Monthly Archives: November 2009

国別ゴールド保有量

公的機関の金保有量
http://gold.tanaka.co.jp/first/chisiki/chisiki_02.html
米国が圧倒的ですが、ドイツがかなり大きい。
EUを合計すると米国をはるかに上回ります。

金は腐らないので、欧米が現在保有する金のなかにも江戸時代に日本から流出した金がかなり含まれているかもしれません。当時、日本では金と銀の価格の比率が1:5だったのに対し、ヨーロッパでは1:15だったので、銀を日本に持ってきて金と交換すればそれだけで3倍の儲けになったということです。(商業資本主義ということでしょうが、今の通貨キャリートレードを連想します。商売人のやることは昔も今もそんなに変わらず原理は単純なようです)。

中国、インドの政府がいましきりに金を買い集めているということです。アメリカでは資産家が資産を希少金貨やダイヤモンドなどの現物に避難させる動きもあるということ。いま金はバブルなのか。金価格はこれからどうなるのか。私も金地金や大衆金貨を少し持っているので関心のあるところです。

Web2.0って何のこと

何のことかしら、と思っていたのだが、最近日本に帰ってきて「ウェブはバカと暇人のもの」という本を読み、ようやく少しわかったような。要するに、Web2.0の2は2ちゃんねるの2、という意味らしいです。そりゃバカと暇人のものなのは当然ですね。

バカと暇人のものならそらみっともないので早くやめなくちゃいけない、と思ってやめようと決意しました。しかし、パソコンを捨てるほどの勇気はないし、ニュースもネット、メールもウェブなので、なかなか完全にはやめられないということもわかりました。

しかし、日本のウェブはパチンコだ、ということは肝に銘じたほうがいいかもしれません。

私は頭悪いのでこんな本でも3日ぐらいかけて読むんですが。読みにくい本でもあったような気がします。

双方向性というのも、良いことではないのですね。人間関係はまず相手の耳目に達するまでに苦労すべきであって、いきなり赤の他人に自分の考えを伝えられてしまうということは、必ずしも良いことではない。

他人の意見を面と向かって批判するのはかなりまずいことで、批判するとしてもなるべく直接相手に伝わらないような方法でやったほうがいいらしい。相手が大真面目ならなおさらです。

考えというものは大変デリケートなもので、よほど気をつけて褒めて育ててやらないと消えてしまうらしい。自分でも褒めるような暗示をしたほうが良い。批判されるとせっかくの考えが萎縮して駄目になることが現実に多い。だから、良い思い付きは批判されるような場所に晒すべきではない。大切な考えは人前に晒さないほうが良い。批判される可能性のある場所に出さないほうが良いです。

最近なぜか話題らしい「思考の整理学」という本にもそんなようなことが書いてありました。この本は良いことも書いてあると思いますが、ノートはこう作れみたいなのはどうかという感じですね。人それぞれなんですが、私は自分の下手な字を見るだけで落ち込むくらいなので、受験勉強等でもノートやカードは作ったことがありません。自分の自筆ノートで勉強なんて考えられない。考えただけで胸が悪くなります。その点ではパソコンは重宝しています。(「闇の権力」に常に監視検閲されているという)グーグルのノートやドキュメントは内部検索もできて便利です。

だから、ウェブで考えを即時に公表し大方の批判を待つというような体制は、良くて浅はかな思想の元、悪くすればノイローゼの元ということになると思います。

政治家など「批判されるのが仕事の人」は、そのくらいの覚悟はなければならないのでもっとネットで発信すべきだと思いますが、普通の人はとくに双方向性には慎重に対処したほうが良いと思われます。

「ブログのコメント欄を開かない(で何か主張している)のは卑怯だ」とか、批判コメントを受け入れようとしない(要するに「俺のコメントを表示せず、それに答えようとしない」〔=「誤りを認めて謝罪し俺の教えを請わない」!〕)のは「言論の自由」を認めないやつだ、というような(「はてな」あたりで見かけそうな)考えは、悪い妄想だと思います。

