March 12, 2017 at 12:38PM

福祉を削っていく以上、個人間の扶助を奨励し、赤の他人にでも助けを求める自由を十分に保障するのが当然である。

ところが日本では、乞食行為は軽犯罪法で罰せられる。こんな法律をまず廃止すべきだ。

http://ift.tt/2mdG5wQ

貧乏人は歯が悪いというが、歯を治すには大金がかかる。前歯に銀歯は入れられないし、保険診療を拒否する歯医者も多い。歯が弱く、白い歯を入れるために風俗で働く女の子も少なくないという。

ダンボールに「前歯に白いセラミックを入れたいのでお金をください」と書いて女の子が道に立っていれば、お金を入れてくれる人も多いと思うが、すぐに警察が来てしょっぴいていくだろう。日本の場合、わざわざ寄ってきて「売春しろ」と罵倒したり身体に触ってきたりする者も多そうである。弱者は罪人、弱者には何をしても良い、良い弱者は死んだ弱者だけ、というのが日本2600年の思想である。

「自立」などそもそも幻想で、どこにも存在しない。地代、金利、配当で生活する者は、自立の正反対の生活をしている。しかし、彼らこそ、私有財産制度の本道を歩く者だ。国から給料を貰って暮らす者が自立の対極にいるのは言うまでもない。公務員の給料は労働の対価ではない。しかし、レントで生活する者と役人が、最も尊重されるのだ。乞食を恥じる理由はない。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s