Category Archives: イラン

シーア派独自の品

シーア派独自の小道具で、礼拝の時に床において額をつける物。陶製。

ただし、インドやチベットなどの宗教とは違い、小道具を神聖視するようなことはない。単に「道具」という位置づけ。イランでもらったもの。

An Introduction to Shi`i Islam: The History and Doctrines of Twelver Shi`ism
An Introduction to Shi`i Islam: The History and Doctrines of Twelver Shi`ism

The Charismatic Community: Shi'ite Identity in Early Islam (Suny Series in Islam)
The Charismatic Community: Shi’ite Identity in Early Islam (Suny Series in Islam)

「イラン産の茶の品質は世界最高水準」 「イランの歴史書には、ある国の賢さや聡明さを測るには、その国でどういう茶が飲まれているかに注目すべきである、と記されている」

ロンドン紅茶アーマッド ダージリンティー 2缶

Japanese Radioより。

「イラン産の茶の品質は世界最高水準」 2010/08/24 Tuesday 13:34:14 IRDT

ロシアのアラビア語国際チャンネル、ロシア・アルヤウムが、「イラン製の茶葉の品質は、世界最高の水準にある」と報じました。
ロシア・アルヤウムの記者は、「イラン北部のカスピ海沿岸地域では、世界最高水準の茶が栽培されている。イランは、世界でも茶の消費量の多い国であり、茶はイラン国民の持つ文化と密接な関係がある」と強調しました。
また、「イランの肥沃な畑作地帯では、中国やインドの茶にもひけをとらないほど高品質の茶が栽培されている。茶摘みの際は、100%天然の茶葉を、一つ一つ丹念に摘み取っていく。イランと政治的に激しく対立するアメリカすらも、その品質の高さを否定することはできなかった。イランは、世界でも最大の茶の消費国の一つであり、その生産量からもそのことが伺える。しかし、これほどの生産量をもってしても、イラン国内の需要を満たせないため、イラン産の茶とは比べ物にならない、添加物の含まれた茶が輸入されている」としています。
イランで茶の生産に携わるホセイン・ムーヤーリーさんは、「私は、自分では添加物や保存料の含まれていない、イラン産の茶を消費している。国産の茶は、100%天然で、安心できるものであり、輸入される茶とは違って、色や風味もよい。外国産の茶は、品質が低いため、保存料が使われている」と語っています。
イラン北部の町ラーヒジャーンの茶の販売業者は、「イラン産の茶は、外国の茶に比べて煎じるのに時間がかかるが、人気がある。その品質の秘訣は、その色と香りにある」と述べています。
ロシア・アルヤウムはさらに、「イラン産の茶を飲むことは、古い伝統を有し、その品質も高いことから、イランの歴史書には、ある国の賢さや聡明さを測るには、その国でどういう茶が飲まれているかに注目すべきである、と記されている」としています。

私はイランでよく見たAhmad社のアールグレイをアマゾンで買いましたが、原産地は「インド、セイロン」でした。Amazonでもイラン産のお茶を取り扱って欲しいものです。「ペルシャ貿易」もアールグレイを扱っていますが、産地がイランかどうか。

まぁ、ダージーリンないしイラムでも美味しいと思います。私がネパールでよく長期滞在するところは地理的にも気候的にもダージリンに近いところです。〔ダージーリン(インド領)あたりはタマン、ライ、リンブー、シェルパなどモンゴロイド系の民族が多く、ネパール語がよく話されているそうです。そもそも「ダージリン」は「ドルジェ(ダイヤモンド=ヴァジラ・金剛)・リン」というチベット語だそうで。インド国民はネパールに入国・就労するのにビザもパスポートもいらないので(逆も同じ)、ダージリン出身のタマンがカトマンドゥで普通に働いていたりします〕。

イランではサモワールのような湯沸し器でお茶を沸かしていました。インドにも中国にもサモワールはないと思うので、ロシアのサモワールはイランから入って来たのでしょうか。イランでは、あまり精製されていない白い砂糖の塊を口に入れてから砂糖なしブラックティーを口に注ぐというのが普通。砂糖の代わりにナツメヤシを使うこともあるようです。

Ahmad Tea Exclusive Blend Black Tea w/ Earl Grey - 500 gr - Green Tin
Ahmad Tea Exclusive Blend Black Tea w/ Earl Grey – 500 gr – Green Tin