OpenPNEでつくる!最強のSNSサイト
JR電光掲示板ウォッチLITE中央線 オレンジ 立川駅 76103
作ろう!遊んで学べるオモシロ掲示 Vol.1―見るだけじゃない!立ち止まっちゃう掲示板!! (1)

日本の一人当たりのGDP順位は世界で23位

世界の一人当たりの名目GDPランキングを表示します (対象国:180ヶ国、比較年度:2008年) 。

  • GDP(国内総生産)とは一定期間内に国内で産み出された付加価値の総額。経済を総合的に把握する統計である国民経済計算の中の1指標で、GDPの伸び率が経済成長率に値する。詳しくは国内総生産 – Wikipedia参照。
  • 一人当たりのGDP = GDP / 対象国の人口
  • 名目GDPとはその年の経済活動水準を市場価格で評価したものを指す(=物価変動の影響を含む)。
順位 国旗 名称 GDP(US$) 地域 種別
1位 ルクセンブルク ルクセンブルク 113,043.98 ヨーロッパ
2位 ノルウェー ノルウェー 95,061.80 ヨーロッパ
3位 カタール カタール 93,204.05 中東
4位 スイス スイス 67,384.52 ヨーロッパ
5位 デンマーク デンマーク 62,625.57 ヨーロッパ
6位 アイルランド アイルランド 61,809.61 ヨーロッパ
7位 アイスランド アイスランド 55,462.16 ヨーロッパ
8位 アラブ首長国連邦 アラブ首長国連邦 54,606.51 中東
9位 スウェーデン スウェーデン 52,789.61 ヨーロッパ
10位 オランダ オランダ 52,019.03 ヨーロッパ
11位 フィンランド フィンランド 51,989.38 ヨーロッパ
12位 オーストリア オーストリア 50,098.43 ヨーロッパ
13位 オーストラリア オーストラリア 47,400.43 オセアニア
14位 ベルギー ベルギー 47,107.83 ヨーロッパ
15位 アメリカ アメリカ 46,859.06 北米
16位 フランス フランス 46,015.92 ヨーロッパ
17位 クウェート クウェート 45,920.25 中東
18位 カナダ カナダ 45,428.23 北米
19位 ドイツ ドイツ 44,660.41 ヨーロッパ
20位 イギリス イギリス 43,785.34 ヨーロッパ
21位 イタリア イタリア 38,996.17 ヨーロッパ
22位 シンガポール シンガポール 38,972.13 アジア
23位 日本 日本 38,559.11 アジア
24位 ブルネイ ブルネイ 37,053.02 アジア
25位 スペイン スペイン 35,331.49 ヨーロッパ
26位 キプロス キプロス 32,772.07 ヨーロッパ
27位 ギリシャ ギリシャ 32,004.61 ヨーロッパ
28位 香港 香港 30,755.09 アジア 地域
29位 ニュージーランド ニュージーランド 30,049.46 オセアニア
30位 イスラエル イスラエル 28,365.43 中東

http://ecodb.net/ranking/imf_ngdpdpc.html

ちなみにアジアではシンガポールが22位で日本を追い越したということです。

日本がシンガポールに抜かれたと言って嘆いている人もいるようですが、そんなに大きな違いではなく、アジアの国としてはこのくらいが本来限界なのでしょう。

そもそも、欧米とは富の蓄積の歴史が違い、保有してる富の量が違うと思います。たとえば、最近話題の商品で言えば「ゴールド」ですが、現物の蓄積量が違います。その国の保有している富の量の違いは、当然、国や地域の信用の差になって表れると思うので、GDPにも影響するだろうと思います。

一人当たりのGDPの順位上位の国々はほぼ「英語が得意な国民」だということで、英語ができないとダメだと嘆く(恥ずかしい)人もいます。

一人当たりGDP順位が落ちてきたのも日本人が英語がダメだからで、この傾向は21世紀中変わらないだろうから、いまさらながら子供に英語を教えて、海外出稼ぎでもできるようにしたほうがいいという、(見るからに情けない感じの)主張をする人がいます。

Rails で行こう!:[経済]一人当たりGDPランキングと英語
http://d.hatena.ne.jp/elm200/20080706/1215351236

