March 20, 2017 at 02:41PM

今の宿にネットがないので、WiFiのある喫茶店に一日2回ぐらい行き、YouTubeの動画を何本もダウンロードして、宿に戻って見るというネット生活をしています。

最近よく見るのは、ホリエモンの動画と西村博之氏が話しているのを録音した動画です。

ホリエモンとひろゆき氏、どちらも頭が良くて話は面白いのですが、どちらにより共感するかといえば、私はやっぱりホリエモンです。

ひろゆき氏も、普通の人(私は普通以下)に比べればすごく頭の良い人ですが、ホリエモンはさらに回転が速く、知能が高いだけでなく視点が高いというか、知恵のある人だと思います。こういう知恵というのは、頭の悪い人にも直感的に分かることが多いので、彼は何度でも再起することができると思う。

昔はどうだったのか知りませんが、今のホリエモンは、すごく気を使う人です。気を使っているように見せないで、ちょっとした言葉の選択の一つ一つにもよく気をつけている印象です。もちろん本人は、言いたいことを言っているだけだと言うだろうし、実際その通りかもしれませんが、そうだとしても注意の行き届いた話し方が自動化されている感じでしょう。

まず、ホリエモンは、毒舌家のように見えて、他人や「大衆」を馬鹿にしたり嘲笑したりは決してしないようです。そういう印象を抱かれるような素振りもしない。弱者や頭の良くない一般人を馬鹿にして話を面白くするようなことをしない。

もともと自分より知的に優れた人間は世の中に殆どいないという立場にいる人なので、はるか下の方にいる人を弄っても何も面白くないという感覚なのかもしれません。しかし同じような立場にいる人でも、例えば苫米地英人氏が喋っているのをYouTubeで見ると、ちょっと頭の悪い人を嘲っているような印象を受けることがあります。IQが非常に高い人はたくさんいますが、意外に下を嘲る気持ちを滲ませる人が多い。ホリエモンにはそれがないように感じます。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s