日本人が西洋人に劣っている事実 

白人が優れていることは認めなければならない | Kuantanlog

http://ift.tt/2noPPbd

例えば、日本とドイツを簡単に比較した場合、ドイツ語を学んだことのある日本人は何百万人もいるのではないか。大学に進む人の1割がドイツ語を学習するとしても、全人口の数パーセントはドイツ語をかじったことがあることになる。他方、ドイツで日本語を学んだことのある人などというのは、ごく一部の好事家と日本関係の仕事をする人を除き、ほぼいない。ドイツの思想家について知っている日本人はさらに多い。カント、ヘーゲル、ニーチェ、ハイデッガーなどの名前を知っている人は多いだろう。翻って、ドイツ人は、「日本に思想があるの?ハラキリか。日本に思想家がいるの?ニンジャか?」という程度の日本理解だろう。実際、西洋の思想のような思想が日本に存在するのか、思想家と呼べる者が日本にいるのか、疑問である。音楽ともなれば更である。ドイツとの比較でもこれだけの開きがある。フランスやイギリスと比較するなら、彼我の格差は絶望的なものになる。

結局、日本は西洋(白人キリスト教諸国民)にはかなわないのだ。日本人は西洋人には勝ち目がない。このことは100年後も変わっていないと思う。(日本国、日本国民が今のような形で続いている限り。大幅な混血や言語改造=英語公用語化の実現があれば事情が変わるかもしれない)。このことをよく認識しなければいけないと思う。

ちなみに、欧米では今でも、子供が日本語を学びたいと言うと親が激しく反対することが少なくないらしい。日本語学習者=nerdというイメージもあるらしいが、伝統的な野蛮イメージもあるのだろう。ハラキリされたら困るとか。イスラムを学びたいと子供が言い出した時に似た困惑があるようだ。日本で言えば、ホッテントット語を学びたいとか、パプアのペニスケースをつけたいと言うようなものだろうか。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s