ツイッターをやめよう。私のツイッターは、ロックされているため、編集もツイート削除も非公開化もアカウント削除もできません。

私のTwitter twitter.com/Kuantanlog のプロフィールの所に、t.me/Kuntanlogとありますが

t.me/Kuantanlog

の書き間違いです。

ツイッタールールに違反している疑いがあるそうで、ロックされているため、これを修正することもできません。

https://www.instagram.com/p/BQWjU_4lD_Q/

automated behaviour(自動化)の疑いだそうですが、自動化の意味も曖昧。ブログなどの投稿のリンクが自動的にツイッターに投稿されるように設定することは、ツイッター自身が許容して受け入れているはず。そうでないなら、IFTTTのツイッターへのアクセスも一切禁止すべきです。(例えば、Instagramは、Instagramへ投稿した写真が他に自動投稿されることや、リンクが他に自動投稿されることは認めているが、他への投稿がInstagramに自動投稿されることは、認めておらず、技術的に拒否しています。それが嫌なら技術的に制限できることなのです)。

ツイッター社にアカウントをロックされたのは、今回が初めてではありません。今回のロックにも大いに不服があるので、その申し立てをしようとしたが、フォームに書き込めない。スマホからは不服申立てできないのかもしれないが、旅行中であり、パソコンが手に入らないのでそれを確認することもできない。

ツイッター社は、ロック解除の条件として、電話番号の提出を義務付けています。電話番号を提供すると、SMSや音声で解除のためのコードを送ってくるのです。電話番号以外の選択を許さない。メールではダメ。メールにログイン暗証番号変更リンクを送らせて、暗証番号を変更し、開設者本人であることを証明してもダメ。何のために、どうしても電話番号を提供させようとするのか。

匿名アカウントを容認し、匿名であることを前提に、10年近くもさんざん書き込みをさせ、ネットインフラとしてもさんざん利用させておいて、なかなかすぐにやめられないような状況に仕向けた上で、突然不可解な理屈でアカウントをロックし、解除してほしければ電話番号を提供せよ、本当の電話番号を教えなければロックは解除しない、というふうに迫るやり方は、フェアでしょうか?個人情報を提供させたいなら、フェイスブックのように、最初から匿名アカウントを容認しなければ良いのです。匿名アカウント禁止と明示されてあれば、最初から手を出さなかったので、(時間的、精神的)損害も被らずに済んだでしょう。

特に、今回ロックされた直前に、私がイスラム教関係のことで「報告」をしたという状況があるので、なおさら疑問です。

罠にかかりたくないなら、ツイッターには手を出さないことです。

Googleも同じです。(最初は匿名OKでアカウントを自由に作らせておき、Googleアカウントに依存させておいた上で、色々と恫喝し、見せしめのアカウント取締りもし、実名アカウントに無理に近づけようとする)。しかし、Googleアカウントなしでは実際ネット生活が不便なので(アンドロイドも使えない)、いつアカウントを削除されても大丈夫、という準備をしながら利用すべきでしょう。

私は、一般公開されるブログ等のうちで、アカウントが一番安全なのはTumblr tumblr.com だと思います。人気もなく、メジャーになる気配もなく、検索にもかかりにくいからです。

Kuantan blog

kuantan.tumblr.com

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s