Author Archives: Kuantan

About Kuantan

 Kuantanはマレー半島東岸の町。しばらく滞在したことが何度かあります。ブルーモスク以外に特にこれといった見どころはない町ですが、私はなぜか気に入りました。  気に入ったというより、ホッとしました。タイからマレー半島沿いに下ってきて、Kuantanについたときには本当にホッとしました。そのくらい、私はタイには耐えられなかった。その頃ブログというものを始めたので、インターネット上のニックネームをKuantanとしました。  当時私は怒っていました。「タイのありさま」を見て、怒らないほうがおかしいと思います。アジア全般にも日本の一部にもあることですが、人種差別、「白人優先主義」「白人崇拝主義」が、タイではあまりにも極端で露骨でした。  最初のブログはニフティのココログ「日付のある紙片」でした。「タイ大嫌いな旅行者のブログ」と銘打ち、タイ(人)批判、白人批判・叩きを思い切りやりました。決して余裕や遊びでやっていたのではなく、そうせずに居られない気持ちでした。もちろん厳しい批判(人種差別、白人差別だという)も受けました。ココログも削除することになり、当時は比較的自由だと思われたBloggerブログに移転しました。一部はFc2ブログにも避難させました。  当時私が訴えたかったことの一つは、「東南アジアで買春しているのは日本人やアジア系が圧倒的に多い。欧米人は買春しない」という当時のマスコミ等の「常識」はウソであるということでした。そのことを実証するために、東南アジアで、白人が明らかに売春婦とみられる女性や、年端もいかない幼女を連れ歩いている写真を自分で撮ってブログに掲載したりもしました。GoogleのBloggerには長くそういう写真を載せていたのですが、Googleからはそれについて何のクレームもありませんでした。  ところが、本年2014年8月15日、私のBloggerブログ「航海日誌と批判」にも使用していたGoogleアカウントが突然無効にされました。具体的な理由は告げられず、問い合わせても「規約違反で無効」というのみです。Gmailはもちろん、6年間ほど書き続けたBloggerブログ、Picasaの写真、ドキュメント、日記代わりにもしていたカレンダー等、すべてにアクセスできなくなり、自分のコンテンツを回収することもできなくなりました。Googleは怖い、と身にしみて思いました。  そういうわけで、今後はこのような事のないように、Googleと連携していないいろいろな会社に自分のコンテンツを分散させることにしました。このブログも、分散の一環として作ってみたものです。  他人にとってはほとんど価値の無いものであっても、ネットに残しておいた自分の長年の足取りが、一瞬にして消されてしまうということは、実際に経験してみると強い絶望感を伴う事件です。  現在は日本に住んでいるため、「白人云々」「人種差別云々」「タイの白人崇拝云々」には関心が薄れ、かつての情念もなくなっていますが、数年前にとりつかれていた情熱の断片がまだネット上に残っているので、ここに記録しておきたいと思います。http://ibrahim.blog49.fc2.com/blog-entry-131.html (2013年12月18日までのblogger「航海日誌と批判」の文章はエクスポートしてあったのでWordPressにインポートできましたが、写真は回復できませんでした) http://kuantan.tumblr.com/archive

March 25, 2017 at 10:36PM

今もマレーシアのテレビで戦時中の日本兵を描いたドラマをやっている。中国大陸が舞台。中国語のドラマだが日本語も出てくる。字幕はマレー語のみ。日本語のところもマレー語字幕のみだが、華人も読める。

日本軍の蛮行は、マレー半島でも語り継がれている。日本兵の行くところレイプや拉致は当たり前。女狩りをして監禁して輪姦することなど日常茶飯事だった。慰安婦強制連行など、あったに決まっているのであって、なかったという方がおかしい。

日本兵の蛮行は、こんなにみんなが親切にしてくれるマレーシアでも、決して忘れられることなく語り継がれている。このことを忘れてはならない。

March 25, 2017 at 03:30PM

「英語は論理的で日本語は論理的でない」というのが通説だと言う人がいるので驚いた。それ以外の話はネトウヨ臭い。英語が良くできてカナダの永住権を持ってるそうだが、なぜかカナダには住まず、ネトウヨ臭い話を連投。根本的に頭が固くて知能が低いという感じがして仕方がないが、みなさんはどう思うでしょうか。
https://youtu.be/-E-kx0ds1zo

Youtubeコメントです March 25, 2017 at 03:10PM

【Youtubeのある在日外国人の動画に私がしたコメントです】

ここはレーネさんの動画のコメント欄なので、視聴者の論争は慎みたいと思いますが、この動画のテーマは、世界で台頭する排外的な民族主義・ナショナリズムについてです。

私は日本に於いても危険な自慰的愛国主義が強まっていることを危惧しており、今は日本人が「謙虚」になることが大事だと思っているのです。

日本人は明治以来、強い白人コンプレックスを抱いてきました。(日本の近代文学を注意深く読めば、戦前戦後を通じて日本人が恥ずかしいほどの「白人コンプレックス」を持っていることがわかります)。

近代日本人は、白人に追いつきたい、白人のようになりたい、白人と同じ(悪い)ことがしたいと頑張ったのですが、白人には相手にされず、中国人には馬鹿にされ嫌われて、白人と同じことはやらせてもらえず、逆ギレして無謀な戦争に突入し、破綻しました。「大東亜戦争」「白人支配からのアジアの解放」などと後付の屁理屈をつけていましたが、劣等感の反動で暴走したに過ぎません。

「白人たちがやっている悪いことを自分たちもしたい」「白人に代わってアジアを支配したい」というだけのことでした。要するに、タイの売春バーで、日本人がカッコイイ白人の兄ちゃんと女を取り合ったが、女はみんな白人が大好きで、相手にしてもらえなかったので、逆ギレして暴れだした、という構図です。

しかし、仮に白人が悪いことをやっていたからといって、日本人も同じことをして良いということにはなりません。例えばタイで、白人ツーリストが売春バーに入り浸っているからといって、日本人も買春して良いわけではない。白人が幼い少女を連れ歩いているからといって、日本人が児童買春をして良いわけではない。

悪いことは誰がやっていようと悪いことなのです。

日本人は「俺にも悪いことをさせろ」と言って世界を敵に回して乱行を働き、一度破滅したのです。アメリカの慈悲で救ってもらい、国の滅亡は免れましたが、失敗の教訓に学ぶことは絶対に必要です。だから、「謙虚」にならなければいけないのです。

それに、「格」の違いということも厳然としてあると思います。人類文明は地中海周辺(メソポタミアを含む)で生まれ、欧州に広がりました。印欧語系の言葉を話す西アジア発祥の強力な種族がその担い手になりました。文明的にも遺伝的にも、所謂「白人」は日本人などよりはるかに強力で優秀であることを認めなければならないと思います。

https://youtu.be/-E-kx0ds1zo

March 25, 2017 at 02:50PM

この動画のコメント欄を読んでみてください。
日本人の嫌らしさ、醜さ、そして頭の悪さがわかるはず。性根も歪んでいて頭が悪いんじゃどうしようもないですね。

https://youtu.be/-E-kx0ds1zo