しかし私はそういう問題ではないような気がします。

フランスも日本よりは上位(16位)ですが、フランス人も(アジアで見ていても)日本人並に英語に弱いです。

英語云々というよりはむしろ、「白人の国でなければならない」と言ったほうが素直で、当たっていると思います。シンガポールのように小さな人工的都市国家に欧米ビジネスマンをたくさん集めれば当然白人の国に準ずる結果が出てくるでしょう。カタールやUAEも同様です。

上に引用したブログの主は、「池田信夫ブログ」でも「識者」として引用されたことのある経済学の「識者」らしいです。ベトナムでご活躍だそうですが、私には、こういう識者が日本人に多すぎるから、日本が貧乏臭い、負け犬じみた国になってきているように思えて仕方がありません。もちろん、私は識者ではないので、そういう気がするというだけで根拠はありません。

マレーシアは最近、小学校などの理数科目を英語で教える政策を撤回することに決めました。それぞれの民族の母語で教えるやり方に戻すということです。この問題では感情の絡んだ議論が長く続けられていたようです。(ちなみにマハティール元首相は英語で理数科を教えることを強く主張していました)。

英語推進派の主張の方はどこでも似たようなものが多いですが、その議論の過程で出てきた理数科母語教育派(英語反対派)の主張として、「英語が得意といえばこの辺ではフィリピン人がいちばん良くできるが、フィリピンがどんな国になっているだろうか。英語ができて豊かな国になったといえるだろうか。はっきり言って、フィリピンは英語はできても外国にメイドを派遣するくらいしか産業のない国ではないか。それに対して、日本は、英語はまったくできない国だが、科学技術分野でノーベル賞をいくつもとっている・・・・」という議論があったそうです。

実際のところ、ネパールからマレーシアに出稼ぎに来る若者たちは、マレーシアでは犬畜生のように扱われていますが、日本の平均的学生よりははるかに英語が話せる人がほとんどだと思います。しかし彼らがこれからどれだけ英語に磨きをかけても残念ながらそう豊かにはなれそうもないと思います。

日本人が英語がダメだったのは昔からですが、国民一人当たりGDP順位が急速に落ち込んできたのはこの数年です。

その落ち込みを英語力のせいにし、そのうえこの条件(英語力の低さによって国際競争に負け続けることになるという条件)があと100年続くに違いないと思いつめるのは、一種の心の病気としか思えません。

また、一人当たりのGDPが23位ぐらいであることが悪いでしょうか。私は必ずしもそうは思いません。

マレーシアはもっと低いですが、マレーシア人の多くは先の識者のように卑屈に構えてはいません。それは別に英語に自信があるからでもありません。インドネシア人の多くはもっとプライドが高いです。

それぞれ、基本的には、自分の属する文化や歴史に(ヨーロッパや日本から見れば浅い歴史かもしれませんが)誇りを持っているからだと思います。(もちろん彼らも白人に媚びたりすることはありますが、基本的にはそうだといえます)。

一人当たりのGDPが欧米諸国に負けていることよりも、先に引用した識者のような卑屈な感覚にとらわれていることが「貧しさ」なのではないかと思います。人生の質のためにも国の品格のためにも、そういう「ネガティブ思考」をやめることのほうが有益なように思われます。

上位を占める欧米諸国には富があります。しかしそれは何百年も汚いことをやって、世界中からかき集めてきた金銀財宝を基礎にした信用やブランドの上に成り立っている豊かさです。そう考えて大きな間違いはないと思います。アジアの国がそういう欧米の国々に「豊かさ」で勝てるはずがないし、勝てる必要もありません。日本にそういう「豊かさ」がないことを恥じるべきではないと思います。 

Gregg College Keyboarding & Document Processing (GDP), Word 2007 Update, Kit 1, Lesson 1-60 w/Home Software 2.0
Gregg College Keyboarding & Document Processing (GDP), Word 2007 Update, Kit 1, Lesson 1-60 w/Home Software 2.0

