ダランからカカルビッタ、シリグリを経て、コルコタ着。2

ダランのNava Yugホテルの前の道をバスパークの方へ歩き、四つ角を左に曲がったところの、向かいに警察署がある辺りに、カカルビッタ行きのローカルバスの発着場がある。その近くにはWi-Fiのあるカフェもある。

5月25日午前7時40分頃、カカルビッタ行きのバスに乗り込んだ。ローカルバスはポンコツで、バサンタプル発ダラン行きのバスよりもボロい。乗り心地は悪く、トイレ休憩もない。8時きっかり発。カカルビッタまで200ルピア。

ダラン近辺では外人扱いされることは少なかった。自分と似たような顔立ち、肌色のネパール人は珍しくないし、同じような(センスの)服装をした人も多い。若い女性はカトマンドゥよりおしゃれな人が多いと思う。

11時ちょうどに(きっかり3時間で)カカルビッタに着く。聞いていたより早かった。

バスを降りるとすぐに路上両替屋が寄ってくるが、違法である。ネパールルピーで「大金」を持っていたので、格子のある店を構えている両替屋でインドルピーに両替。レートは固定で、1インドルピアが1.6ネパールルピアだが、0.04コミッションが付いて、買いレート1インドルピア=1.64ネパールルピアだった。

両替屋の隣に前記事のバウンの旅行代理店があり、シリグリ発コルコタ行きのノンエアコン「デラックス」バスのチケットを買う。インドルピアで700ルピー。前記事に書いた通り、シリグリまで同行してもらう。

シリグリの旅行代理店の前がコルコタ行きバスの発着場で、旅行代理店の前で自分の荷物の番をしながら、7時半まで待たなければならなかった。

カカルビッタからインド側に入って目についたのは、マオイストの存在感。ネパールではすっかり影が薄くなったが、インド側では健在のようである。ハンマーと鎌の赤旗があちこちにあり、「CPI(M)」(インド共産党毛沢東主義派)という文字も目につく。

もう一つ新鮮だったのは、鉄道があったこと。国境を越えるとすぐに鉄道がある。ネパールにはないものである。

インドのチヤ(チャイ。シリグリではチヤで通用した)の量の少なさと高さと不味さにも驚いた。高さ3センチぐらいのプラスチックの使い捨てカップで1杯5インドルピアもする。まずい。売り物とは思えないものだった。チヤはバサンタプルが美味い。特にマデシの菓子屋のチヤ。

ムスリム女性の姿も久しぶりに見かける。

シリグリの空気は悪くなかった。すでにベンガル気候なのか、地面は汚いが、空気はネパールのように埃っぽくはない。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s