インターネットに氾濫する差別主義的な発言 「朝鮮人認定」の効果

政権も変わったことであり、当然その前に国民の意識も変わっている。この数年インターネットの膨張とともに、さまざまな「タブー」が破られるかに見え、タブーを破るという口実でさまざまな差別主義的な発言が、多くのブログや掲示板に横行し、また甘やかされてきたといえる。

そろそろわれわれも「正気」に戻って良いころだろう。私自身、自分のブログで朝鮮人差別、「シナ人」差別の発言をしなかったとはいえない。弁解がましくなるが、これも「空気」に載せられてしまったところがある。

また、そういう空気を組織的に作り出している人たちもいるようなので、注意する必要があると思う。「ネット世論操作を請け負う会社」というものまで存在しているらしい。

差別用語を乱発するブログは、差別用語を使ったコメントをする読者を集めているブログを含めて、従来のマスコミのタブーを破る新鮮さゆえにもてはやされた。しかし、それによって、ごく普通の良識的な人々にも差別主義的な発想が浸透してしまった面もないとはいえない。マトモな場所では口にできないようなことをネットで見聞きし自分も書いているうちに、マトモでないことをマトモであると錯覚してしまうというのは、ありがちなことだろう。

そのような差別主義的な書き込みによって客を集めてきたいわば戦犯サイトのひとつが前記事にもあげた「株式日記と経済展望」である。

たとえば次のようなコメントをまだ放置している。

kuantanさんは、 (PSR)
2009-09-28 20:35:31
>外国人参政権に賛成するものがみんな朝鮮人だったら、選挙で投票してるのは朝鮮人だらけですね。

日本人にも、いろいろありますが、帰化も含めた範疇においての日本人という言い方もございますし、良識的な日本人とはそういう意味での人工的な「良識的」という意味でしょうか?

http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/995e5b6483e78c20696f90658128421c

このやり取りにおける私のコメントは、管理人によってすべて削除されているのでもう文脈をなしていないが、この「PSR」と名乗るコメント者は、人権とか平等とか訴えているのはすべて「朝鮮人」が利権でやっていることであり、そういうことをいう連中はすべて朝鮮人だ、という立場から、私を「朝鮮人認定」してきたのである。それ対して私は、自分はただの「良識的な日本人」に過ぎない、良識的な日本人であるならば君のような考え方はしない、というような(あまり上等な反論とはいえないが)反論をしたところ、返ってきたのがこのコメントである。

「株式日記」の管理人は他のすべてのやり取りを削除したあとこのコメントだけを残している。

日本人にも、いろいろありますが、帰化も含めた範疇においての日本人という言い方もございますし、良識的な日本人とはそういう意味での人工的な「良識的」という意味でしょうか?

要するにこのコメントは、お前は良識的な日本人だと称しているが、「帰化人」(帰化朝鮮人)だろうと言いたいのである。そういうレッテルを貼ること(在日認定、朝鮮人認定)が、彼らにとっては言論上の「効果」のあることだと思われているのである。このこと自体、異常な状況だが、ネットでは実に蔓延していることでもある。

彼らは、自分たちは「帰化人も差別するぞ」といっていることになる。つまり、彼らは「純粋日本人」というものを想定していて、それ以外は差別するぞということだろう。

血統によるいわゆる「人種」差別主義、民族差別主義にほかならない。

株式日記と経済展望」は、、そのような差別主義読者を大いに甘やかし増長させ、汚らしい差別用語がコメント欄に氾濫するのを許してきた有名サイトのひとつなのである。

今までやってきたことの責任を明確にしないで、いまさら民主党支持や亀井静香支持を打ち出してキレイゴトめいたことをいってみても、説得力はまるでない。

私が自分について「朝鮮人認定」されることを不愉快に思うのは、私自身に「朝鮮人差別意識」があるからだと思う人もいるかもしれない。しかし、私はそうはいえないと思う。

私はいろいろな国を旅行しているが、、自分の出自にプライドを持つことはどこの世界でも普遍的なことである。

私は代々の日本人なのだからそのことに誇りを持って悪いだろうか。外国人認定や異民族認定をされるのは誰にとっても不愉快なのである。日本人ならば日本人として扱われたいと思うのは当然だ。誰も「外国人認定」されて処理されたくはない。

