カトマンドゥ「チェリー・ゲストハウス」の惨状

IMG_20150304_121727.jpg

IMG_20150304_121733.jpg

カトマンドゥ、タメルThamelのCherry Guest Houseの屋上。
2年前ぐらいに日本人ツーリストが描いていったらしい。

それは良いが、日本人の畜群たちが毎日朝から晩まで、ここでドロドロのパーティを繰り広げる。朝からガンジャを吸って群れている連中の中には、小学生の子供を連れた若いカップルもいる。子供も一緒に輪になってガンジャ(マリファナ)を吸っている。

日本人の畜群で完全にこの場所を占拠。同調して来ない者は「ハブる」。たまにくる白人ツーリストも小さくなっている。

日本畜群どもが荒らした跡。屋上テラス。

IMG_20150311_093028.jpg

IMG_20150311_093125.jpg

ここは警察の手入れが必要な所だと思う。

14 thoughts on “カトマンドゥ「チェリー・ゲストハウス」の惨状

  1. Kuantan Post author

    この男の子は7つか8つに見える。母親はまだ20代だろう。父親らしい男も20代にしか見えない長髪のゴロツキ。一日中ルーフトップでゴロゴロしているようで、3人で地べたに寝転がり、子供のいる前で平気でマリファナを吸う。

    Like

    Reply
  2. Kuantan Post author

    ゲストハウスの廊下で大声でしゃべる日本人、トレッキングシューズで階段を駆け上がる日本人、廊下でカーッとタンを吐くような音を立てる日本人、部屋の扉を開けたまま集会する日本人。
    日本人のマナーが最悪だ。

    Like

    Reply
  3. Kuantan Post author

    白人はゲストハウスのルーフトップテラスのような開放的な公共空間にいるのを好む。彼らも彼らだけで公共空間を占領したがり、アジア人などが同じ空間にいることを好まない。しかし、日本人のようなドロドロの畜群行為はあまりしない。公共空間を白人で独占することはするが、特定の白人だけで群れあって公共を無視することはしない。

    Like

    Reply
  4. Kuantan Post author

    一人だけいる白人男は最初はルーフトップに出ていたようで、日本人の群れの間に居心地悪そうに座っているのを見かけたが、占領している日本の畜群についていけなかったか、居場所を確保できなかったか、ハブられたか、ロビーで一人でいることが多くなった。挨拶してやっても強烈な敵意の目で睨みつけながら無視する。普通、白人はこういう挨拶は愛想良くするものだが。よほど日本人に怨恨を抱くようになったのか。
    ツーリスト基地の公共空間において「白人」が当然受けるべき優待を受けられず、全く逆の状態になっていることへの人種主義的な不満もあるかもしれないが。

    Like

    Reply
  5. Kuantan Post author

    「子供も一緒に」と書いたが、さすがに子供は吸っていないと思う。しかし親たちは、他のゴロツキ連中と一緒になって子供のいるところで平然とマリファナを吸っている。

    Like

    Reply
  6. Kuantan Post author

    小学生の子供を連れたジャンキーカップルは、屋上で自炊しているようだが、食器や鍋も洗わず放置している。自炊場にはWash immediately after use.という貼り紙があるにもあかわらず。英語も全く読めないようだ。

    Like

    Reply
  7. Kuantan Post author

    私がここに泊まるのは4年ぶりで、その前数年は毎年のように泊まっていたが、こんな腐敗、狂乱ぶりは見たことがなかった。私が最初に来た時はまだシャムはいなかったが真面目な感じのベルボーイがいた。シャムが日本に留学していなくなったのも4,5年前。その後入ったボーイがいまでもいるが、その辺に問題があるのかもしれない。もちろんオーナー(?)のアニール(天理教)の管理がいい加減なのはいうまでもない。(天理教だから日本人客を優遇していた面はあろうと思う。10年ほど前は日本人は白人客の半額くらいだったこともある)。
    一度は警察の手入れを受けたほうが良いだろう。マリファナはネパールでも違法である。しかも子供を巻きこんだジャンキーのドロドロ狂乱。宿中ガンジャの臭いが充満していることもある。

    Like

    Reply
  8. Kuantan (@Kuantanlog)

    チェリーの屋上のジャンキーたちが暗くなってからも太鼓をガンガン敲いてうるさくてたまらないので、ついに文句を言った。こういうときはとりあえず英語で言ったほうが良い。
    気持ち悪い連中なので何か嫌がらせがあるかも知れないが。

    Like

    Reply
  9. Kuantan Post author

    日本畜群は本当にどうしようもない。晩方、ゲストハウス中に響き渡る太鼓を叩いていたので、ネットカフェに避難したら11時近くになって廊下で大声で喋り続ける。公共心ゼロ。

    Like

    Reply
  10. Kuantan Post author

    中国人が喧しいのには文句を言いやすいのに、日本畜群が喧しいのには文句を言いにくいオレも情けないところがある。さすがに晩方の太鼓には英語で文句を言ってやったが。効き目はないがごねても来ない。陰湿な日本豚どもなので後で何か嫌がらせを受けかねないが。
    英語は地球語ということだ。

    Like

    Reply
  11. Kuantan Post author

    チェリーに泊まってる中国人は一回だけ夜喧しかったので(ドアを開けていた)通りがかりに閉めて喋ってくれと言ったら、すごく恐縮して謝っていた。
    全体的に見れば日本人のほうが圧倒的に喧しく公共物品の利用マナー、違法行為等、常軌を逸している。中国人が恐縮して謝るのにこちらが恐縮してしまった。

    Like

    Reply
  12. Kuantan Post author

    アニールは日本人を甘やかしすぎた。「日本人宿」のようなモノを目指して定収益を確保しようとすればこうなることは目に見えている。まだ白人客が少しでも来ているうちは良かったが、現状ではたまに舞い込む白人も一晩二晩で怒り心頭の表情で出ていくことが多いようだ。来た日には笑顔だった白人女が翌日には顔をこうばらせて口も聞こうとしなくなる。
    「沈没」して街をぶらつきリラックスできるというような場所でなくなったカトマンドゥで日本人宿などやっていれば、英語の一言も話そうとしない最低DQNのジャンキーの溜まり場になるしかない。
    それにしても、あの子連れカップルには驚く。備品の食器もほぼ独占し、汚れたまま洗い場に放置。屋上テラスで洗濯し他の(群れ以外の)人たちの干場がない程に独占。マリファナと畜群の狂騒で公共空間をマトモなツーリストの寄りつけない場所にしている。
    しかしこれが日本人の土壌的な水準なのだろう。

    Like

    Reply
  13. Pingback: インドビザの申請手続を開始しました。 | Kuantanlog

  14. Pingback: タメルの「チェリーゲストハウス」 | Kuantanlog

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s