日本語(話者一億三千万人)は以下の言語より格下のようです

http://www.google.com/support/blogger/bin/request.py?contact_type=contact_policy

タバコ税と「愛煙家」

結論から言うとタバコ税に賛成です。共産党なども「庶民増税だ」と反対するようですが、タバコは不要不急の品であり、習慣性のある有害な麻薬の一種です。庶民は増税をきっかけにタバコをやめればいいのです。そうすれば金もかからないし、健康にも良い。健康保険に出す金も減ります。タバコのやめ方については、このブログで説明していますのでそれを参考にしてください。

日本語で○○家といえば、「ひとかどの者」というニュアンスがあります。音楽家、画家、これらをバイオリン弾きとか絵描きと言うと、ちょっと職業差別的な響きになります。

「愛煙家」という言葉は、タバコを吸う習慣のある(ろくでもない)者を、ひとかどの趣味人であるかのように表現し、喫煙がちょっとした趣味であるかのような幻想を作り上げる言葉だと言えます。「麻薬常用家」とか「買春家」とか「小児性愛家」とか「愛炉利家」とかいうでしょうか。タバコ吸いは「煙徒」ぐらいで良いと思います。

マレーシアから日本に帰ってきて驚くのは、日本人のタバコ好きとタバコのマナーの悪さです。マレーシアでは私の知る限り、ファストフード店などは全面禁煙が普通ですが、日本では何の表示もない場合には全店喫煙場所になっているのが普通のようです。あらゆる場所で喫煙者が優遇され喫煙が奨励されている異常な国家と感じざるを得ません。日本のタバコは今一箱いくらか知りませんが、マレーシアだと「マイルドセブン」がだいたい一箱150円ぐらいだと思います。労働者の給料の差を考えると、日本のタバコは安すぎるのです。

本当に庶民のことを考えるなら、タバコ、酒、パチンコなどはやめることを促すような税制を提案すべきでしょう。共産党がタバコ税に反対するのは、愚民に迎合するポピュリズム政治というほかありません。

ダライラマはCIAのエージェント

引用するブログはちょっとオカルト風味のブログで、シラフ主義者の私の趣味ではありませんが、ダライラマがCIAのエージェントだというのは非常にうなづけます。

今朝、驚くべきニュースを知りました

(略)

 ダライラマは完全にCIAのエージェントです。統一教会、オウム真理教の麻原、その他の新興宗教団体(ある巨大宗教団体を含む)、等との黒い関係は徐々に 知られることとなるでしょう。日本のほとんどの新興宗教団体はアメリカCIAのコントロール下にあります。CIAは世界中の宗教団体の情報を収集し、かつ マインドコントロール技術を駆使して、思想面と資金面の両方からコントロールしています。このコントロールには一部麻薬が絡んでいます。キリスト教、ユダ ヤ教、イスラム原理主義、その他の新興宗教です。第一、ダライラマがノーベル平和賞を受けた事自体が疑わしいのです。オバマ大統領が受ける事になったの は、そのウラをかく作戦なのです。だからこそ、私はオバマの作戦勝ちだと表現したのです。

 オバマ大統領はこの事を踏まえたうえで、ダライラマとの面会を拒否したものと見えます。多分、皆さんの多くはダライラマはノーベル平和賞を受けたほどの人 物であり、世界平和とチベットと中国問題に関わるインドのガンジーにも匹敵する非戦平和主義者である、と認識されているでしょうが、事実はまったく逆なの です。この情報は、既に「ふるいちまゆみ」というブロガーによって一部暴かれています。

(略)

ダライ・ラマの陰(ふるいちまゆみ「つながっているこころ」)

(略)

映画にもなった
若いダライ・ラマの家庭教師だったハインリヒ・ハラーは
ナチ党員のSSメンバーだったんですね。

(略)

チベット旗を振り回して反中デモに参加しているような日本の土人右翼・土人保守主義者のこっけいさがわかろうというものです。彼らは、タイ北部山岳地帯で基督教ミッショナリーと一体になって山岳少数民族に対する白人至上主義洗脳、幼女レイプ、孤児レイプ・売買、麻薬取引などに熱心に従事しているCIAの手先のボランティアを買って出ている馬鹿な黄猿なのです。

