Telegram. How do I take it down?

All Telegram chats and group chats are private amongst their participants. We do not process any requests related to them.

But sticker setschannels, and bots on Telegram arepublicly available. If you find sticker sets or bots on Telegram that you think are illegal, please ping us atabuse@telegram.org

Q: A bot or channel is infringing on my copyright. What do I do?

All Telegram chats and group chats are private amongst their participants. We do not process any requests related to them. But sticker setschannels, and bots on Telegram are publicly available.

If you see a bot, channel, or sticker set that is infringing on your copyright, kindly submit a complaint to dmca@telegram.org. Please note that such requests should only be submitted by the copyright owner or an agent authorized to act on the owner’s behalf.

Q: Wait! 0_o Do you process take-down requests from third parties?

Our mission is to provide a secure means of communication that work everywhere on the planet. To do that in the places where it is most needed (and to continue distributing Telegram through the App Store and Google Play), we have to process legitimate requests to take down illegal publiccontent (sticker sets, bots, and channels) within the app. For example, we can take down sticker sets that violate intellectual property rights or porn bots.

User-uploaded stickers sets, channels, and bots by third-party developers are not part of the core Telegram UI. Whenever we receive a complaint atabuse@telegram.org or dmca@telegram.orgregarding the legality of public content, we perform the necessary legal checks and take it down when deemed appropriate.

Please note that this does not apply to local restrictions on freedom of speech. For example, if criticizing the government is illegal in some country, Telegram won‘t be a part of such politically motivated censorship. This goes against our founders’ principles. While we do block terrorist (e.g. ISIS-related) bots and channels, we will not block anybody who peacefully expresses alternative opinions.