天皇一族の金塊集めのための戦争に、「反白人」の大義を口実とした日本の卑劣さ

そういうところが許せないですね。

日本軍および天皇一族は、戦争に負ける形を取り、日本国民をゴミのように無駄死させ、沖縄を犠牲にし、しかしアジア全域からの金銀財宝集めの戦争目的は達成したということです。その財宝は戦後は、天皇一族とアメリカ戦争屋によって共同管理され、先日地震があったミンダナオ島に隠されているとも言われています。その一部は「M資金」のような形で使われてきたという。

http://blog.livedoor.jp/tokyokitty_seed_destiny/archives/51733817.html

天皇一族は万死に値するアジア人民の敵であり、靖国神社は金塊集めに使われた無駄死にゴミ臣民の墓場です。

死んでも騙されたままの低級霊や、自分もアジアで悪事を働き自業自得で戦死したような連中の地縛霊が押し込められている汚らわしい施設といえます。戦死どころか自業自得の戦争犯罪人であり「首吊り」処刑で殺された汚れた霊さえ祀っているのです。

靖国神社は戊辰戦争後に設立された当時は神道の神社でなく、「東京招魂社」という陰陽道の社だったということです。(神道にはそもそも「招魂」などという呪術めいたエネ遊びの観念はないと思います)。それを国家神道政策によって「神社」に切り替えた。このような成り立ちからしても、宗教を愚弄するいかがわしい施設と言えます。

靖国神社を処分しない限り、日本の霊的な環境は良くならないといえます。焼くのが正しいと思います。

多神教の悪いところを窮めたような靖国神社の祭祀に、イラン政府までもが協賛しているそうですが、政治的な都合でやっていることだと思いますが、イランを愛する日本人としては大変残念なことです。

イラン政府も、日本が起こした戦争がアジア侵略戦争であったことは認めているのです。

Yasukuni, the War Dead, and the Struggle for Japan's Past (Columbia/Hurst)
Yasukuni, the War Dead, and the Struggle for Japan’s Past (Columbia/Hurst)

Taiko Drum Troupe Yasukuni Shrine Tokyo Japan Photographic Poster Print, 12x16
Taiko Drum Troupe Yasukuni Shrine Tokyo Japan Photographic Poster Print, 12×16

The Rape of Nanking: The Forgotten Holocaust of World War II
The Rape of Nanking: The Forgotten Holocaust of World War II

靖国 YASUKUNI [DVD]

私はやはり、戦前の価値観と戦後の価値観が違うのだ、ということをハッキリ認めることが何より大切だと思います。戦後の価値観を否定するにしても、戦前の価値観がハッキリ否定されたことを認めた上でなければ、それは酔っぱらいやどん百姓のたわごとに等しいと思います。

そしてやはり、日本国憲法を守るということが、現実的にも有効で重要である。護憲の現実性については、ほぼこの人(天木直人氏)の見解に同意します。http://www.asyura2.com/10/senkyo91/msg/631.html

日本の死生観で是非改めなければならないのは、人間は死ねばみんな神様になるとか仏様になるとか、どんな人間にも等しく仏性があるという、幼稚園児をなだめすかすようなウソです。

やはり、死んで(から)地獄に落ちなければならない者が多いという現実を認めるべきですhttp://bit.ly/9iZFDj

一種の物理法則のように、「精算」を求められるときが誰にもかならず来るのが自然です。

もちろん、その精算は精妙なものであり、それを主宰するのは我々ではありません。それでも人間は、生きている限り、悪を排して善を求める努力をしなければならないと思います。

戦争犯罪を、死ねばみんな神というような理屈によって糊塗することは許されないと思います。

ファテヘ・スーラ

聖クルアーンの開扉の章です。

http://www.youtube.com/watch?v=GU-qkMESuVQ

これもスンニ派ですね。イランでは「ファテヘ」と言っていました。

イランで「イランを離れたらシーア派であることは隠したほうがいい。危ないから」とか、「ワッハーブ派に気をつけろ。襲われるから」とか、複数の人に言われました。イラン人の一番の敵は、アメリカよりもサウジのワッハーブ派なのかもしれません。

日本にあるモスクはすべてスンニ派なので、どこにワッハーブ派が待ち伏せしているかわからない。

YouTubeでワッハーブ派が「ワッハーブ派こそ正統なムスリムだ」という英語の書き込みをしているのを見ると、ある種の憤りを感じるようになってきました。