日本に来るタイ女

午前5時過ぎ、イライラして3時間遅延のエアアジアに乗り込むと、俺の隣の席に若い女が一人で座っていた。三人がけの真ん中の席。俺の席は窓側。excuse meというとちょっと嫌な顔をした。肌色が黒く華人には見えないが、マレー人にもまったく見えない。若い女の一人旅をしないだろう。

日本人かもしれないと思ったので、日本人とバレないように気をつけて無視していた。安定剤を飲んでいたので非常に眠かった。

寝ている間に、その女が、外国人用の入国カードとカスタムデクレアの用紙を二組もらってくれていた。日本人ではないらしい。確かに着ているものや持ち物、服装のセンスが途上国風である。国籍不明の女。

飛行が終わりに差し掛かり、どちらも起きているときに少し話しかけてみた。なんとタイ人だった。タイ人がなぜクアラルンプールから大阪行きに乗るのかよくわからないが、大阪に友達がいるという。たどたどしい日本語を話す。水商売風には見えない。が、出身地が、なんとパタヤだという。

タイですか。ハジャイには行ったことがある。他はあまり行ったことがないです。と言ってごまかしておいた。

まさか、へえ、パタヤ出身なの?売春がスゴイでしょ?とは聞けないだろう。

時々鼻スースー(ネパール人が好きなやつ)をつかう。

また、しゃべりながらちょくちょく意味のない「しかめっ面」をする。

ハジャイではほとんど見なかったが、「しかめっ面」はもはや完全にタイ人の文化のようである。若い人たちにも着実に伝承されているようだ。タイ人のしかめっ面。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s