ペシャワール爆弾テロはブラックウォーターの工作

ペシャワール爆弾テロはブラックウォーターの工作: “

パキスタンのペシャワールの市場での爆弾テロ現場

◆11月2日

 9月15日号の「ブラックウォーター社がブット元パキスタン首相とハリリ元レバノン首相暗殺にかかわった」で示したように、パキスタンをはじめ、中東でアメリカの民間警備会社のブラックウォーターがCIAなどの下請けの特殊作戦ないし工作を行ってきているが、今度のパキスタンでの大規模テロ攻撃もこのブラックウォーターの工作だと、当地の武装勢力が指摘している。

 一般的には、いわゆるテロ攻撃があると、アルカイダだとかタリバンだとかそのシンパの仕業という、ステレオタイプの報道がなされるのが欧米のメディアであり、日本のメディアもその欧米のメディアに右へ倣えで報道してきた。

 しかし、実際は、イラクでもレバノンでも、あるいは今回のパキスタンでも、特に大規模なテロ攻撃は大方は欧米の特殊部隊ないしは、今回のようにその欧米諸国の下請けの民間特殊作戦部隊が行ってきていることが明らかになりつつある。

 このような騒乱状態を惹起する目的な何か、といえば、そうすることで、米軍の駐留の口実とするためである。これほどの騒乱状態があるのに、米軍は引き上げるのか? という状態を作るためである。世界の警察官を任じてきたアメリカであり、そうすることで、アメリカの支配を世界に拡大してきたことで、同時にさまざまな利権を確保することができたのであり、それを継続するためには各地に「騒乱状態が存在することが必要」なのだ。

 このような動きをする特にCIAとオバマ政権は戦っている、と見られるが、オバマ大統領に対するさまざまな圧力は強く、大統領と言えども簡単に自身の願う政策を進めることができないのが、アメリカの政治の裏事情だろう(この件では既に何回か論じた)。

 従ってもうしばらくはこの鬩(せめ)ぎ合い継続するものと考えられる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ペシャワール爆弾テロはブラックウォーターの工作

http://www.presstv.ir/detail.aspx?id=110059&ionid=351020401

【11月2日 PressTV】

 ペシャワールの市場での車爆弾のすさまじい爆発後、建物の破片の周りにパキスタンの人々は集まっていた。

 パキスタンの親タリバン武装勢力はアメリカの民間警備会社ブラックウォーターが10月28日の100人以上の死者を出したペシャワールでの爆弾爆発の仕業であると非難した。

 テーリク・エ・タリバン指導者のハキムラ・メフスド氏は、ブラック・ウォーターとパキスタンの工作部隊がペシャワールの混雑する市場での爆弾爆発に介入した、と語った。

 最新のレポートによると、死者の数は106人に、また150人以上が負傷した。治安関係者は瓦礫の下にまだ埋まっている人々がいると言っている。

 パキスタン軍は南部ワジリスタン地方で武装勢力が敗北に直面しているため、彼らは民衆を標的にしている、と語った。

 メフスド氏は、その非難を拒絶した。アメリカの警備会社のブラックウォーターが地方の協力者と共にこの攻撃に介入した、と語った。

 11月1日、テーリク・エ・タリバンの支持者ら200人ほどが、デラ・イスマイル・カーンでブラックウォーターを非難し反米スローガンを叫んでデモを行った。

 ジャマト・エ・イスラミ党の地方長のサラジ・ウル・ハク氏は、アメリカの同意の元で行われているパキスタンの武装勢力に対する作戦は、敵の目的を実現するだけなので、中止するべきだ、と語った。

 「今やこのことは明らかになった。全ての爆弾爆発は、キュベール・バザールのファイサル・モスクで行われたものも、ブラックウォーターが行った」と彼は述べた。

 約2万8000人の兵士が、1000人ほどのウズベク戦士とアラブ系アルカイダ関連メンバーを含む、推定1万人の親タリバン勢力と戦っている。

 アナリストは南ワジリスタンで武装勢力が押されているので更なる衝突が増える可能性があると警告した。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~”

ブラックウォーターとは。

http://alternativereport1.seesaa.net/article/130050467.html

http://teanotwar.seesaa.net/article/62751062.html

http://teanotwar.seesaa.net/article/128962938.html