それに、人権や平等を擁護するような主張をすると「お前は朝鮮人だから」「在日の利害から」などと勝手に決め付けて来る者がネットには多い。

たとえば、タイヲタ右翼(右よりのタイ偏愛者)連中は、海外旅行の掲示板などに巣食っていて、長年「タイが嫌いだというやつは朝鮮人だ」、「タイを批判するのは朝鮮人だ」というレッテル貼りを続けている。その根拠といえば、「タイは親日国だから」とか「朝鮮には王室がないから王室や皇室がある国を嫉妬しているのだ」というような荒唐無稽で下品なものばかり。彼らはおそらくタイ旅行関係の業者だと思われるが、「朝鮮人認定されたくない」という一般の意識を利用してタイに対するネガティブな書き込みを一切許さないようにしようとする。(彼らのタイ美化の情熱もカルトめいている)。

一度「朝鮮人認定」されてしまうと実際に面倒なことがある。たとえば、タイでは他の国ではめったに見ないようなひどい白人崇拝や人種差別を見ることが多いが、そういうことを指摘すると、「朝鮮人認定」されている場合には、「それはお前が朝鮮人だから、朝鮮人はタイでも嫌われているからだ」といわれて終りである。これでは議論にならないし、実態を知らない人はそういうものかと思ってしまうだろう。このように、「朝鮮人認定」というのはネット言論では実際に効果を発揮することがあるのである。議論にもならなくなるから、誰でもできればデタラメな朝鮮人認定はされたくない。

「不用意な発言をすると朝鮮人認定される」という雰囲気を掲示板やブログの世界に作り出すことによって、「朝鮮人認定されるようなことは言わないほうが良い」という自己規制を利用して、ネットの言論を誘導し操作しようとしてきた連中がいるのも確かだろう。

ネットで「朝鮮人認定されると発言の信憑性が薄くなる」という現実自体、差別的な意識の現われといえるが、インターネットを熱心に利用して世論を作ろうとする人々には、それ以外の人々に比べて差別主義的な人間が多いのも事実なようだ。

なお、「朝鮮人認定」の問題は、実名か匿名かの問題とは関係がない。プライバシーをさらけ出している有名人でさえデタラメな「朝鮮人認定」「在日認定」を受けているのである。Googleで有名人の名前をランダムに検索してみればわかるだろう。


株式日記と経済展望」のコメントから。

Unknown(戦え、日本人)
2009-09-29 16:10:59

http://xianxian8181.blog73.fc2.com/

http://nihon9999.blog77.fc2.com/

http://antikimchi.seesaa.net/

http://koramu2.blog59.fc2.com/

http://www.nikaidou.com/

http://www.j-cia.com/

日本が危ない!。

在日朝鮮人による日本侵略が成功しつつある。

君たちは朝鮮人の支配化で暮らしたいか?!。

嫌なら戦え!、口コミで戦え!。

子供を朝鮮人の奴隷にしたくないなら戦え!。

子供をチベット人やウイグル人みたいにしたくないなら戦え!。

在日朝鮮人の脅威を日本全国の人々に知らせるのが君たちの使命だ!。

Unknown (Unknown)
2009-09-29 18:39:49

小泉純一郎の場合父親が朝鮮人だからな。
竹中平蔵は、草履屋の倅、即ち部落民だ。
いずれも、893に通じているし、日本の
マイノリティーだ。
そうしたルサンチマンが小泉と竹中をして
日本破壊を邁進させのだろう。

こういうコメントを削除せず、それを批判するコメントを削除する。こういうコメントをする連中を甘やかす。
このほかにもハンドルネーム「太郎」などが「史那」「朝鮮」などに対する差別意識丸出しの長文コメントを毎回連投しているが、管理人はお気に入りのようで削除しない。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s