社説を読んでみた

思い立って各紙の社説を拾い読みしてみた。本がなく読書しないので日本語力が心配。スマホの社説アプリを使えばタダで主要紙の社説が読める。

とりあえず、中日新聞と朝日新聞の最近の社説を読んでみた。

中日新聞の社説はわかりやすいし文章も良いと思う。日本語は文章が短いほうが良い。接続詞を使ってやたら延ばすのは下手な証拠。短い文章を並べて書けるのは、内容が頭の中で論理的に整理されているからだと思う。論理的な思考力のない人に限って、文法の論理に依存しがち。中日の社説は何度か読むと凝集されてくる。構造がはっきりと浮き上がってくる感じ。インテリには物足りないかもしれない。

一方、朝日新聞の社説だが、何度読んでもピンとこないところがある。イライラする。どうしても腑に落ちないところがちょくちょくある。

例えば、29日の日ロ関係の社説http://ift.tt/1srR070 の7段目。

「 立場に違いはあっても、国連安保理常任理事国であり、北朝鮮に一定の影響力をもつロシアの建設的な関与は不可欠だ。」

とあるが、「立場に違いがあっても」というのが、変だと思う。

この前に、ロシアと米国の対立のことが書かれているので、米ロまたは日米とロシアの「立場」の違いのことだろうが、それなら「利害」のほうが良いのではないか?「立場」はいかにも冷戦時代風。

また、「立場に違いがあっても」というなら、「それでも日本は、あるいは米国は、ロシアの建設的な関与を引き出すような努力をしなければならない」などと続くべきなのに、当事者については曖昧なまま、他人事のように「ロシアの建設的な関与は不可欠だ」という描写になっている。「立場に違いがあっても」という主観的で「べき論」的な前置きと文の締めが繋がっていない。 誰がどうすべきだということは次の段落にようやく出て来る。

この文の成り立ちは不自然である。文章としてわかりにくくなっているのだが、わかりにくくするためにわかりにくくしているように感じる。一読してピンとこないように細工を凝らしているようだ。

10段落目。

「 北朝鮮に対し、米国が軍事攻撃に踏み切れば日韓両国が反撃を受け、甚大な被害を受けかねない。」

とあるが、「北朝鮮に対し」の後になぜ読点が来るのか、さっぱりわからない。意味のまとまりからいえば、「踏み切れば」の後に移動すべきだろう。

朝日新聞の社説は、論説というより文学であるようだ。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s