April 24, 2017 at 08:04PM

台湾では日本のアダルトビデオにいちいち字幕が付く。日本語由来と思われる表現も多い。「風俗」もあったし「挿入」「中出」「肉棒」もよく見る。よがり声みたいなのにも漢字の字幕が付くことが多い。「いや~ん」は「不要」。イクーは「高潮了」。エロいたわごとに難しい漢字の字幕が付くのを見ると、なんか不思議な感覚になる。こんなしょうもないエロビデオを見てるやつがこんなに難しい漢字を読めるんだ、とか。キモチイイイが「爽」だったりするのは、なんか違うんじゃないのと思ってしまう。「自己把肉棒塞回去」。

アダルトビデオは、ホテルの有線放送のが24時間無料で見られる。全て無修正。台湾には日本のようなノンセンスな法律はないようだ。全て日本の作品。しばらく見ると飽きるが、もっと見ていると感動する。ネットのエロ動画を見ても得られない感慨がある。普通の旧式テレビに全てもろだし無修正のエロビデオが延々24時間流れていていつでも気が向いた時に無修正が見られるという、いわば万能感。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s